FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「うさぎドロップ」ネタバレ感想&SSS

ちょっくら読む機会が有りましてーvvv
「宇仁田ゆみ」 著の 「うさぎドロップ」 全9巻、読了しました!

コレ、アニメにもなってるし映画にもなってるんですねー

映画公開は知っていたんですけど、そのときに読んでいたら
観に行ってたのになあ~ 残念!

そんで番外編も有ると聞いて調べてみたら 「FEEL YOUNG」 に
連載されているそうで。

んで、公式サイトに行ってみたら今発売中の1月号に最終話が
載っているとのことです。あやや~

この休みが終わったら本屋さんでチェックしてみようと思います♪
("この休み" つっても、明日から出勤ですけどねー)(笑)

あ、ラストにおまけのSSS付けてますvvv


「うさぎドロップ」 ネタバレ感想&SSS

私がこの作品に興味を持ったキッカケは 「氷野」 のナツさんがどっぷり
ハマっていらしたからです。(笑)

ぢつわ私も、マンガを新規開拓するときの第1ポイントはやっぱ "絵"
なんですよねー

で、この 「うさぎドロップ」 の絵は、正直言って好みの分かれる絵だと
思いました。

シンプルで、少女マンガにしてはイマイチ色気が少ないとゆーか...
(まあ、そこが良いと思われる方もいらっしゃるでしょうけど)

私には、原作よりナツさんの描かれたりんちゃんの方が可愛くて艶が
有って魅力的に見えましたもんねー

でもでも、とっても面白かったです!

なんつってもね、この作品を読了してまず最初に私が思ったコトは
「こりゃ、萌えるな...」 でしたから!(笑)

もうもう、"萌え" の要素が満載なんです!

ちなみにこの 「うさぎドロップ」 は1巻~4巻までの第1部と、5巻~9巻
までの第2部の、2部構成になっています。

第1部は30歳独身のダイキチが祖父の葬式で、その祖父の6歳の
かくし子 "りん"を引き取って子育てに奮闘する毎日を描いています。

苦手な "子ども" で、しかもこれ又苦手な "オンナノコ"。
当然ながら子育ての経験など有るハズも無く。

そんなダイキチがりんを引き取って、悩みながらも愛情をいっぱい
注いで育てているところがもう、微笑ましくてーvvv

あまり喋らず、無表情なりん。
大人から 「可愛げが無い」 と言われていたりん。

そんなりんが、ダイキチやダイキチの家族に少しずつ懐いていく様子は
見ているこっちが嬉しくなっちゃいます。

そして、りんを育てることで自分の足が地に着いて行くのを実感する
ダイキチ。

今まで見えていなかったことが見えて来る。
シングルで子どもを育てることがどんなに大変か。

不器用なオトコの、子育て奮戦記。
ココで一つの "萌え" が...(笑)

そして第2部はその10年後。

16歳に成長したりんと、相変わらず独身でりんを大事に守り育てて
いるダイキチ。

ここからは、りんとダイキチのそれぞれの恋愛が描かれます。

りんは保育園から姉弟のように一緒に育ったコウキに好きだと
言われますが、イマイチ本気になれない。

何故なら、中学時代にコウキの女グセの悪さのせいで元カノに
いやがらせをされたから。

まあ、りんの中にコウキを好きという気持ちも確かに有ったみたい
なんですけどね。

そしてダイキチは、シングルマザーである美人で優しいコウキの
母と良い雰囲気にvvv

とゆってもこの二人、りんとコウキが保育園の頃からお互いに好意は
持っていたんですけども。(あれから10年、気の長い...)(笑)

私はね、ずっとこの作品は行き場の無い女の子と、その彼女を引き
取って育てた男の "年の差カップル" ものだと思ってたんですよー

まあ、源氏物語を引き合いに出さなくても、古今東西ひとつの王道
だと思いますからねvvv

でも、りんにもダイキチにもそれぞれ好きな人が居るし。

第一、この二人の間にはお互いを大事に想う気持ちは有るけれど、
恋愛感情は全然見当たらないですもん。

あらら。
こりゃホントに子育てモノで終わるのかーと思っていた矢先に!

元カノと妊娠騒動を起こしたコウキ。

コウキは大事な人に変わりは無いけれど、キッパリと恋愛対象から
外したりん。

この辺りから、りんの想いはダイキチに向かってゆきます。

う~ん。りんにとっては必要なプロセスだったのかも知れませんが
コウキの元カノとのアレコレよりもダイキチを異性として意識していく
その過程をもっと見たかったです。

悩むりんの相談先は、実母の正子へ。

いかにも "愛情を知らずに育ちました" ってカンジの、りんの生みの
母・正子。

彼女はマンガ家で、仕事の為にりんを捨てたのにアシスタントで有る
今の夫との子を出産し、今度は自分で育てている。

そんな母に反発するでもない、りん。

多分ね、今りんが自分を幸せだと感じているからこそ、自分を捨てた
母にこだわりが無いのだと思います。

そして正子によって明かされる事実。

りんがダイキチの祖父の実子では無い、すなわちダイキチとりんには
血縁関係は無いということ。

私がこのどんでん返しに一番ビックリしたのは、実はダイキチはりんが
保育園児の頃からこのことを知っていた、ということです。

出来ればダイキチはコレを知らないでりんを育てて欲しかったなーって
思いました。

そうしたら、叔母と甥とは結婚出来ないので、ダイキチがりんに対して
下心が全く存在しないという証になるのになって!

まあ、小学校入学時にダイキチがりんを自分の養子にしようとした
時点で、そんなものはナイと分かってはいますけども。

(民法によると、血縁関係は無くても一度親子関係を結んだら離縁
 しても結婚出来ないそうですから)

「"それ" は 俺にとって 一番残酷なことだ」

りんの自分へ想いをそう言い切ったダイキチ。

本当に娘として大事に育てて来たのに、その娘から求愛される。
父としてではなく、男として意識されていた。

そらもう、フクザツでしょうとも!(笑)

そして、りんの決心。

「...ダイキチのこと、好きでも良いんだね」

進退窮まったダイキチの、絞り出した提案は...
「せめて2年...卒業するまで待ってくれ」

いや~、分かるなあ。この提案をしたダイキチの気持ちー
いくら何でも16歳の高校生じゃねえ。(笑)

きっとダイキチは、その間にりんの気持ちが変わることを期待
したんでしょうけどね。

そして卒業式の日の夜。

まあ当然ながら、りんの想いの先がダイキチから離れて居るワケも
無く。

まあねえ。

ダイキチにとってりんはもう、娘であろうが無かろうが "失えない存在"
になっちゃってるんですからねーvvv

「じゃ...結婚 しよっか...」

のダイキチの言葉にコクコクとうなずく、りん。

でも続いたダイキチの言葉は

「いずれ」 (笑)

あはは!コレも分かる~ せめて自分の意志で結婚できる20歳
までは待ちたいトコロですよね。

でも、りんがダイキチの子どもを産みたいと言っている以上、そんなに
待てないかもー(笑)

これから先、ダイキチは周囲に対してヒジョーに気まずい思いをする
でしょうけど、本人同士がシアワセならそれでOKvvv

世間には24歳差のカップルなんていくらでも居るでしょうからねー
(いや "いくらでも" は居ないかも?ですが居ないこたー無いでしょう!)

ああ、この後が読みたーい!

でも、番外編は "その後" の話じゃナイらしいんですよねー
え~ん。残念だなあ。(涙)


それでは、おまけのSSSです。

りんの卒業式前夜のお話で、がっつりダイキチ目線ですvvv
(最近ね "揺れる男ゴコロ" にハマっております!)(笑)


 『せめて2年...卒業するまで待ってくれ』

りんの想いを受け止めきれず、猶予を貰った2年がもうすぐ終わる。


 「りん、悪い。やっぱり明日は会社、休めそうに無い」

明日はりんの卒業式で、出来れば出席したいと思っていた。

申し訳無さそうに言うダイキチに、りんが手を振った。

 「良いよぉ。気にしなくて。麗奈のとこもコウキのとこも来れない
  そうだから...でも」

りんがダイキチの目を捕らえてにっこり笑う。

 「仕事が終わったら真っ直ぐ帰って来てね」

 「あっ、ああ。分かった...」

りんの意味深な笑顔に何だかロック・オンされたような気分になる。

そのカオは "明日来る" と、ダイキチに予感させた。

やっぱり、2年前のあの約束はりんの中で生きていたのか...

そう思うと肩がどっかりと落ちる。

りんは 「今まで通りにしてくれ」 というダイキチの希望通りに振舞って
いるように見えた。

けれど、その行動や言葉の端々に動揺してしまうのはこちらの意識の
問題だろうか。


最近はほとんどりんが食事を作ってくれていたが、りんの受験のときは
ダイキチも台所に立つ回数が増えた。

ある休日、シンクの前に立って料理をしているといきなり、りんに
後ろから抱きつかれた。

 「俺、包丁使ってんだぞっ!危ないだろうがっ!」

振り返ると、頬を染めたりんがダイキチの胴に手を回したまま見上げて
いた。

 「ごめん。ダイキチの料理する背中がカッコ良くて思わず...」

 「バッ、バカかっ!」

何でお前はそういうことをっ!

こっちの顔が赤くなりそうになって思わず怒鳴ってしまう。

 「もうすぐメシが出来るからっ、大人しく勉強してろっ!」

 「はーい」

りんはダイキチから腕を解くと、自分の部屋に引っ込んだ。

それを目の端で確認して、ダイキチは思わずため息をついた。

りんが自分を男として見ているのは知っている。

だからこういうとき、どう返して良いか分からない。

それでもりんを失うことは出来ない自分を、ダイキチは自覚していた。


そんな風にして2年が過ぎ、明日が約束の日だ。

 「ごはん作って待ってるからね」

りんに笑顔で念を押されて、ダイキチはとうとう観念するしか無くなった。


 ☆ 猶予期間の2年、きっとりんちゃんはガンバってダイキチに
    アピールしていたんだと思います。(笑)
    そんでダイキチはそれに振り回されてたんだろうなーって!(笑)

スポンサーサイト



<< 拍手のお返事 | ホーム | 新年のご挨拶vvv >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP