FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

図書館戦争 ロマンシング・エイジ ネタバレ感想

まさか又 「図書館戦争」 のネタバレ感想を書くことが出来るなんて、
思っていませんでした!

ホントに夢のようですvvv

それでは!

文庫版 「図書館内乱」 に収録されている特典小説 「ロマンシング・
エイジ」 のネタバレ感想です。

ちなみに、図書館戦争シリーズは全般にネタバレしていますので
ご注意を!


図書館戦争 ロマンシング・エイジ ネタバレ感想


文庫版 「図書館内乱」 に収録されている書き下ろし短編の
「ロマンシング・エイジ」 の内容は2本立てでした。

正化32年1月15日に発生した、小牧サンが良化特務機関の
査問会に連行された事件。

それは、精神的拷問を受けた小牧サンにとって大変な災難で
有ったでしょうけども...

毬江ちゃんに対する自分の気持ちを自覚する切っ掛けにも
なったのでしょうね。

今回の話は、仲間達と毬江ちゃんにより奪還されて1日置いた、
小牧サンが業務に復帰した日の夜のこと。

酒持参で堂上サンの部屋を訪れた小牧サン。

「俺がいない間のこと教えてくれるかな」 とはすなわち!

「あのとき、あの現場に何で毬江ちゃんが同行してたの?」
と訊いているワケでー

「郁ちゃんと柴崎が強引に連れて来た」 が答えですが、それを
理由にするような堂上サンでは無いです。

例えそれが真実でも、他の者に責任を被せるようなことは
言わない。そんな堂上サンがとっても好きデスvvv

そして、小牧サンが感謝していると知って初めて郁ちゃんの
ことを話す堂上サン。

毬江ちゃんに知らせる知らせないで、郁ちゃんと堂上サンが
言い合いをしたとき。

あのとき、分は明らかに郁ちゃんに有ったと思います。

郁ちゃんのタンカは堂上さんだけでなく、本当は小牧サンにも
向けられたはずのものだったでしょうに。

小牧サンは不在で、それをマトモに受けたのは堂上サンだけ
だったのはお気の毒としか言いようが有りませんね。(笑)

最もあのとき、堂上サンが冷静さを失ったのはまんま自分と
郁のときのことを重ねたからだったんでしょうけども。

堂上サンの 「毬江ちゃんのこと好きなのか」 という問いに
あっさり 「好きだよ」 と答える小牧サン。

郁の見立ての正しさと "堂上オジサン説" が立証された瞬間
でした。(笑)

今までずっと気づかないふりしてた。
毬江の自分への想いと、自分自身の気持ちに。

毬江ちゃんへの想いを認めた小牧サンは無敵だ!(笑)

「あと十年もしてみろ、人も羨む幼な妻だ」

んんん? コレって毬江ちゃんは高校3年生だけど1年休学
しているから、今19歳ですよね?

となると、あと十年したら29歳。

いくら旦那サマが10歳年上でも、今すぐ結婚するんならともかく
十年後じゃ、もう "幼な妻" とは言えないんじゃなかろうか?

と、思った次第でごさいます。(笑)

郁の 「オジサン」 発言は、堂上サンのココロにずーっとしこりを
残していたようで。(笑)

それでも郁ちゃんからしたら手加減してたようですけどねー

郁ちゃんとの進展予定を訊かれ、気圧の下がる堂上サン。

小牧サンは "たった五歳差" というけれど、その五歳下の
郁ちゃんに "オジサン" と言われた堂上サンの心情はいか
ばかりか!(笑)

でもまあ、郁ちゃんの "オジサン" は、年齢ではなく頭の固さ
をゆってるワケですからー
 ↑
(...って、何の慰めにもならない!)(笑)

"余裕の小牧サン" と "頑なな堂上サン" の会話はなかなか
面白かったです。

自分の気持ちに正直になった小牧サンと、目を逸らしている
堂上サン。

こりゃもう、勝敗は明らかですよねーvvv(笑)


そして約1年後、毬江の卒業式の日。

式に来てくれた小牧サンに喜ぶ毬江ちゃんvvv

今回は完全に毬江ちゃん視点で、小牧サン側の心情は全然
書かれていないんですよねー

でも、小牧サンのキモチなんて毬江ちゃんには分からなくても
読者にはもう丸分かりです。(笑)

それにしても毬江をして 「こんなに花束が似合う男の人なんか
ほかに知らない」 って言わせる小牧サンって...(笑)

「図書館戦争」 は、あまり登場人物の容姿のことは書かれて
いませんが (毬江ちゃんの惚れた欲目を差し引いても) どんだけ
小牧サン、優男なんだかね。(笑)

小牧サンとの食事の約束のために、精一杯のオシャレをする
毬江ちゃんがとっても可愛いです。

「...見て、びっくりしてね」

毬江ちゃんの気合の程が分かるセリフですねー(笑)

けれど、小牧サンの反応はいつもと変わらず 「似合うね」 と
笑ってくれただけ。

変わり映えのない反応に毬江ちゃんはしょんぼりしちゃったけど、
読者には分かりましてよ!(笑)

小牧サンが面には出さなかったけれど、内心どれだけ動揺した
のかを!

誰が見てももう子どもには見えない、大人の女の毬江を前に
小牧サンの理性が決壊するのは後もう少し。(笑)

"卒業したら何かが劇的に変わるような気がしていたのに..."

こーゆーキモチ、分かりますよねーvvv

でも "劇的" に!ではナイにしても、確実に何かは変わって行く
のだと思います。

レストランで慣れないナイフとフォークに苦戦しても 「お箸下さい」
とは言えない毬江ちゃん。

年上の恋人の前で大人振りたい毬江ちゃんはホント可愛いvvv

まあ最も、私ならフツーに 「お箸下さい」 って言っちゃうだろうなー
とか思っちゃいましたけども。
 ↑
(初々しさのカケラもない...)(笑)

家庭教師が女性だと確認されたときは何だか "追いついた" 気が
した毬江だけど、やっぱりまだまだだと気付いてへこんでしまう。

けれど。

小牧サンから贈られた可愛らしいピンクの花束の中に1輪、真紅の
薔薇が。

その花言葉は 「あなたを愛します」。

きっとコレは偶然じゃなく、小牧サンが意識的にやったことでしょうね。

小牧サンって、そういうコトをいかにもやりそーだもんねー

堂上サンならずえったい、やんないだろうなあ。
そんでもしやったとしても、郁ちゃんきっと気付かない...(笑)

小牧サンの意図を正確に受け取った毬江ちゃん。

二人の幸せな未来が見えるような、とても素敵なお話でしたvvv

スポンサーサイト



<< 拍手のお返事 | ホーム | ありままさんから頂き物SS 『キューバしのぎ』 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「ロマンシング・エイジ」(文庫『図書館内乱』追加短編)/有川浩 ◎

アニメ『図書館戦争』DVD全5巻の付録として、書き下ろし短編が5作あったのですが、このたび『図書館戦争』シリーズ文庫化に際して、時系列を少し整理して各巻に1作ずつ短編を入れる・...


 BLOG TOP