図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

大したコトではナイ話。

いやいや~ ホントに大した話ではナイのですが...

ぢつわ、ウチの母は月に1~2回ほど病院に通っておりまして。

父が車で送って行くのですが、母の行きつけの病院と私の職場が
近いので(そのときだけは)ついで私も送って貰っているのですわ。

そんで今日も母を下ろしたあと、私の職場に回ってくれたんですが
後部座席に座っていた私はちょっとウトウトしてたんですよねー

そしたらイキナリ 「ガツン」 という衝撃が有りまして、何かにどっかを
ぶつけたか!と覚醒した私の目に入ったのは...

まるで、フリスビーの如く宙を飛ぶホイールでした。

どうやら父が左側の歩道の縁石にタイヤをぶつけたようで、その衝撃で
ホイールが飛んだようです。

いやもう、一瞬で目が覚めましたねー

たまたま近くで水道管工事をしておりまして、掘削機?などがまとめて
置いてある辺りに落ちたのを目の端で確認しました。

そんで私が 「ホイールが飛んだっ!」 と叫ぶと、父は即座に 「拾って
来い!」 とな!

言われ無くても行くってばよっ!

この車は、半分は私のなんだからっ!
(父と5:5の出資率で買ったモンですから)

幸い、赤信号で止まっている間に(ホイールを)拾って車に戻れましたが
「何だ、外れただけか」 って、"だけ" じゃナイでしょーよ!

もし人に当たってたらどーすんだ!

家に帰ったらしれっとホイールは元に戻っていて、兄や義姉に訊いたら
誰もこのことを知らなかったんですよっ!

モチロン、暴露してやりましたとも!(笑)

ウチの父はねー、車に傷を付けても絶対私には言わないのだっ!
幸い(この件に関しては)私のココロが広いから良いケドさ。
                      ↑
                  (大雑把とも言う)(笑)

そういえば最近、もうひとつトシヨリに振り回されたコトが!
チカラ尽きたので次回に!


P.S. きてぃさん、よろしかったらメールアドレスをお知らせ
     下さいませvvv

スポンサーサイト

<< KADOKAWA CHARACTERS NOVEL ACT2 ノベルアクト2 | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(コミック9巻)感想 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP