FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「赤髪の白雪姫」(LaLa2月号)感想&SSS

ホントはねー、LaLa1月号でも 「赤髪の白雪姫」 のネタバレ感想を
書きたかったんですよー

でも、12月は仕事がすんごい忙しくて余裕が...(涙)

1月号と2月号は内容が続いていますので、1月号の内容にも
触れておりますです。はい。

それから、ラストにSSSをおまけしてますvvv


「赤髪の白雪姫」(LaLa2月号)感想&SSS


今回は隣国・タンバルンの使者がクラリネスにやって来たことに
端を発します。

その使者とは、元野盗の巳早とラジ王子の側近・サカキでした。

ラジ王子より "王家の友人" の称号を正式に贈られた白雪。

そんな白雪に投げられたイザナ王子の言葉。

「あなたがゼンと どうありたいと思っているか 俺は一度も聞かされた
 ことがないな」

白雪は 「ゼンのそばにいて 力になりたい」 と思っていましたが、それが
具体的にどういうことなのか、ピンと来ていなかったようです。

ゼンの方はすでに 「白雪を妃に」 と気持ちを定めていますけどね。

そして、白雪の決心。

夜明け前、オビを介してやって来たゼンに精一杯の告白をvvv

「ゼン王子の隣に立ちたい」

赤い顔をして俯いたまま自分の気持ちを伝えようとする白雪に、ゼンの
リミッターが振り切れます。(笑)

白雪を抱きしめて、唇を重ねるゼン。

「この先は 俺から告げたい」

と、ココまでが先月号の内容です。
そんでココからが今月号です。

キスに腰を抜かして座り込む白雪さん!
ゼンくんキミ、一体どんなキスをしたんかね?(笑)

ゼンってば、唇へのキスの前に白雪の首筋にキスしてんですよねー

コレ、キスマーク付いたよね?
マーキングしてんのかな?

...って思った。ぢつわ。(笑)

立てない白雪をお姫さま抱っこしたまま衛兵達の目をかいくぐり、
部屋を目指すゼン。

やっぱ "続き" をするつもりなんだろうなあ。(笑)

その頃、オビはゼンの部屋に。

う~ん。自分がお膳立てしたとは言え、心配なんでしょうね。

オビの白雪に対する気持ちはちょっと複雑なんで、どっちをどう
心配していたのかは不明ですけども。

ようやっと部屋に白雪と二人きりになれたゼン。
けれど 「椅子も寝台もあるし」 とポロリ零してしまい、要らん言い訳を!

白雪が "寝台" という言葉に全く反応していない以上、墓穴堀り
でしたね。(笑)

白雪の告白を受け入れたゼン。

そして 「待っててくれ」 と。
「いずれ ちゃんとした言葉で 必ず俺から告げる」 と。

プロポーズの予告だね!!!(笑)

薬室に戻る白雪を見送るゼンは、もう白雪にめろめろ~(笑)

ゼンは割りと白雪の前では余裕ぶっこいてますが、こんな顔を白雪が
見たらきっと嬉しいでしょうねー

途中、サカキと出会った白雪はラジ王子からの手紙を渡されます。

"称号" は、王族とつながりを持つには身軽過ぎる白雪の為に、
盾として贈ったものであると。

ラジ王子は白雪とゼンの関係を知っていますからね。

そして、薄々察しているらしい巳早にも 「爵位が必要になったら
シスク家の養子にしてやるから」 と。

(ちなみに巳早はタンバルン編で情報提供と引き換えに褒美(爵位)
を貰ったそうです)

やっぱ、ゼンと白雪のネックはそこ(身分)ですもんねえ。

でも、白雪の出自なら何とかなりそうな気もするんですけど。
(LaLaDX9月号の第26話のネタバレになるので書きませんが)

第一、ゼンは第二王子で将来国王になるわけでは有りませんし、
当然ながらその妃は王妃にはならないワケですからねー

イザナ王子が国王になったら、その次の国王はイザナの子どもで
有って、ゼンは傍流です。

たとえ民間からお妃を貰っても、そんなに深刻な問題は無さそうな
気がするんですけども。

(しかも白雪は働く女性だし!国民には喜ばれそーだ!)(笑)

まあ最も、この作品世界の中では禁忌なのかも知れませんしね。

巳早の言うように養子になって済む話なら、もっと爵位の上の人が
白雪を養子にしたがるでしょう。きっと。

それはさておき。

サカキを見送りに出たゼン一行と白雪は土砂降りに見舞われます。
もう、全員がびしょ濡れ!

「やまないなら 今日はどこかに泊まるしかないな...いいか?
 それでも」

ゼンに問われて 「うん」 と即答する白雪。

今回はココでおしまい!

"不意の外泊" つってもみんなと一緒なんだしー、宿に泊まるにしても
どーせ白雪と同室になるのは女性の木々でしょうしね。(笑)

でもやっぱり、次回が楽しみですvvv


3月5日には 「赤髪の白雪姫」 の7巻が発売だそうです。
ああ、コレで第26話のネタバレが書ける~(笑)

そして読切集 「ヴァーリアの花婿」 も同時発売になるそうです。


それではおまけのSSSです。

ゼンが白雪を部屋に連れ込んで(笑)プロポーズ予告をした後、薬室に
戻る白雪を見送るまでの間です。


 「もっ、もうそろそろ、薬室に行かないと...」

白雪はあえぐように言葉を出したが、ゼンの行動は止まりそうにない。

右頬にキスされた後、今度は左の頬にキスされた。

そして唇を重ねられる。

すでに白雪の身体からは力が抜けているが、そんなことはお構いなし
とばかりにゼンのキスは首筋に移る。

さっきは腰を抜かした白雪も今は座っている。
よって、ゼンの手から逃れる術はない。

 「...すまん。止まらない」

 「とっ、止まらないって!」

耳元で囁かれて、白雪の赤かった顔はもっと赤くなった。

そんな白雪を見たゼンが、いきなり笑い出した。

 「おまえ、その顔!」

笑うゼンを呆然と見ていた白雪だったが、ふと思いついたように
キッとゼンを睨みつけた。

 「ゼンっ!今、私をからかったでしょう!」

 「くくく...わっ、悪かった...」

ゼンは白雪の髪をなでながら謝ったが、顔が笑っているので白雪は
ふくれっ面になった。

 「もう!私、薬室に行くからねっ!」

そう宣言すると白雪が椅子から立ち上がった。

ゼンは最後にもう一度白雪に軽くキスをして、その瞳を覗き込んだ。

 「またな」

ふくれっ面だった白雪が笑顔になる。

手を振って薬室に向かう白雪を見送るゼンが 「危なかった...」 と
内心思っていることは、モチロン白雪の与り知らぬことだった。


 ☆ 「LOVE & WAR」 のページを探している途中でゼンと白雪のいちゃ
    いちゃシーンを見てしまい、思わず手が止まってしまったのは私
    です。(笑)
 
スポンサーサイト



<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP