FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

堂上篤&笠原郁について 毬江より

今回の図書館SSは 「堂上篤&笠原郁について 毬江より」 です。
時期は堂上が特殊部隊に復帰した秋頃です。
小牧のお姫様、毬江ちゃんご登場です!


堂上篤&笠原郁について 毬江より


今日は、堂上班の公休日。

毬江は小牧とデートの帰り、図書基地の独身寮に寄った。

小牧が本を大量に購入したので、毬江を家に送る前に本を寮に
置きに来たのだ。

ロビーで待ってるように勧められたが、何となく気後れして
「寮の外で待ってます」 と伝えた。

小牧が本を持って寮内に入って行ったのを見送り、毬江は
何の気なしに寮の周辺を歩き出した。

もう、陽が落ちかけている。

木々の間を縫うようにして歩いていると、寮の裏側あたりで
見知った二人を見かけた。

堂上さんと笠原さん。

建物の壁際で何か話している。

声を掛けようか、どうしようか。

毬江が迷ったそのとき。

堂上が郁の片襟を掴んでぐいっと手前に引き寄せた。

郁の唇に自分のそれを重ねる。

と、しかし二人の唇はすぐに離れた。


いっ、今の...一瞬だけど...キ、キス、したよね。

堂上さんが笠原さんに、キス、したんだよね!?


郁の顔が真っ赤になっているのが、ここからでも見て取れる。

赤い顔のまま、郁が堂上に何か抗議をしているようだ。

郁が手を振り上げたが、堂上が笑いながら郁の手首を掴んだ。

とても声を掛けられる雰囲気ではなく、毬江は二人に気付かれない
ようにそっとその場を離れた。


 ***


うわーーー 見ちゃった! どうしよう...

何というか、知っている人のラブシーンって何だか照れる。

自分もキスの経験はあるけれど、もしそれを知っている人に
見られたら...

見てしまった方は、こんなにも恥ずかしくて居たたまれないなんて!


堂上は、恋人の小牧の同僚であり、親友だ。

そして、郁は小牧の部下であり、堂上の恋人だ。

二人は、毬江にとっても大事な人達だ。


毬江は最初、堂上のことが少しだけ苦手だった。

いつも笑みを絶やさず、物腰の柔らかい小牧に比べて、しかめっ面で
気難しそうな堂上は、中学生の毬江には近寄りがたい存在だった。

けれど、図書館に通ううち 「自分にも妹が居るから」 と、何くれと無く
気を使ってくれる堂上に自然と馴染んでいった。

何より大好きな小牧が、堂上を親友として本当に信頼していることが
会話の端々から察せられ、それはそのまま毬江の堂上に対する
信頼へと繋がった。

毬江が郁に初めて会ったのは、図書館の通路で毬江のハンカチを
郁が拾ったときだった。

どうしても小牧の周囲の女性を警戒してしまう毬江だったが、
郁には最初からそれほど警戒心を抱くことは無かった。

それは多分、小牧が彼女と話すとき 「仕事用」 の顔をしていたからだ。

そして、ちょっと観察していればすぐに分かった。


堂上の、郁の頭を軽く叩くときの優しい表情。

郁の、堂上から頭を軽く叩かれたときのはにかんだ笑顔。


時々しか会わない自分にも分かるのだ。

きっと、二人の周りの人達には丸分かりなんだろうな。

その二人がこの夏から付き合いだしたことは小牧から聞いた。

そのことについては、全然驚くことも無かったが、恋人として
郁のそばに居るときの堂上の甘やかさには、少しどころか、
かなりビックリした。

そして、たった今見た堂上はいつもの難しい表情がまるで別人の
ようだった。

毬江は思わずさっきの光景を思い浮かべてしまい、顔が火照るのを
止められなかった。

 「お待たせ。毬江ちゃん」

小牧が毬江の目の前に立って声を掛けたが、毬江は気が
付かない。

 「毬江ちゃん?」

2度呼ばれ、毬江はやっと小牧が自分の顔を覗き込んでいることに
気が付いた。

 「何かあったの? 顔が赤いよ?」

 「えっ!えーと。何でもないです!」

毬江は慌てて手を顔の前で振った。

 「ふーん。そう?」

小牧が笑顔で優しく追求して、拒めるものは毬江でなくてもそうは
いない。


 ***


 「ああ、ここに居たんだ」

小牧が毬江を送り届けて寮に戻ると、堂上と郁は共同ロビーの
ソファに並んで座って話をしていた。

 「あ、小牧教官、お帰りなさい。毬江ちゃんとデート
  だったんですか?」

郁が笑顔で話し掛ける。

 「うん。そう。ホントは荷物があったから一度毬江ちゃんとこっちに
  戻って来てたんだけど。そいで今、毬江ちゃんを送って来たとこ」

 「そうなんですか」

屈託なく郁が応える。

 「でね、夕方に一度こっちに来たとき、毬江ちゃんが堂上と
  笠原さんを見掛けたって」

 「えっ?」

途端、郁が固まった。

堂上を窺うと、こちらも肩がピクリと動いた。

 「あの...どこで?」

郁がおそるおそる小牧に尋ねる。

小牧は満面の笑みで 「寮の裏」 と答えた。

郁の顔が真っ赤に染まった。

堂上の耳も赤くなっている。

 「どっ、堂上教官がいきなりあんなことするからっ!」

郁は両手で顔を隠した。

 「今度、毬江ちゃんに会った時、どっ、どんな顔すればっ!」

郁が恨めしげに堂上を見やると

 「お前があんまり可愛いことを言うからだ」

と、そっぽを向いた。

 「あ、あたしが悪いんですかっ? あたしが悪いって言うんですかっ!」

耳は相変わらず真っ赤だが、視線を逃がしたまま合わせない堂上に

 「もう、もう、知りませんっ!」

捨て台詞を残して郁は女子寮に走り去ってしまった。

残された堂上はため息をつくと小牧を睨んだ。

 「お前、そんなことを言うためにわざわざ俺たちを探してたのか?」

 「いや~、毬江ちゃんがさ
  
  『 今度、堂上さんと笠原さんに会った時、どんな顔して良いか
    分からない。 変な態度を取ってしまったらどうしよう 』

  なんて、可愛いこと言うから...」

小牧は凶悪な笑顔を堂上に向けた。

 「これはいっそ、お前と笠原さんの方に挙動不審になって
  もらおうかと」

 「お前、自分の彼女の為なら手段選ばないよな...」

苦々しく言う堂上に、

 「あれ、知らなかった?」

小牧のその笑顔はいっそ清々しいほどだった。


 ☆ ほほほ。郁ちゃんは堂上サンに何を言ったんでしょう?
    バカップル注意報、発令中。(笑)


スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

頬緩みっぱなしで読みました(笑)
郁は堂上教官になんて言ったんだろう。
それよりも 小牧教官怖い(笑)

えーーーー!(^^)!なんていったんですか?知りたい。女朴念仁の私にも教えてください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP