図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ありままさんから頂き物SSS 『熱帯夜』

ほほほ。 「お持ち帰り自由」 になってたんで、ちゃっかり
頂いて来ました♪

とある夜の、堂上サンちでのヒトコマ!

それでは、どぞvvv


「熱帯夜」

全国的に節電が言い渡されたある夜。

いつもは唸るエアコンが、静かに存在を消しているのに、郁はそれを
認めたくなかった。

 「あづーい、暑いよぉ。ねぇ、ちょっとだけ、ちょっとだけつけようよ」

 「ダメだったらだめだ。今日はまだ30度いってないんだぞ、今から
  そんなでどうする」

 「だってぇ、暑いもんは暑い」

 「言ってるそばからアイスを食うな! 説得力がないんだよ、お前は」

 「ううう、だって暑い・・・」

郁はあまりの暑さに耐えきれず、ついつい出してきてしまったアイスを
ぱくついていた。

 「寝る前に食ったらニキビに直結するんじゃなかったのか?」

 「チョコじゃないからいいのっ」

文句を言いつつ、あっという間に平らげた後は、余計に暑さが際立つ。

 「うう、余計に暑くなった気がする・・・」

タンクトップの胸元をパタパタさせて、風を送る郁の白い胸元が堂上の
目の端に映る。

はぁっ、と大きくため息をついた後、堂上は郁の両肩に手を置いた。

 「そこまで言うなら、エアコン入れてやる」

 「えっ、ほんとですか?」

ぱっと瞳の輝いた郁に、悪戯が成功した子供のような顔で、堂上が
言った。

 「ただし、今より熱くなる覚悟があれば、だ」

 「これ以上暑くなったら、エアコンなしで寝れませんっ」

断言した郁に「よし」と満足そうな笑みを浮かべて、堂上はそのまま
寝室へと誘った。

 「えっ、なんで? もう寝ちゃう、の?」

 「エアコンが必要なくらい、熱くなってくれるんだろう?」

ようやく、堂上の言っている意味が分かり、郁は悲鳴を上げたのだった。


☆ ああ、郁ちゃんの胸元をチラ見したときの堂上サンのカオが
   目に見えるようです。(笑)


※ 当方は、ありままさんから掲載許可を頂いております。
  こちらからの勝手なお持ち帰りはご遠慮くださいませ。

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP