図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ほっと文庫 「ゆず、香る」 ネタバレ感想

ようやっと手に入れた 「ゆず、香る」vvv

箱を開けた瞬間、ゆずの香りがしたような気がしました。
(入浴剤はちゃんと包装されているんですけどねー)(笑)

32ページと短くは有ったのですが、とっても素敵なお話でしたよん。

それでは、ほっと文庫 「ゆず、香る」 ネタバレ感想ですvvv


「ゆず、香る」 はまさしく、「ほっと文庫」 の為に書かれた 「ほっと
文庫」 の為のお話だと思いました。

主人公の "彼女" は高知県馬路村が故郷の、ゆずをこよなく
愛する女性です。

そして "彼"は、バンダイ社員!(笑)

おまけに、彼が携わった新プロジェクトは 「入浴剤」。

まさに 「ほっと文庫」 を思わせる商品です。
(最も、文庫は付いて無さそうですが...)

ホント 「ゆず、香る」 の宣伝に、これ以上はナイだろうというコテコテ
の設定ですよねー(笑)

しかーし!

モチロン、有川作品がそんな "設定のみ" だなんて、あろうハズが
ないのです!


三十代で、未だオトモダチ関係の "彼女" と "彼"。

学生時代からの友人関係が長すぎて、この居心地の良い場所を
失いたくなくて、ずるずると今に至ってしまった。

社会人の大人の男女が1ヶ月から2ヶ月の間のサイクルで会い、
しかもお互いに恋人は居ない。

これで "付き合ってない" のだから、周囲はさぞ不思議だった
でしょうね。


出会いは英会話のサークル。

たまたまスピーチのお題が 「好きな果物」 で、彼女が故郷の
みかんの自慢をしたトコロ、異議申し立てをしたのが彼でした。

お互い、自分の出身地のみかんの方が美味しいと譲らない。
"みかん戦争" の勃発です。(笑)

それからの二人は、コトあるごとに討論を吹っ掛けたり、吹っ掛け
られるようになり、それがレクリエーションのようになって行く。

ああ、甘酸っぱいわvvv(笑)

セオリー通りに行くならば自然と付き合うという流れになりそうな
もんですが、ココで一つのターニング・ポイントが!

「彼と付き合ってるの?」

友達にそう訊かれ 「ううん」 と答える。
仕方がない。この時点では付き合ってはいなかったのだから。

「じゃあ、紹介してくれない?」

けれど、この言葉を彼に伝える前に彼から言われてしまう。

「俺の友達が君のこと紹介してくれって」

本当は、本当は、ここで 「俺は君が好きだ」 と言ってくれたら、
紹介を断れるのに。

そんな都合の良いことを考えていた自分がバカみたい。

でもね、きっとね、彼の方も同じように考えていたんだと思うん
ですよー

彼女の方から 「あたしはあなたが好きだから」 と言ってくれる
のを期待して、紹介の話をしたのだと。

結局、お互いに長続きすることなく独り身に戻り、友人関係は
より強固になっていく。

「けっこうお似合いなのに」

きっと彼の方も友達にそんな風に言われているのでしょうね。

それでも、もう二人とも動かない。
今の関係を壊したくないから。

そうして、そうして、ようやっと。

一歩、彼の方が踏み出します。

彼が彼女の贈ったのは新製品のサンプル。
ゆずの香りの入浴剤。

そして、その原材料のゆずの産地は...

彼女の祖父母が亡くなり、父が亡くなり、もう "故郷" とは言え
なくなってしまった高知県馬路村。

彼女がどんなにその故郷を懐かしく思っているか、愛しく思って
いるか、彼には分かっていたのでしょう。

パッケージを手に、涙が溢れて...想いが溢れる。

「君が喜んでくれたら、俺は嬉しい」

ああ、これって彼の告白なんだなあ...って思いました。

もちろん、入浴剤の企画は最初から有ったのでしょう。
ゆずの香りが入浴剤に使われるのも不思議ではないです。

でも、その原材料の産地が他でもない彼女の故郷だったのは
きっと彼の彼女への想いが、彼を動かしたのだと思います。

礼儀正しい友人関係を築いてきた "彼女" と "彼"。
けれどもう、"礼儀正しい"ままじゃ居られない。

真夜中に、コール3回を数えず繋がった彼への電話。

長かった "友達" を、今ようやく越える。

ああ、私ねこういう 「未来に向かって始まる」 って話、とっても好き
なんですよぉーvvv


あとね、ガンダム好きな彼とのガンダム話は "いかにも" って
カンジで面白かったです。

「あ、コレ "ファースト" の話だ!」 と、分かる時点で私も相当だ!(笑)

ちなみに、ガンダムのTVシリーズは 「ファースト」 「Z」 「W」
「SEED」 「SEED DESTINY」 「OO」 を見ました。

彼は 「ガンダム好きな男を陥落するには役立つ知識」 と言っていまし
たが、役に立ったことなどただの一度もございませんって!(笑)


本当に、ゆずの香りのように甘酸っぱくて爽やかなお話でしたvvv

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

初めまして、有川浩作品が好きでちょくちょく読んでるものです。

ゆず、香る とても面白そうで是非読んで見たいと思いました(#^.^#)
ガンダムについていけるか心配ですが、明日さっそく買いにいってみます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP