図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

文庫&ブックレット「ドッグ・ラン」比較ネタバレ感想

文庫版 「図書館危機」 に掲載された 「ドッグ・ラン」 と、ブックレットの
「ドッグ・ラン」 を比較したネタバレ感想です。

文庫版とブックレットの違いが知りたいとのリクエストを頂きまして
がっつりと書いてみました。(笑)

てなワケで、思いっきりバリバリにブックレットの方、ネタバレしてます!

あと、図書館戦争シリーズは全般にネタバレしていますのでご注意
下さいませvvv

(りんさん、リクエストありがとーvvv)


文庫&ブックレット「ドッグ・ラン」比較ネタバレ感想


最初、ブックレットで 「ドッグ・ラン」 読んだとき、私は 「こんだけ甘い
のだから当然恋人時代だろう」 と、何の疑問も無くそう思っていました。

でも当時、コメントをして下さった方や友人から 「恋人前じゃないか」
との意見が結構寄せられていたんですよねー

まあ、そんだけ微妙では有ったんですよ。

そんで友人のナカナカ穿った意見がコレvvv
    ↓
『「ドッグ・ラン」の時期は?』 (リンク貼ってます)

でね、今回 「図書館危機」 に 「ドッグ・ラン」 が収録されると聞いて
やっぱ 「恋人前」 だったんだなあ...と思った次第で有りました。

でも、あんだけ "べた甘" カマしといて 「恋人じゃナイ」 ってのも
不自然かも?とか、ちょっとだけ(笑)思っていました。

そしたら見事に 「上官&部下」 にリニューアルされていてビックリ!

最初は 「あのセリフがぁ~」 とか 「あのシーンがぁ~」 とか、泣きを
入れていましたが...

今は大好きな 「ドッグ・ラン」 を2バージョンで読めるシアワセを満喫
しております。(笑)

さてさて。

セリフの部分の 「」 が取れていたり、繋ぎの部分が違っていたりと、
あちこち細かい修正はあるのですが、まあその辺りは置いといて。(笑)

堂上サンと郁ちゃんの関係が察せられるトコロを中心に行きます。

まず私が 「おっ!」 と思ったのが 「お前にこぼすくらいは許せ」 が
「部下にこぼすくらいは許せ」 になっていたこと。

堂上サンは "ただの部下" の郁ちゃんにも 「お前」 と言いますが
このときは甘えているわけですから "恋人" のニュアンスの 「お前」
だと思っていました。

だから当然郁ちゃんの反応も違っていて、ブックレットでの郁ちゃんは
"顔を赤くして" 黙り込むわけです。

そして、シェパードに優しい笑顔を向ける堂上サンに一瞬見とれた
郁が 「色ボケてる場合じゃないんだってば!」 と自分を叱咤します。

色ボケ...やっぱ恋愛色が入ってますよねー

それから 「犬なんて!当てがあるんですか!」 と郁に訊かれて
「ここにな」 と言ったときの堂上サンは郁の額をトンと叩きます。

ただ単に指差すだけより甘いですよね。

文庫の方では靴を買ってやると言った堂上サンに 「大盤振舞」 と
郁ちゃんは呆気に取られますが、ブックレットの方ではそんな描写
は有りません。

てことはブックレットの方は、堂上サンに何かを買って貰うことが
めずらしくないのかな?って思いました。

そんで郁ちゃんがこの勝負を受けたのは、犬が好きだからではなく
「他ならぬ教官のため」 なんですねー

そして堂上サンも苦笑しながら郁の髪を掻き混ぜて 「変な言い方
すんな。妙な気分になる」 と、自分のキモチに正直?(笑)に答えて
いるワケです。

そんな堂上サンの顔が近くなっただけでどぎまぎしちゃう郁ちゃんが
とっても可愛いvvv

そして柴崎と手塚の会話でも。

「王子様もお姫様も迂闊だから笠原がこんなカッコしたら男どもが
たかるの分かってないし」 という柴崎に、手塚がナチュラルに 「堂上
二正はさすがに表情渋いな」 と返しています。

加えて柴崎は 「自分のお姫様に」 という言葉を使っています。

手塚には堂上サンが何で表情が渋いのか分かっているようですね。

そ・し・て!

ココが 「甘さが減ったー」 と思った最大のポイント!

郁ちゃんは100メートルのラインを切ったとき、堂上サンの胸に
飛び込んじゃうんですよーvvv

堂上サンは一瞬郁ちゃんを抱き締めて (たような気がして) 郁ちゃんも
どさくさまぎれに堂上サンの背中に腕を回し一瞬しがみついちゃうと
いう!

おいおい!
衆人環視の前だろう!(笑)

と、当時誰もが突っ込みましたねー(笑)

それからラストの "犬のご褒美" を貰ったときも、頭だけでなく首まで
撫でられちゃってますもんねー

上官が、ただの部下の首は撫でないだろう。やっぱ!
てか、頭をぐしゃぐしゃに撫でるのもあんまりしないでしょうね。(笑)

確かに文庫版だけ読んでも充分甘いですが、ブックレットの方は
それに三重くらいの輪を掛けて甘かったです。(笑)

文庫のみの方も、ブックレット既読の方も、楽しんで貰えたら
ウレシイですvvv

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして!文庫から図書館のファンになりました。
うわーーブックレットも読みたいですね!!
DVDはTUTAYAで借りて観たんですが、今から購入するか悩みます(笑)

郁ちゃんはポインターかセッターみたいと言われましたが、堂上さんは?柴崎さんは?小牧さんは?と妄想して楽しんでます。
柴崎さんはパピヨンとか・・小牧さんは笑顔が可愛いゴールデン・・手塚は・・・うーん。
堂上さんが難しいです。
人相が悪くて、小型でガッシリしといて欲しいので、思いつくのはフレンチブル・・・
目つき悪いのは良いんだけど、不細工なのは違うので、なんかぴったしの犬種ないですかね?(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP