図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

図書館戦争LOVE&WAR(LaLa8月号)感想

いやもう、今号は萌えた――vvv(笑)

リキ入れて書いたんで長いですよー
(...って、いつも長いけど)(笑)

それでは!

LaLa8月号の 図書館戦争LOVE&WAR ネタバレ感想、
行きますvvv

ちなみに 「図書館戦争シリーズ」 に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにSSSをおまけしてますvvv


図書館戦争LOVE&WAR(LaLa8月号)感想


今回は語りドコロ、満載でございます!(笑)

表紙は 「ドリームシチュエーション」 グランプリ作品vvv
「みんなで不思議の国のアリス」!

おおっ! 確かに絶妙のキャスティング!

郁ちゃんのアリスは、ゲンキでとっても可愛いです。
まあねえ、主人公に主人公が振られるのはお約束ですよねー♪

柴崎のチシャ猫は、もうハマリまくりです!
元々本編でもコレに例えられたことが有りましたもんね。

玄田隊長のハートの女王!
...この中じゃ一番上官 (偉い) ですしねー

しっかし、いつもと違った意味で迫力だー(笑)

小牧サンの帽子屋も、合ってる合ってる!
ナニ考えてるか分からない腹黒そうなトコロがピッタリ!(笑)

手塚&モブ郎クン、家来役って...お気の毒に。(笑)

手塚にスペードのエースを配したところに、弓先生の (せめてもの)
愛を感じました。(笑)

そして!堂上ウサギvvv

堂上サンにウサギ耳&蝶ネクタイ...どはは~ 似合わねえー(笑)

何でこんな険しい表情で怒りながら逃げてんのー
てか、郁ちゃんもマジで追っかけてないかい?

ホント、とっても素敵なイラストでしたvvv

そんで私のイチオシ(笑)佳作の 「郁と堂上の新婚パジャマトーク」♪
弓先生の絵で、まさかこんな堂郁が見られるなんて!

いやもう、萌える萌えるvvv(笑)

場所はベッドの上。そして二人ともパジャマ。

こんな意味深な設定なのに、堂上サンは郁ちゃんにヘッドロック
掛けてんのー(笑)

郁ちゃんの枕がハート模様だあ~vvv
(YES・NO枕じゃナイのね...とか思ってしまってゴメンナサイ)(笑)

リクエストは 「あんまりエロくない&妄想爆発」 で!
この難しいリクエストに十二分に応えている素晴らしいイラストでした。

「長身の堂上」 も、良かったです。 オトメの夢ですネ!

それにしても170cmの郁ちゃんが背伸びしてほっぺキスする
堂上サンの身長はどんだけなんだー(笑)

(ここで、郁が小さいとは考えない辺りが...)

あと 「男達が新撰組に」!

羽織姿、カッコ良いですね。 イイ男は何を着てもサマになる!
でも、私の新撰組のイメージは 「銀魂」 なんです...(笑)

いや~、まだ本編にも行ってないのに語る語る~(笑)


それでは本編。

いよいよ囮作戦決行!
...の前に、ちょこっと回想シーンが入ります。

作戦直前に郁が小牧サンから渡されたもの。それは補聴器でした。

そして、作戦開始!!

郁と柴崎が武蔵野第二図書館に入った瞬間、どこからかゾクッとした
視線が。

それには知らぬフリをして、二手に分かれる郁と柴崎。

スゴイ形相で立ち読みしている郁ちゃん!

「選びなさいよ あたしを」 (笑)
そのヤル気マンマンのオーラにビク付く周囲。(笑)

ここの手書き文字、爆笑しました!

「マニアックであれ!!」

どはは~
前回、堂上サンに 「マニア向け扱い」 されてますからねー(笑)

ひょっとして今日はもう――と、思った矢先に郁ちゃんの背後に
怪しい男の気配。

足元に置かれた盗撮用ショルダーを確認して確信。

その瞬間、郁の太ももを撫でる気持ちの悪い手が!

思わず振り向いた郁が見たのは 「へへ へ」 と薄笑いを浮かべる
変態男。

こら郁ちゃんじゃなくても気持ち悪いわ。

それでも止めるどころか、今度は両手を使ってスカートの中に
まで手が上がって来る。

コレって完全に相手が抵抗して来ないと思ってますよね。

けれどモチロン、郁ちゃんがやられっぱなしのハズも無く。

「――調子に乗るな このド変態が!!!」

得意技・大外刈りを掛けようとして、ハイヒールの靴にバランスを
崩してしまう。

大外刈り・不発!

倒れた郁の上に被さった男は 「それで抵抗したつも...り」 と、
更に郁に手を伸ばす。

なんてしつこいんだー(怒)

そのとき!

「...何を やってるんだ貴様...?」

と、まるで地の底から唸るようなセリフと共に、堂上サンに釣り
上げられる変態男。

ここ、原作とちょっと違いますがこっちも良かったです。

でも堂上サンの 「何やってんだ貴様!」 の怒声に反射で 「すみま
せん!」 と謝る郁、というのも好きだったんですけどねー

いつもの二人が察せられてvvv

でね、倒れていた郁が身体を捻って堂上サンを見上げるポーズ
(と表情) が、すっごいイロっぽかったです!

堂上サンが払い腰を極めたショットは無かったけれど、それを
見つめる郁ちゃんの顔がこれ又可愛いvvv

「挫いてないか 見せてみろ」

堂上サン、アナタ...ミニスカートの女の子に足を出せって!(笑)

コレね、原作で読んだとき一体どんな風に郁ちゃんの足首の具合
を確かめてんのかなーって思っていました。

だって、どうやってもキワドイでしょー
そしたら、ちゃーんとファイルケースでガード!(笑)

絵にすると、こういうトコロもごまかしが効かないというか、ちゃんと
描かないといけないのでタイヘンです。

「あの...足、大丈夫です」 と郁に言われ、ぱっと飛び退く堂上サン。
やっと我に返ったか!(笑)

「...その 何か されたか あいつに」

郁から顔を背けて訊く堂上サン。

何というか...きっとどんなカオをして良いか分からなかったん
でしょうね。

この時点で郁はまだ恋人じゃない。
でも、堂上サンにとってただの部下でも有り得ない。

郁は囮なんですから、触られる可能性はこの作戦を決めたとき
から覚悟のはず。

そして何より、郁が囮になるのを決断したのは自分なんですから。

「足を撫でられました。あと、スカートの中に手を」

それは覚悟していたはずなのに、郁の返答に顔が険しくなるのを、
拳が握り込まれるのを、止められない。

ああ、何てフクザツな男ゴコロvvv

それなのに肝心の郁ちゃんが 「全然――大したこと」 なんて言う
もんだからー

郁ちゃんとしてはダメージを受けている堂上サンを気遣っての
ことなんでしょうけどね。

「大したことじゃないとか言うな!」

郁が悪いんじゃ無いと分かっていても、もう自分の感情が抑え
られられない。

そして、堂上サンの大声にびくっと竦んだ郁に目を合わせて
もう一度。

「...言うな」

ココね、堂上サンの心情が、表情と念を押しするように言われた
「...言うな」 のセリフで、スゴク表現されていると思いました。

そして、そんな堂上サンの気持ちは郁にも伝わったらしく...
郁ちゃんの表情にも嬉しさがにじみ出てます!

ああホント、弓先生の表情の付け方、大好きです!

その頃、手塚に連行された変態男は警備控え室にて柴崎と
小牧サンに取調べられ中。 (あれ、手塚はドコに?)(笑)

シャーペンをかざして 「あたしの方に来たらその手に風穴開けて
やるつもりだったのに」 と言う柴崎。

「ホント残念よ」 と言った柴崎の顔は、紛れもなく本気を窺わせます。

郁ちゃんは柴崎を心配して 「選びなさいよ あたしを」 と意気込んで
いましたが、柴崎は郁が心配するほどヤワじゃない。

この辺り、柴崎の度胸の良さは原作ではもっと詳しく記述が有り
ましたが、この1コマでその全部が表現されているのですから、
サスガです!

そして、犯人を糾弾する小牧サン。 魔王降臨!

本当なら殴りつけるくらいしたいでしょうに、それは許されない。

「死ねばいいよ お前」

真正面から言われたこのセリフは、きっと変態男にボディー・ブロー
のように効いたと思われます。

後日、この事件は新聞に載り、久しぶりに図書館に来た毬江ちゃん。
毬江来館を聞いて、とっても嬉しそうな郁ちゃんが可愛いですvvv

そして、小牧サンの手から毬江の首に掛けられるホイッスル。

うん。最強の御守ですね!

それは毬江ちゃんを実質的な危険だけでなく、心を守ってくれる
ことでしょう。

あとは郁ちゃんが、懸案事項を片付けるだけ。
それはモチロン 「郁ちゃんによる堂上サンぶん投げ事件」 の決着。(笑)

意を決して堂上サンの前に進み出て、勢い良く頭を下げる郁。

「教官!この間はぶん投げてしまってすみませんでした!」

ホントはね 「いきなり何だ!こないだってどれだ!?」というセリフが
無かったのは残念だったんですよー

こういう、普段の二人がどんな様子なのか推し量れるようなセリフって
私にとって "萌え" なんです!

「あの時は 俺が悪かった!」

やっぱり郁の顔から目を逸らして言い放つのね。(笑)

「俺の出る幕じゃなかった」

突き放されたようなセリフにまくし立てる郁。

「相談するべき内容だったら堂上教官に真っ先に相談してます!」

郁ちゃんのこの信頼に溢れた言葉は、どんなにか嬉しかったこと
でしょうね。

...王子様への憧れを自然に忘れて、自然にこの人を好きに
なりたかった。

なんて、なんて切ないんでしょう。

好きになりそうになっているのは間違いなく1人なのに。
それなのに、自分の気持ちが分からないなんて。

そしてカマされる 「王子様卒業宣言」!!!
笑い死に寸前の小牧サンと、フリーズしたままの堂上サン!

まさかココで終わるとわ!
え~ん。この後の展開、まさか流されたりしないよねー

郁ちゃんの宣言に動揺丸出しの堂上サンとか。
郁ちゃんに今の自分を認めて欲しかったと気付く堂上サンとか。

これから先、原作では堂上サンの心情が語られる機会はぐっと
減ってしまうので、こっちでは沢山入れて欲しいです。

とゆっても 「LOVE & WAR」 は、表情で語りますからねー

来月号がとっても楽しみですvvv


それでは、おまけSSSです。

今回はドリームシチュエーション佳作入賞の 「郁と堂上の新婚
パジャマトーク」 よりvvv


 「あれ?篤さん、まだ起きてたんだ?」

お風呂から上がった郁が寝室に入ると、堂上がベッドの上で
胡坐をかいて本を読んでいた。

 「今日は疲れたでしょ? 先に寝てても良かったのに」

本日の堂上班はイベントの警備で多忙だった上に、堂上は
報告書の作成で残業だったのだ。

 「俺が起きていたかっただけだ」

堂上がふてたように言い放った。

難しい表情が素なのは知っているけれど、明らかに御機嫌ナナメの
様子だ。

 「あの...もしかして、機嫌悪い?」

窺うように言う郁に、堂上が読んでいた本をパタンと閉じた。

 「お前、ちょっとここに座れ」

郁が堂上の指定したベッドの上に枕を抱いて正座した。

 「何ですか?」

首を傾げる郁に、堂上の顔は真剣だ。

 「お前、明日が公休なのは知ってるんだろうな」

 「えー、モチロン知ってますよー」

笑顔で返す郁とは逆に、堂上は益々仏頂面になった。

 「だから、明日は買い物に行くんでしょ?」

二人が官舎で暮らし始めて2週間が経つ。

ちゃんと生活用品も揃えていたつもりだが、実際に生活を始めると
やはり不足品は出て来るものだ。

 「...お前、明日が公休だって分かっててこの仕打ちか!」

 「え?」

郁が返事をする間も無く、気付いたときには堂上にヘッドロックを
掛けられていた。

 「きゃー、何で何で何で―――」

暴れる郁を、堂上は完全に押さえ込んでいる。

 「ギブギブギブ――」

郁のギブアップ宣言に、ようやく堂上の腕が緩められた。

 「一体何なんですか、もう...」

郁の問いに対する返事は、言葉ではなく行動で示された。

堂上の手が、郁のパジャマの裾から滑り込んで来る。

郁は思わず、その手を服の上から掴んだ。

 「ちょ、ちょっと!明日は買い物にっ!」

 「午後から行けば良いだろ」

そんなことをしれっと言う堂上に、郁の抗議を意に介すような
様子は全く見られない。

そのうち、もう片方の手で郁のパジャマのボタンが外される。

 「つっ、疲れてないんですかー!」

郁としては最後の抵抗のつもりだったのだが

 「全然」

平然と断言されて、とうとう郁は観念するしかなくなった。


 ☆ オトナなんで "妄想バクハツ" の方で!(笑)
    でも、未成年の方もいらっしゃると思うので(一応)自主規制
    してみました。(笑)
    
スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 祝!劇場版アニメ企画vvv >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました。

コメントは初めてですが、いつも楽しく拝見しています。
ドリーム企画のグランプリは、実は小学5年生の私の娘です。すごくびっくりして、家族でお祭り騒ぎでした(笑)でも、本人は自分のアイディアで本当によかったのかとても心配していたので、ペンギンウォークさんのコメントを見せてあげたら、とても喜んでました。ありがとうございました。
弓先生の絵は、わたし達の親子の妄想以上に素敵で、うれしかったです。他の方のアイディアも楽しかった~。
本編も、とってもよかったし、8月号は永久保存版にします。
これからも、すてきな感想やSSを書いてくださいね。

はじめまして!
有川作品大好きな奏(カナデ)と申します。

SSや作品感想など度々読ませて頂いてます。
LOVE&WARは単行本派なのですが、ドリームシチュエーション見たい……!グランプリ以外は白黒ですか?気になる~!

話変わりますが、私最近有川作品のバトン作ったんです。長めなので無理しなくて全然構わないのですが、りかさんがどう答えるのか純粋に知りたいです。興味があるようでしたら、次回URL貼りに来ますので言って下さい。

それでは急な長文失礼しました。
最後に、SSSの鈍感郁可愛いです(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も堂郁の結婚後の絵を弓サンの絵で見たいなー
て思ってて、そしたらコミックスにのってて!!

かなり興奮しちゃいました///
見た瞬間にやにやしちゃいました(照)


ていうかいつもSS楽しく読ませて頂いてます♡
ごちそうさまでした(笑)

はじめまして♪
SSすごいですね。読んでて楽しいです。

甘すぎたり、エッチすぎたりしなくてめちゃめちゃイイです。
この甘さ加減が絶妙ですね(笑)
堂上教官のツンデレが大好きなんですけど、それがすごい出てていいです!
これからも楽しみにしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP