図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「借りぐらしのアリエッティ」ネタバレ感想

先日、金曜ロードショーで放映された 「借りぐらしのアリエッティ」 を
観ました。

リアルで見ていてもどーせ途中で寝ちゃうだろーなーと思って録画
したんですが、「HDDがいっぱいです」 のエラーが!(笑)

てなワケで私にしてはめずらしく、録画してすぐに観ちゃいましたよん。
(...てか、今観なきゃ数年観ないかも知んないしー)(笑)

ちょろっと語ってますvvv


「借りぐらしのアリエッティ」 ネタバレ感想


割と最近に劇場公開された作品だと思っていましたが、もう地上波で
やるんですねえ。(公開されたのって確か昨年の夏でしたよね?)

私がジブリ映画を映画館で観なくなって結構経ちますが、このTV
放映の早さも (ちょっとだけ) 一因かもです。

「どーせTV放送されるしー。そのときで良っか!」 って、思っちゃうん
ですよー(笑)

それにしても相変わらず、ジブリ映画は声優さんを使いませんよね。

別に専門の声優さんでなくても上手ければ全然構わないのですが...

やっぱ有名な俳優さんがアテられていると、どうしてもアタマにお顔が
浮かんでしまうのですワ。

目はアニメ絵を見ていて、頭は俳優さんのお顔が浮かんでいるという
状態は、何だか落ち着かないカンジがします。(笑)

でもまあ、今回も主役級の俳優さんばっかりですね。
これだけの豪華キャストでしたら、スペシャルドラマが出来そうです。(笑)

さて。

「借りぐらしのアリエッティ」 ですが、ウチの下の姪っ子が言って
いました。

「借りて返さないのなら "借りぐらし" じゃなくて "貰いぐらし" でしょ?」
と。

うんまあ、そうですよね。(笑)
作品中でもハルさんに "泥棒小人" って言われていますしね。

小人が必要なものを必要なだけ貰って行っても人間にとっては全然
大したコトはないでしょうが...

アリエッティ達が、当然のように貰っていく様子にはやっぱりちょっとだけ
違和感を感じました。

ぢつわ私は最初 "借りに行く" を "狩りに行く" と思ってたんですよ。(笑)


映画の前に放送された 「オススメ その1 」の 「うつくしい背景」 は、
ホントそうですね!

ジブリ映画は "自然" を描かせたらもうピカイチだと思います。

それに室内の描写も、画面の隅から隅まで細かく神経が行き届いて
いて、隙ナシという感じです。

それにアリエッティの躍動感溢れる動きも素晴らしかったです。
アリちゃん、ビジュアルも可愛いしvvv
(でも、あんまり両親に似てナイですよね?)

私は、アリエッティは髪を下ろしているほうが好みですが、あの髪留め
代わりの洗濯ばさみ?は効いていたと思います。

あと、水の描写が面白くて...丸っこいというか、とろみ感が有って
片栗粉を混ぜているみたいです。(笑)

そんで肝心の内容ですが、結構な突っ込みドコロが!(笑)

夜とはいえ家人に見つからないようにこっそり "借り" に行くのに、
赤いワンピは無かろう、とか。(笑)

ハルさんってば、心臓の悪い翔の部屋に外から鍵を掛けるなんて、
何か有ったらどーするつもりなんだか!とか。
(それにあの部屋、トイレ有ったっけ?)

あと良く分らなかったのが、何でアリエッティ達の家の場所を翔が
知っていたのかということです。

イキナリ、でしたよね?
翔がキッチンをドールハウスのと取り替えたのは。

偶然見つけたのでは無いのは明らかですし。
(小人のことは母から聞いたとは言ってましたけど)

そんで翔君がバールを仕舞い忘れたせいでハルさんにバレちゃってー
(ちゃんと後片付けは、せないかんよ!)(笑)

ハルさんはまるで、面白いオモチャを見つけたときの子どものようです。
人間と同じ姿で、しかも人間と同じ言葉を話す小人を昆虫と同じ扱い。

それに普通、そんな執着していたものが手に入って隠すとしたら自室に
隠しませんかね?

翔が小人に絡んでいると分っているのに。

それにアリエッティと翔の関係もねえ...

アリエッティと翔の別れは "今生の別れ" だったのに、私は全然ココロが
動きませんでした。

それは翔とアリエッティの関わりが浅くしか描かれていなかったからだと
思うのです。

前評判を聞いていたときはもっと、小人の少女と病弱な少年の心の交流
が描かれているのだと思っていましたから。

せっかく出て来た同族の少年スピラーも、もっとアリエッティと絡ませても
良かったのにー

三角関係とまでは言いませんが、スピラーは狂言回しにもなってナイと
思いました。

手術を控えた孤独な少年の、ちょっとした冒険。

ハルさんを出し抜いてお母さんを助けるところはきっと、ワクワクしたこと
でしょうね。翔は。

対して、アリエッティ達は引越しを余儀なくされたというのに。

そんでアリエッティが狭い世界しか知らないと分っていて "滅び行く
種族" とか、にっこり笑って残酷なことを良く言うなあ、と。

そんな荒んだ少年が生きる希望を見出す、という物語だったのでしょう
けども。

「アリエッティ、君は僕の心臓の一部だ」 って、そこまで思い入れるような
エピソードって有ったかな?って思いました。


以前のジブリ映画では忘れられない場面やセリフがたくさん有りました。

「ナウシカ」 での、アスベルを助けたときの蟲たちとの空中戦。
「ラピュタ」 での、ドーラの「すり抜けながら掻っ攫いな!」のセリフ。
「魔女の宅急便」 での、間一髪でキキがとんぼをキャッチしたシーン。
「耳をすませば」 での、朝焼けの中での聖司のプロポーズ。
「となりのトトロ」 での、ねこバスでメイを迎えに行くサツキ。 など。

映画を見返さなくても、どんどん出て来ます。(笑)

う~ん。私がジブリ映画を映画館に観に行かなくなったイチバンの原因
は、やっぱコレですかね。

琴線に、あんまり触れなくなっちゃったようです。

最後に、アリエッティの翔クンにヒトコト。

相手はこっそり暮らしているのだから、知らないフリしてあげるのが粋
だと思いますよー(笑)

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP