図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ブックレビュー 13

今回のブックレビューは 「トッカン 特別国税徴収官」 です!

ブログを休止しているときに書いたもんですから、hiromama
さんちで公開して頂いていました。

私の好きな "職業エンターテインメント" ですvvv


「トッカン 特別国税徴収官」 (著者・高殿 円) 

2010年6月25日 初版 早川書房


私が今回、この作品を知ったキッカケはというと...

当時日参していたサイトさんで 「図書館戦争が好きならきっと
好きになるでしょう」 と、紹介されていたからです!

で、すぐに市立図書館に予約を入れたのですが、それはもう
予約者が多くて、しかも1冊しかないもんですからー(涙)

ホント正直言って "忘れた頃にやって来たご本" でした!(笑)

ぢつわね、読み始めてすぐに 「あやや?」 と思いました。
とゆーのも、この作品は主人公の一人称だったんです。

最近読んでいた小説は三人称ばかりでしたので 「う~ん。読み
通せるかな?」 と、一瞬思ったのですが...

そんな心配は全然杞憂でした!
夢中でイッキに読み上げました!

一人称だからこそ、主人公のキモチに120%シンクロしてました。

主人公と一緒に怒って泣いて、そして...私も成長したような
気分になりました。

そうです。この作品は職業エンターテインメントで有ると共に
主人公の 「ぐー子」 こと、鈴宮深樹の成長物語でも有るのです。

ぐー子は京橋税務署に勤める、特別国税徴収官(トッカン)付き
の新米徴収官。

言いたいことが言えず、すぐに 「ぐっ」 と詰まってしまうので、直属
の上司、鏡特別徴収官に付けられたアダ名が 「ぐー子」 !(笑)

そして、口が悪くて "ドリル目線" と言われるほど鋭い視線に、
ハスキー犬もビックリするほど怖い顔...

それがグー子の上司、鏡雅愛 特別国税徴収官。
ちなみに34才。

この二人がコンビを組んで滞納された税金を取り立てます。

けれど一言で "税金の滞納" と言ってもその事情は様々で。

本当に働いても働いても税金を納めることが出来ない工場主や
脱税しているカフェのオーナー、何やらワケ有りのグラブのママ。

グー子は、現場でやり切れなさや理不尽さを感じながらも一生
懸命に働きます。

でも "一生懸命" で有るが故に、自分自身の奥底の本心や周りが
見えて無かったりするもんなんですねー

人はそれぞれいろんな事情を抱えていて、発した言葉や行動には
それなりの理由がある。

けれど、いっぱいいっぱいのグー子にはそれが見えない。

そしてそれが見えたとき、くじけたまんまで居るか、傷だらけに
なっても立ち上がるか。

モチロン、グー子は後者でvvv

そんなグー子だからこそ、忘年会で取っ組み合いのケンカをやら
かした同期にして天敵、南部千紗も 「嫌い」 と言いつつグー子に
助け舟を出してくれるのです。

ところで。

職業エンタは、その職業について詳しく知ることが出来るという
ハウツー的な側面も有ります。

けれど、コレは職業案内ではなくて小説...
そう。あくまでエンターテインメイト。

この作品はその辺りが良い加減に上手くブレンドされているなーって
思いました。

それにしても 「国税徴収法」 なる法律が有って、しかもそれが日本の
法律で最高の強権とは知りませんでしたよー。

確かに憲法30条により、国民の納税義務は定められていますが、
まさか裁判所の令状が要らないとは!

ちなみに。

「活字倶楽部 冬号」 によると、すでにミステリマガジンにて「トッカン」
の第2シーズンが連載中とのこと。

グー子の成長もさることながら、鏡との間に立ち掛けていると思わ
れる?(笑) "恋愛フラグ" の行く末も非常に気になるトコロです。

2巻も是非読みたい! そう思った作品でしたvvv

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP