図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

上半期の終わり。

今日でもう、6月が終わるんですよねえ。
早いなあ~。

今年もすでに半分が過ぎ去ってしまったなんて、何だか信じられ
ないような気がします。

それにしてもこの半年、私ってばナニをしてたのかしら?(笑)
せめて後半戦はもちっと有意義に過ごしたいと思います。

ところで。

先月は 「ポーの一族」 の最新作のために買った 「月刊フラワーズ」
ですが...ははは。今月も買っちゃいましたー(笑)

嗚呼、これぞまさしく 「ポーの罠」!(笑)

今号には 「海街diary」 が載っていましたので読みたくはあったの
ですが、私、元々コミックス派なんですよね。

でも今月号の付録は 「BANANA FISH」 「海街diary」 「ラヴァーズ・
キス」 のクリアファイル3枚セットでしたし。 (A5サイズ)

それに 「海街diary メモリアル座談会」 も読みたかったんですワ。

コレ、連載10周年記念企画だそうで。
もうそんなに経つんですねえ。

吉田秋生先生と歴代担当編集者達との座談会で、連載立ち上げ
当時の話など面白かったですよー。

まあ、これ以上購読マンガ雑誌を増やしてもナンですし、来月は
きっと買わないでしょう。(多分)←(笑)


スポンサーサイト

行く春来る夏 アニメ編 2016

番組改編時はいつも、予約録画設定をやり直すのがメンドー
なんですよねー。

でも、番組表からの予約が出来るようになって、前よりずっと
ラクになりましたvvv
  ↑
(今頃...)(笑)

やっぱアニメやドラマ、それからマンガや小説など、エンタメは
生活を潤わせてくれる潤滑油なんですよネ。

がっつり夢中のさせてくれる作品を望みます!

それではアニメをちょこっと語っております。


続きを読む »

当たるヒト。2

本当に、世の中には強運の持ち主って居るんですよね...

とゆーのも、ウチの上の姪っ子が "また" 懸賞に当たっていた
からです。

ちょっと前に 「りかちゃん、懸賞に応募して良い?」 と訊いて
来たので 「良いよー」 と返事をしたような。

...って、すっかり忘れてましたケド。(笑)
(本人も忘れてたようである)(笑)

まあ "当たった" とゆっても、抽選に外れた人の再抽選で当選
してたんですけどねー。

お目当ての商品ではなく敗者復活で、というのが何気に地味で
ヤツらしいっちゃヤツらしいんですけども。(笑)

ホームランは打てなくても、確実に内安打を重ねるカンジです
かね?(笑)

そんでもまあ、この春から (しかも毎号応募していたわけでも
なく) 3勝ですからねえ。 

ささやかな強運でも、ナイよりあった方が断然イイです。

ぢつわ私も応募してみようかなーってちょっとだけ思ったんです
よね。

けんど、応募して全敗したらそれはそれで又ショックだったり
するかなあ...なんて思ったりもしてネ。(笑)


LaLa8月号ゲットvvv

今号の 「LaLa創刊40周年記念」 企画は 「歴代名場面特集!!」
でした。

「笑い」 や 「感動」 など、ジャンル別にいろんなシーンがピック
アップされています。

いやあ、めっちゃ懐かしいvvv

ちなみに 「図書館戦争 LOVE & WAR」 からは 「恋」 に 「堂上サン
と郁ちゃんの病室でのキスシーン」 がイン。

あと同じく 「恋」 にインしていた 「彼方から」 (ひかわきょうこ・
著) の、イザークがノリコを追い掛けて自分の気持ちを吐露する
シーンはカンド―でした!

もうね、思わず全巻読み直しちゃったよー。(笑)
(まだ持ってるのだ~)

それにしても「歴代」というわりには、結構最近のものが多かった
ような気がします。

そんな中で選ばれた昔の作品はやっぱ "名作" なんですねvvv

それと 「はみだし企画」 で 「もしも あのキャラが40歳になった
ら...」 というのがあったんですが!

「キス」 の五嶋さんが、もう "いかにも" ってカンジでうなずいて
しまいましたよ。(笑)

あと、今号の付録の 「LaLaオールスターイケメンたっぷりメモ
100」 は、こんなスゴイの付けて赤字にならない?と思うほど
豪華というかコストが掛かっていそうです。(笑)

全ページ違うイラストのメモ帳って初めて見ましたヨ。

でも 「図書館戦争 LOVE & WAR」 からは堂上サンお1人だったの
がちょっとだけ残念でした。 (小牧サンと手塚も見たかった!)

しっかしコレ、知らないキャラがほとんどナイって、どんだけ私
LaLaと長いお付き合いしてるんだか。(笑)

嗚呼、最初から順番に語ってみたいです。(笑)

今号は 「ラストゲーム」 が最終回をお迎えしましたねー。

そんでもちろん 「LOVE & WAR」 も掲載されていますので、こっち
のネタバレ感想は後日にvvv

あ、そういえば7月号のネタバレ感想で書いた 「郁ちゃんのメール
を部屋呑み中に受信する堂上サン」 というSSをどっかで書いた
けど思い出せないという件ですが...

「ロマンシング・エイジ 堂郁Ver.」 でした!

コメントで教えて頂いて 「あ、そだ!ココで書いたんだ!」 と思い
出せました。(笑)(サヤカさん、ありがとーvvv)

しっかし、我ながらボケボケでんな。(笑)


P.S.こばさんへ

ホント、どなたが演られるんでしょうね?(笑)
おいおい発表されるでしょうけど、あんなにキャラが立っていては
誰に決まってもハードルは高そうです。


「パタリロ」 舞台化...(笑)

なんと 「パタリロ」 が今冬に舞台化されるそうですねー。
いやあ~、思いもしませんでしたわ。(笑)

とはいえ公演は東京なので、私が観られるワケでもないんです
けども。(このためだけに上京するのはなかなか!)

せめて福岡 (特急で2時間・何とか日帰り圏内) まで来てくれ
たらねえ。

さて 「パタリロ」 です!(笑)

ワタクシは昔っからの 「花とゆめ」 読者ですのでね。
連載作品だった 「パタリロ」 はもちろんずっと読んでいましたよ。

今はもう手元にはありませんが、コミックスも十数巻くらい持って
いました。(「ラシャーヌ」 も持ってた!)(笑)

元々私はギャグマンガよりストーリーマンガの方が好きですので、
「パタリロ」 は、私がコミックスを買った(多分)唯一のギャグ
マンガになります。

もう、どんな話だったかは覚えていないのですが...

パタリロとタマネギがバンコランの1日を監視するというエピ
ソードがありましてね。

(パタリロは国王で、タマネギは側近のタマネギ部隊の1人)

そのときパタリロが 「バンコランが1度もトイレに行っていないのは
おかしい」 って言うんですよー。

それを受けてのタマネギの返答がコレ。

「美形はトイレに行かないんですよ」

当時の私がコレにどんだけ衝撃を受けたか!(笑)

なぜなら 「バンコランがトイレに行く図」 というのを、私は本当に
想像出来なかったからです!

そんな、人間の永久不変の行為をも超越した美形のバンコランを、
いったいどなたが演じられるのかしら?(笑)

そんで舞台の〆はやっぱクックロビン音頭かな?なんてね。(笑)


図書館戦争LOVE&WAR 別冊編(LaLa7月号)感想

今夜も大雨洪水警報が出てますねー。

ウチは高台ですので浸水の心配はないのですが、がけ崩れの方が
ヤバいです。

とゆってもこれまで避難勧告が出たことはありませんけども。

今日の昼間はほとんど雨は降らなくて、何だか夜ばっかり大雨の
ような気がします。

明日は銀行に行かなきゃですので、晴れそうで良かったです。

それでは!

LaLa7月号の図書館戦争LOVE&WAR 別冊編 ネタバレ感想、
行きますvvv

ちなみに「図書館戦争シリーズ」に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにSSSをおまけしてますvvv


続きを読む »

「花とゆめ」 14号ゲットvvv

ただ今地元では、大雨洪水警報が発令中でございます。
(市内には避難勧告が出ているところも...)

カミナリがあんまり凄かったので、怖くてTVが付けられません
でしたよー。(涙)
  ↑
(以前、ウチの親んトコのTVにカミナリが落ちて1発KO!)

駅あたりは冠水したようですし、早く落ち着いてくんないかなあ。

さて。

本日 「花とゆめ」 14号をゲットしましたvvv

今号は 「暁のヨナ」 が休載で残念!

そんでね、次号(「花とゆめ」 15号)の付録がちょーっとスゴイ
んですよー。

なんと 「俺様ティーチャー」 × 「月刊少女野崎くん」 の、コラボ
クリアファイルなんです!

どちらも椿いづみ作品ですが、白泉社とスクウェア・エニックスで
出版社の垣根を越えた企画なんですねー。

ちなみにテーマは 「椿いづみ作品は、花ゆめ表紙をジャックしま
した。」 だそうです。(笑)

クリアファイルは両面描き下ろしで、表面は表紙風、裏面は
「野崎くん」 キャラ達が花ゆめ作品になりきり!?ですと。(笑)

「月刊少女野崎くん」 は原作もめっちゃ面白いですが、アニメも
逸品だったと思います!


7月のお楽しみvvv

6月は、私が買っているシリーズのコミックスが出なくてねえ。
(ホント 「MIX」 くらいでしたもん)

お財布には優しい月でしたが...やっぱ淋しいのよん。(涙)

7月は 「はんだくん」 の新刊が出るようですし、あと 「MAJOR
2nd」 とか 「おおきく振りかぶって」 とかvvv

そして 「ハイキュー!!」!!!
めっちゃ楽しみですvvv

そうそう!

「アンマーとぼくら」 は、本屋さんに予約を入れました。

まあ、入荷が発売日より遅れるのはいつものことですし、予約した
方が確実に手に入りますもんね。

あと 「Ane LaLa」 と 「百鬼夜行抄」 の新刊ですねー。

そんでうっかり忘れそうになっていましたが

「BORUTO -NARUTO THE MOVIE- (完全生産限定版)」 の
ぶるれいくんがようやっと7月に来る予定です。(笑)

(密林に予約したのは2月だったりする)(笑)

特典ディスクの 「ナルトが火影になった日」 完全新作アニメがもう、
楽しみで、楽しみで、楽しみでvvv

映画は7/29公開の 「シン・ゴジラ」 がちょっと観たいかなあ。
(でも諸事情で無理かもー)

そんで映画といえば 「植物図鑑」 ですが!

地元映画館では、今日から数量限定入場者プレゼントを配布
するそうです。(クローバー型の半年カレンダー)

どやーん!今からかい! もう観ちゃったよ~。残念。(涙)


有川新刊vvv

昨日あ~やさんにラインで教えて貰うまで、有川先生の新刊の
こと、全然知りませんでしたよー。

「アンマーとぼくら」

講談社刊 単行本 1,620円 7/20頃発売

何でも 「かりゆし58」 という沖縄出身のバンドの 「アンマー」
という曲に着想を得た、書き下ろし感動長編小説だそうです。

私、音楽業界には疎くて、こちらのバンドのことは存じ上げま
せんでね。

「アンマー」 とは沖縄で 「お母さん」 という意味だそうです。

この歌の歌詞を読んでみましたが、すごいドラマ性のある歌詞
ですねー。

この1曲で、まるで1編の小説のようです。

しっかしこれをモチーフにしているのなら、泣けそうなカンジが
しますワ。(笑)

私としては、爽快な話が好きなんですけども。

でもまあ、有川作品は哀しいだけでは終わらない、必ずラスト
には希望を持たせてくれると思うので、やっぱ買いです。(笑)

いつもの本屋さんに予約しとこかなvvv


「逃げるは恥だが役に立つ」 テレビドラマ化vvv

とうとう 「重版出来!」 終わっちゃいましたね...(涙)

私、この原作マンガを読んだとき 「この作品は実写ドラマ化に
向いている!」 って思いました。

最も、ドラマ化が決まってから読んだんですケドね。(笑)

で、昨日のトピック 「逃げるは恥だが役に立つ」 (海野つなみ・著)
がテレビドラマ化決定ですと!

この 「逃げ恥」 は現在 Kiss にて連載中で、既刊7巻です。
(こっちではまだ入荷してませんけど)

ポンコさんに貸してもらって読みましたが (ときどき立ち読んだりも
していましたけど) これ、とても面白いですよーvvv

以前から、もしこの作品をメディア化するなら実写ドラマ化だろうと
思っていました!(笑)

くっきりした線の見やすい絵で、好みは分かれるかもです。
正直ゆって、絵で魅せるマンガではないと思います。

ストーリーも波乱万丈さでぐいぐい引っ張るようなカンジではありま
せんが、とにかく読ませてくれるのです。

そして何より "就職としての結婚" というテーマが今日的で面白いん
ですよねーvvv

"主婦業" を全て "仕事" に換算し、"夫婦" を "雇い主と従業員" に
見立てた "結婚" という、利害の一致した雇用体系。(笑)

けれど、そこは人と人、そして男と女。
そんな単純には行かない。

まだ連載中でどんな結末を迎えるのか分かりませんが、きっと
一筋縄では行かないことでしょう。


最近、マンガの実写ドラマ化の話題がにぎやかですね。

マンガや小説のメディア化は、その作品が多くの人に知られる機会
にもなりますし、原作ファンとしては盛り上がるのは嬉しいことです。

けれどヒトコトで "メディア化" とゆっても、アニメ向きの作品、
実写向きの作品、映画向きの作品、連続モノ向き作品など、それ
ぞれ相性があると思うんですよね。

その作品に合ったメディア化をしてもらえたら良いなと思います。


映画 「植物図鑑」 ネタバレ感想

土曜日、映画 「植物図鑑」 を観て来ましたvvv

まあ、封切りから1週間経っていましたし朝イチの上映でしたので
そんなに混んでいないだろうと思ってはいましたが...

空いてました。(笑)
イナカ、バンザイ!(笑)

それでは、映画 「植物図鑑」 をがっつりネタバレで、ちょこっと
語っております。


続きを読む »

毎日がキリキリです...(涙)

私は 「年度末&年度初め」 がイチバン忙しいです。

んで、そのときに後回しにしたアレコレを残したまま、次のヤマ、
6月~7月10日がやって来ています。(涙)

まず、6月末までに監査資料を提出。
(他にも現況届というのもあって、こっちはデータで提出)

そして、7月10日までに (今年は日曜なので11日まで) 労働保険
の年度更新・社会保険の算定基礎届を出さなくちゃなんですわ。

あと、夏賞与もあるしー。
(自分も貰えるのは嬉しいケド、準備するのは大変なのだ)

これを毎月の通常業務と同時進行でやるワケです。

まあ、毎年やっていることですのでどれも難しくはナイのですが、
とにかく時間が足りなくてー。(涙)

なのに明日は現場の手伝いに入らなきゃで、ホントはそれどころ
では無いんですケドね。おまけに支払日だし。(涙)
 ↑
(最初は断ったんですけど主任にねじ込まれたのだ)

そんな中、唯一の慶事はコピー機と印刷機を新しくリース契約した
ことですvvv

いや~、新機種は良いですね!

特に印刷機は、前のヤツが製版して3回くらい試し刷りしてやっと
文字が印刷されるくらい古かったんです。

それが今度のは1発OK! 素晴らしいわvvv

私ね、こういう機械の不調のせいで費やす時間って本当に勿体ない
と思うのです。

急いでいるときの紙詰まりって泣きたくなりますもん。(涙)


前から思ってはいたんですけど...手伝ってくれる人も代わりが
出来る人も居ない状況って、やっぱ綱渡りなんですよね...


「花とゆめ」13号 ネタバレ感想

もう6月ですよー。

今月が終わったら、もう今年の半分が終わったことになるん
ですよねえ。

早いなあ.....この調子じゃあ、あっとゆーまに年末が
来ちゃいそうです。

それでは 「花とゆめ」 13号をがっつりネタバレで、サラッと
語っております。


P.S.ぴっすさんへ

「レイアース」 も今、再放送されてますよーvvv
ただ 「キッズステーション」 なんですよね...


続きを読む »

CCさくら新連載vvv

「なかよし」 7月号にて 「カードキャプターさくら クリアカード編」
の連載が始まりましてんよvvv

「CCさくら」 の原作マンガは (今はもう手元にありませんが)
面白かったです。

そんで何とゆっても 「さくら」 は、アニメが素晴らしゅうござい
ました!

作画は回によってレベルが落ちるようなこともなく、いつも可愛
かったですし。

話も原作にないオリジナルのときも面白くて、とてもクオリティの
高い作品だったと思います。

で、今回!

コミックスになったらモチロン買うつもりでしたが 「なかよし」
7月号、買っちゃったよん。(笑)

ちょーど本屋さんのポイントが500円分たまっていたので、それ
使って80円でゲット!(笑)

迷ったんですけど、初回だけはと思いまして。

「フラワーズ」 は 「ポーの一族」 以外にも読みたい作品があり
ましたので迷いなく買いましたけども。

サスガに 「なかよし」 は、他に知っている作品がありません
でしたのでね。(ン十年ぶりじゃあねえ)

それにしても相変わらずさくらの可愛いことvvv

前作 「さくらカード編」 のラストから繋がっているので、隔絶感は
特に感じなかったです。

これからさくらと小狼くんのらぶらぶカップルぶりを堪能できると
思うと楽しみです!(笑)

そして 「新アニメプロジェクト始動!!!」 とのことで、こっちも
スゴイ楽しみvvv

やっぱベストはTVアニメですが、例えどんな媒体でもついて
行きましてよ!(笑)


「植物図鑑」 公開vvv

いよいよ 「植物図鑑」 が公開されましたねー♪
(とはいえまだ観ていないんですけども)

今回は映画オフにして、みんなで観に行きますのvvv

で、とりあえずパンフレットだけ買って来ました。

B5サイズでちょっと小ぶりでしたけど、なかなかに素敵な
パンフでしたよー。

パンフ全体が明るいグリーンが基調で、陽の光がふりそそぐ
ような写真は綺麗でしたし、とても見やすい冊子になっていた
と思います。

一応、グッズも見て来ましたが...少ない。(涙)
(マイメロディ コラボアイテムはありましたけど)

元々入荷が少なかったのか、それとももう売れちゃったのか。

パンフに載っているグッズの半分くらいしか、棚にありません
でした。

う~ん。イヤホンジャックストラップが欲しかったなあ。

まあ元々、作品的に 「図書館戦争」 のようなグッズ展開は
難しいだろうなあとは思っていましたけども。

何はともあれ、観に行くのが楽しみですvvv


「はいからさんが通る」 劇場版アニメ化vvv

なんと、約38年ぶりのアニメ化だそうです!

昨日ヤフーニュースのトピックでこの記事を見たとき、タイトルが
「はいからさん」 ってなっていたんですよね。
(「が通る」 が抜けていたのだ)

一瞬、別の作品かと思いましたよー。(笑)

「お迎えデス。」 が14年ぶりのドラマ化と聞いたときはビックリ
しましたが...コレ、かーるく凌駕してますね。(笑)

いやはや先日も 「ポーの一族」 の新作が40年ぶりに掲載されて
驚かされたばっかりでしたけど。

昔から活躍されている作家さんが、今も現役で連載されている
のは本当に素晴らしいと思います。

「はいからさんが通る」 は、もちろん昔(笑)読みました!
お年玉をはたいてBOX付きの豪華版を買ったもんです。

それにしても今のお若い方々は、この作品をご存じなのかしら?

TVアニメなら取っ付きやすいでしょうけど、劇場版は映画館に
行って、お金を出して、観るワケですもんねー。

昔に完結した人気マンガの劇場版アニメって、ターゲットは当時
のファンなのかな?それとも今アニメを観ている層なのかな?

(最も、昔から今もずーっとアニメを観ている私みたいなのも
 いますケドね)(笑)

まあ、公開は2017年で、来年ですからね。

公開までの間、オールドファンだけでなく新しいファンを取り込む
ためにナニかやってくれるんじゃないかと期待してます!

それこそ38年ぶりの新作とか、読んでみたいなvvv


| ホーム |


 BLOG TOP