図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「花とゆめ」3・4号 ネタバレ感想

「花とゆめ」 3号&4号のネタバレ感想でございますvvv

3号のを書き損ねていましたので、今回は合併号(笑)にしちゃい
ました。(笑)

今日は私、家から一歩も出ることなく、録りまくっていた新ドラマや
アニメを見ていました。

ああ、そろそろ続けて見るドラマを絞らねば!
(義姉が録ってたのも3作品見ちゃったよー)

でも、義姉と一緒にドラマを見ると倍速で見るんでセリフが聞き取り
難いんですよねー(涙)

最近はね、姪っ子達も倍速で見てるんですよー
なんつーか、変わってますよね?(笑)

それでは 「花とゆめ」 3・4号のネタバレ感想です。


「花とゆめ」 3・4号 ネタバレ感想


「スキップ・ビート!」

う~ん。スキビ連載10周年ですかー
何だかホント、あっとゆーまでしたねえ。

私の中で "演劇少女マンガ" というと、ずーっと 「ガラスの仮面」
でしたが、今やスキビの方がそれっぽいです。(笑)

(いやいや 「ガラスの仮面」 もまだ続いてますけどー)(笑)

で、3号の 「黒の息吹 ACT.184」 ですが...

何だかどんどん 「カイン・ヒール」 というより 「B.J」 に引きずられて
行ってるようですねー。蓮サマってば!

村雨クンを殺しかけて、又キョーコの声で我に返れたようですが、
この始末をどう着けるんでしょうね?

村雨クンが踏んだ地雷は大体想像が付きますが、だからと言って
ここまでやっちゃあ、マズかろうですよー

でも案外、このままフツーに撮影は進むのかも?とも、思います。

カインが街のチンピラ達とバトルをしたときも、その後の始末は
スルーでしたから。

"カイン=蓮"と知っているのは監督を含めごく少人数です。

このまま誰にもバレず、最後まで正体を明かさないのなら、蓮の
名に傷が付くコトも無く、OKなのかな?

着地点は蓮が暗い過去を克服するトコロでしょうけども、それに
キョーコがどう関わり、どんな関係になるのか、楽しみですvvv


「LOVE SO LIFE」

4号は休載でしたので3号分をvvv

ああ...松永さん、とうとうヤッておしまいになったのね...(笑)
(なんつって、詩春を抱きしめただけですけどー)(笑)

あの常識人で理性的な松永さんの "タガ" が外れちゃったんです
から、こりゃ一大事ですよね。(笑)

でも、目の前であんな風に切なく泣かれたら、そりゃ抱きしめたくも
なるってもんです。

そんで双子達が乱入してきて、思わずとっさに離れちゃうのも
お約束でございます!(笑)

ようやく松永さんに恋している自分を自覚した詩春ちゃんvvv

この抱擁シーンは詩春視点なので、松永さんがどんな風に思って
詩春を抱きしめたのか、知りたいトコロです。

まあ、最もこの後、松永さんはきっと自己嫌悪でのたうち回るん
でしょうねー(笑)


「暁のヨナ」

3・4号は内容はシリアスなんですけど、ちょこちょことコメディ・タッチ
なところが有って、こういうトコが "らしく" て好きですvvv

(私は 「NGライフ」 がすっごい好きなんですよん♪)

『暗黒龍とゆかいな腹へり達』
ヨナ御一行サマのネーミングがステキ!(笑)

同じ四龍でも大事にされて来た白龍のキジャと違って、迫害されて
育った青龍のシンア。

そんなシンアにとって自分を必要としてくれるヨナは、四龍の誰よりも
心の拠り所だったはずです。

次回、ヨナを傷つけられて怒り、自ら封印していた眼の力を開放して
しまうんでしょうね。

でもきっと大丈夫vvv
ヨナの愛はでっかいから!(笑)


「俺様ティーチャー」

相変わらす、少女マンガなのに "ラブ" がナイですねえ。(笑)
(でも、何でか結構好きなのだー)(笑)

攫われた野々口歌音を助けるために黄山高校に乗り込んだ真冬達
風紀部と、その為に新規入部した桶川サン。

早坂くんも、由井クンも、桶川サンも、みーんなイイ男vvv
オトコ嫌いの歌音ちゃんに教えてあげたいです。(笑)

でも、イチバンはやっぱ "夏男" ですよねー♪

夏男の中に王子様を見て、トラウマから解放された歌音。

んんん。でもねえ、もし歌音が夏男が実は真冬(女の子)だと知って
しまったら、オトコ嫌いが返って悪化しないですかね?(笑)

しっかし黄山の番長、野上健斗は一体何をしたいんでしょうね?

歌音が好きだったクセに、歌音のオトコ嫌いのトラウマを作った
張本人の野上。

きっと歌音の祖父の道場に通って、ずっと見ていたんでしょうけども。
名前すら歌音に忘れ去られてて、そんで逆上しちゃってー

自分以外の男に歌音が救われて行くのがそんなに気に入らなかった
のかな?

もう小学生じゃないのですから、他のやり方が有るでしょうに。

う~ん。"揺れる男ゴコロ" は好きですが "ひねくれた男ゴコロ" は
ヤですね。やっぱ。


「ぽちゃまに」

きっと来ると思ってました!「続編」 vvv

ますます "残念なイケメン" に拍車が掛かっている田上クン♪
前回同様、可愛いお話でした。


そろそろチカラ尽きましたのでこの辺で!(笑)

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP