FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

拍手

コメントをたくさん付けて下さってありがとうございます!
とても嬉しかったので、少々チカラを入れてお返事を書かせて
頂きました!(笑)

それでは拍手&コメントのお返事です。(5/25・5/26・5/27)


グインさんへ (5/25)

拍手&コメントありがとうございます!
グインさんと私、ホントに年代が近そうですねー
(過去にハマったものがそっくり~)
しかも、好みはもっと近そうです。(笑)

「銀英伝」 や 「十二国記のドラマCD」 のお話が出来るなんて
ウレシイです。
「十二国記」 を好きな方はたくさんおられますが、CDまでは
なかなか...(笑)
私も続き (出来れば楽俊ご出演の) が、めちゃ読みたいです!

しかもこの作品、いろんな妄想をかきたてられますよねっvvv

例えば、珠晶と楽俊が会ったらどんな会話するかなーとか。
(スゴイ、気が合いそう...)
フツーの学生の楽俊が供王と会うことはないでしょうけど、
六太のお供をして恭を訪れたとしたら有るかもです!

あと、散り散りになっている戴の官吏で、柳あたりに潜伏していた
冬官長の琅燦を楽俊が拾ったりしたら面白いだろうなーとか。
ほら、楽俊はそういう巡り合わせだから有るかもです!

そいでも、自分でSS書いてみようと思ったことは無かったですねぇ



蒼志さんへ (5/25)

拍手&コメントありがとうございます!
ぢつわ私も蒼志さんと全く同じ道をたどって今に至ります。(笑)

静佳さんは、私も大好きなキャラクターですし、堂上をいじれるお方
なので、きっと又ご登場頂くと思います。(笑)

ちなみに 「別冊」 が出る前に書いたものには、そこここに矛盾して
いるところもありますが (例えば郁に胸の谷間が出来ていたりとか)
(笑)まあ、ソレはソレって感じで楽しんで頂けると嬉しいです。



あささんへ (5/26)

あはは! 確かにアレは堂上の 「痛恨の失敗」 だったんでしょうね。

実際のところ、郁がもう少し辛抱して、堂上の畳みかけを最後まで
聞いていたら...
もしかして 「だから...」 のあとにプロポーズもどきの言葉が出て
きたのかもな~なんて。(笑)
最も、あれだけ畳み掛けられたら短気な郁には無理だったでしょう
けどね。

しかも、フォローのメールも言葉が足りなさ過ぎですよねー
「俺もお前と一緒に居たい」 くらい書けば良いのに~と、
思いましたです。
でも、私も 「そんな不器用なアナタが好き」 です。(笑)



たねさんへ (5/26)

たねさんは、ご自分のブログもお忙しいでしょうに、コメントして
下さって本当にウレシイですvvv

私のほうこそ、たねさんのSSのファンで、ブログには日参させて
頂いております。

ぢつわ、たねさんの書かれるSSの10分の1でも良いから
色っぽく書けないかと、野望を胸に秘めているのですが
(すでにこの時点で秘めてない...)(笑)いやいや、難しいです~

あ、そだ!
ホント、もしお暇が有って、よろしかったら...なんですけども。
ブックバトンをパスしておりますのでvvv
たねさんも読書がお好きなようですから...
私もお題を書いている間、スゴイ楽しかったです。



いつきさんへ (5/26)

はじめまして!
拍手&コメントありがとうございます!
毎日来て下さっているとか。ホントに嬉しいですvvv

なるほろ~
「堂郁&堂上家」 「堂郁&笠原家」 ホント、面白そうですね。
郁はきっと、苦手な自分の母と真逆な堂上母のことは好きで
しょうし、静佳さんとも気が合いそうですよねー。

今の私は 「別冊」 がベースなので
(...というか、恋人以前のSSは1本もないワ。
今、気付きました...)
多分これからも、このあたりの話がメインになると思いますよん。



sakuraさんへ (5/26)

拍手&コメントありがとうございます!
いや~、楽しんで頂けて良かったですvvv

私もね、原作で何度か 「ウチなら投げっぱなしジャーマン」 とか
「笠原家の兄妹が規格外」 とか出て来ますが、4人兄妹の末っ子の
妹を上3人の兄が可愛く思わないワケはないと思うんですよー。

特に大兄ちゃんは郁と母が初激突したときに、わざわざ寮まで
フォローに来てますしね。

コメントで、いろんなリクエストを頂けるのは本当に参考になります。
全部にお応えするのは難しいですし、最初はそのつもりで書いて
いても全然違うものになっちゃったりとかしますが。(笑)
でも、そのコメントを頂かなかったら書いていなかったSSってのも
結構有るんですよんvvv



ひろさんへ (5/27)

拍手&コメントありがとうございます!

ぢつわ私も、結構行き当たりばったり思いつくまま書いていますので
いつも 「さあ、次は何書こうかな~?」 って、カンジです。(笑)

堂上が郁のお母さんは 「お母さん」 って言っているのに、お父さんは
「親父さん」 って言っているので
「おや~、この二人連絡を取り合っているな」 と思っていました。

大兄ちゃんは、両親と同居していて(少なくとも茨城県展時には)
笠原家の跡取り息子ですから、笠原父もまずは彼を味方にして
「笠原母包囲網」 を固めるのでないかと。(笑)

最も、郁はとっくに大人ですから、親の承諾ナシに結婚出来ますが、
多分この機会に郁と母の仲を修復しようとするのかもな~とかvvv

ちなみに、バカップルはどこに行ってもバカップルだと思います。(笑)





スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | 堂上篤&笠原郁について 大兄より >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP