図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

図書館戦争LOVE&WAR(LaLa7月号)感想

土曜日の午後は車を走らせ3件のファミマに行ってみましたが...
全滅でした(涙)

日東紅茶はね、有るんですよ。
でも、ソレが図書館紅茶じゃナイんですよねえ。(涙)

今日も回ってみようかと思っていたのですが、ちょっとお腹を
こわしちゃってー(涙)

も少し、ガンバってみようと思ってマスvvv

それでは!

LaLa7月号の 図書館戦争LOVE&WAR ネタバレ感想、
行きますvvv

ちなみに 「図書館戦争シリーズ」 に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにSSSをおまけしてますvvv


図書館戦争LOVE&WAR(LaLa7月号)感想


今回は本編に行く前に、コレを語らねばなりますまい!(笑)

「図書館戦争」 お仕事インタビュー...それは!

緊急特別インタビュー 「図書隊の仕事に迫る!! 堂上 篤 」の、
グラビアページです!(笑)

このページを見たとき私、思わず 「コレかっ!」 と叫んでいましたよ。
(笑)

早売りをゲットしたメル友やポンコさんから、メールを貰っていたん
ですよねーvvv

折口さんが堂上サンにインタビューをしている体裁なんですが、ナニが
スゴイって1ページ丸まる堂上サンのカラーイラストなんですよっ!

ソレがねー、堂上サンってば、ナゼか風呂上り!(笑)
濡れている髪を肩に掛けている青いタオルで拭いているのですが!

きっとファンの視線は、(多分)第3ボタンまで開けてある胸元に釘付け
でしょうね。(笑)

ちらりと見える胸筋にうっとりしたファンがどんだけ居るコトか!(笑)

インタビューは、最初は 「図書隊」 についてごくごく当たり前のコトを
訊いていましたが...

質問が 「Q4 女性隊員について」 になったらもう、折口さん突っ込む
突っ込む!(笑)

こういうノリの企画は私も好きですよんvvv


さて。 まずは表紙です。
今回は 「巻頭カラー」 なんで、スゴイ楽しみにしてました!

見開き2ページvvv
堂上班 + 玄田隊長 + 柴崎の、主要登場人物のオール出演!

中央最前に戦闘服で片膝をついた中腰の郁ちゃんvvv
ヤル気マンマンの良い表情です。

そして左から堂上サンのアップ、玄田隊長の見返り顔、手塚の横顔、
小牧サンのアップ、そして手塚の小牧サンの間にバストショットの
柴崎。

みんなね、すごーく "らしい" 表情なんですよー
戦闘服のグリーンが基調の、とても素敵なイラストです。


そして本編。

今回もオリジナルなトコロは無かったですが "マンガの良さ" が
十二分に発揮されていたと思います。

スタートは、野々宮ちゃんの同室の井上ちゃんが郁に泣きながら
土下座して謝るシーンからでした。

そんな井上ちゃんの肩に手を置いて、優しく励ます郁ちゃん。

「今回のことは あたしに配慮と覚悟が足りなかったんだよ」

ああ、郁ちゃん強くなったなあ、って思いました。

相手を思いやって優しく出来るのは、自分の感情をコントロール
出来るからですよね。

私もね 「何であそこで自分の感情を抑えて大人の対応が出来な
かったかなー」 って、しょっちゅう思いますもん。


この水戸での10日間。

自分を歓迎してくれた防衛部のみんな。
悪意で嫌がらせをして来た業務部。
認めてくれていた父、初めてぶつかった母。
柴崎の思いやり。
それを嫉妬してしまった自分。

そして――

堂上サンに対する自分の想い...

全ての感情を受け入れて自覚した郁ちゃんには、迷いは無い。

「もう 前だけを 向ける」

決心した郁ちゃんの目の力強さが印象的です。


「誰に とは言わないけど 宣言させてもらう」

朝の食堂での宣戦布告!

「それでも くだらない嫌がらせ したくて仕方ないって奴は その首
 かけてあたしにかかってこい!!」

郁ちゃん、カッコええ!

心配して追い掛けて来た野々宮ちゃんに

「これでまだかかってくる奴がいたらむしろ尊敬する。心から
 敬意を持って潰すわ」

郁ちゃん、自信に満ちた表情vvv

そう!きっとココはこんな顔をしてたんだろうなーと思います。

原作にはセリフだけで、このときの郁の様子は書かれていませんが
文章から想像して郁の表情を描いてるんですね。

私がこんな風に思うのは今 「バグマン。」 を読んでいるせいかしら?(笑)

青い顔をして謝ってくる業務部女子に、柴崎の "氷の微笑" をカマす
郁ちゃん。

「か かさはらさん...v ステキです...v」

ここで完全に野々宮ちゃんには百合の花が咲いたようです。(笑)

その夜、堂上サンに報告する郁ちゃんの携帯には "ももいるか" の
ストラップがvvv

「荒々しく解決したもんだな。男子寮でも話題になってたぞ。
 お前のタンカ」

あはは。でしょうねー(笑)

郁に喧嘩上手の二番手に挙げられて反論する堂上サンと、ちょっと
ばかし仲良く(笑)言い合いをしたけれど。

「一人でよく頑張ったな」

誉められたときの郁ちゃんの(表情の)可愛いこと!
頬を染めて、とても嬉しそうvvv

薄笑いで威嚇したときと同一人物とは思えないです。(笑)


県展まであと二日というとき、近代美術館の淵上館長と県知事との
連名で為された法務省への宣言。

ココで意外だったのは、茨城県知事が女性だったんですよねー

確かに原作では "男性" とは書いてなかったようですが、口調で
男性とばかり思っていました。

あえて女性にしたのは何か意味が有るのかな?

そのニュースを見ているときに鳴る、手塚の携帯。

忍耐をフル稼働して慧サンから情報を得ようとする手塚くん。
ガンバってます!(笑)


そして、いよいよ県展前日。

郁ちゃんと野々宮ちゃんと井上ちゃんの3人の入浴シーンvvv

このお風呂のシーンは原作ではもっと前に出て来ますが、今でも
全然違和感は有りませんよねー

郁が上官の動きに従って最前線を駆け回る伝令役に就くと聞き、
驚く二人。

勢い良く、湯船から上がる郁ちゃん。

そして、次のページには郁ちゃんのセミヌードがっ!(笑)

斜め後方からのショットvvv
肩甲骨から背中にかけてのラインが綺麗です。

胸は控えめに描かれていて、原作通りですネ。(笑)

「あたしは明日 何があっても あの人から離れない」

そう言ったときの郁ちゃんの顔は穏やかで、でも意志の固さが
見えます。

このセリフは、堂上サンを落とした "あの言葉" の伏線になって
ますよねーvvv


いよいよ当日。

「――行くぞ 笠原」

初めて大規模抗争に参加する郁ちゃんを気遣ってか、声を掛ける
堂上サン。

「はい!」

「いい返事だ」

怯えも気後れもない郁の返事に、堂上サンが笑みを浮かべます。

ああ、ここのシーン、スゴク良いなあvvv

"あなたから 離れない"

郁ちゃんの決意。

そして...茨城美術県展 攻防戦――開幕

今回はココでおしまい。次号8月号 (6/23発売) に続く。


でも、その前にvvv

「LOVE & WAR」 の特別編がLaLaDX 7月号(6/8発売)に掲載
されます。

「図書隊の夏はトキメキがいっぱい!?」
「書庫の中で、図書隊の妄想がだだ漏れに...!?」

...って、2つのおしらせページのあおり文句が全然違うんです
けどー(笑)

何はともあれ楽しみですvvv


今号ではニャンコ先生グッズの情報が盛りだくさんでしたvvv

クレーンゲームの景品 「まんぷくぬいぐるみ」 は、見た目いかにも
ふかふかしていてココロがそそられますが...

きっと取れないだろうなあ。(涙)
昔はクレーンゲームは得意だったんですけどねー

あと 「書店限定の一番くじ」 は、すでに地元取り扱い書店は把握して
おりますので、今度こそゲットするつもりですvvv

くじ運の悪いワタクシですのでA賞なんて夢は見ておりませんが(笑)
G賞のストラップが当たると良いな♪

ぢつわ私、携帯での応募は苦手なんですが、ガンバってLaLaの
誌面くじをやってみました。

モチロン?ハズレ~(笑)
でも、ニャンコ先生のオリジナル携帯壁紙をゲットしました。

そんで次号の全サは 「ニャンコ先生もっちりクッション」vvv
私、こーゆーグッズが好きなんですよねー♪(一応実用品!)(笑)

「ニャンコ先生」 と 「黒ニャンコ」 の2コース!
どっちにしようかなあ。

スタンダードに 「ニャンコ先生」 にしたいトコロですが 「黒ニャンコ」
の方が汚れが目立たないしー
    ↑
(ホント、実用的な理由である)(笑)


あと 「青LaLa」 の掲載作品のラインナップ紹介が!

"青春って、なんですか?"

やっぱ 「青」 のテーマは 「青春」 のようですね。

トリコロールLaLa計画が始動!
9/10に 「赤LaLa」 、11/9に 「白LaLa」 が発売予定だそうです。

「白」 は "純愛"でしたが 「赤」 は何でしょうねー
う~ん。 "情熱" とか、かな?


それから今号の映画情報ですが、特にコレと言って目新しい情報は
有りませんでした。

毬江ちゃんの画像と、小牧サンが取り押さえているカッコ良いカットが
追加されていたくらいかな。

あとはグッズのプレゼントvvv 出さなきゃ当たんないですからねえ。
今回は出してみようかな♪


それでは、おまけのSSSです。

とても綺麗だった郁ちゃんのセミヌードネタで1本!(笑)


普段、堂上は女子隊員達のウワサ話に耳を澄ませるなんてことは無い。

そのとき、たまたま直属の部下の名前が耳に入ってしまったのは本当に
偶然だった。

それは、いよいよ明日が県展初日という夜。

これまで実戦から離れていた水戸の隊員には実感の無さと緊張が入り
混じっていたが特殊部隊の面々は全くいつも通りだった。

堂上が風呂上りにロビーに寄ると、もう結構遅い時間の為か人気は
なかった。

缶ビールを買おうと自動販売機にコインを投入したとき、やはり風呂
上りらしい二人の女子隊員がジュースのコーナーにやって来た。

特に気にすることなく堂上が好みの銘柄のビールを探していると、ふと
部下の名前が聞こえた。

 「ああ、やっぱり笠原さんってカッコイイ~」

うっとりとした声で言ったのは眼鏡を掛けた女子隊員で、見覚えの有る
顔だった。

 「野々宮ってばハートマークが飛んでるよー」

笑いながらそう答えた女子隊員も知った顔で、寮内でよく郁と一緒に
居る二人だ。

 「それにカッコイイだけじゃなくて笠原さんの裸、とっても綺麗!
  井上もそう思わない?」

ボタンを押そうとしていた堂上が指が止まった。

 「ちょっ、ちょっと!声が大きいよっ!」

井上が慌てて制したが、野々宮は 「誰も居ないってー」 と笑った。

確かにソファには誰も座って居なかったし、清涼飲料水の自販機の
傍には誰も居なかった。

堂上の居たアルコールの自販機は観葉植物で遮られていたので、
そこに人が居るとは気付かなかったようだ。

固まったまま動けない堂上をよそに、オンナ同士の遠慮のないトーク
は続く。

 「うん、確かに!笠原さんって凄いスタイル良いよねー」

同意を得た野々宮のテンションが上がる。

 「あの腰の細さ!羨ましいなあ。それに背中の線のキレイなコトと
  いったら!」

井上がうんうんと頷いた。

 「胸は小さめだけど、あのモデル体型にはその方が合ってるしね」

 「確かに胸は小ぶりだけどカタチは良いよ!」

断言する野々宮に井上はサスガに呆れた口調だ。

 「あんたって、笠原さんのこと良く見てるのね」

 「だって、自然と目が行っちゃうんだもん。それに笠原さん、
  全然隠さないしー」

二人の女子隊員はお互いジュースを買うと、最後まで堂上の存在に
気付かないまま女子寮に歩み去った。

それからしばらく経って、やっと堂上の金縛りは解けた。

深く大きなため息をついた堂上は、ようやく自販機のボタンを押した。

ゴトンと音を立てて落ちてきたビールを取り出し、男子寮の自分の部屋に
向かう。

けれど途中、プルタブを引き開けて通路の端でイッキに半分まで飲み
上げてしまった。

 「明日、寝不足になったらどうしてくれるんだ...」

それは自分の意識と自覚の問題だと分かってはいたが、ついつい
恨み節が口に出てしまった堂上だった。


 ☆ 堂上サンはプロなので、煩悩は翌日には持ち越さなかったよう
   です。(笑)

スポンサーサイト

<< 予約分通販 終了&一般通販 開始のお知らせ&発送状況のお知らせ | ホーム | 拍手のお返事 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして!

いつもSS楽しく読ませていただいてます。今回も笑いました!
勝手に脳内でセリフ足しました。すみません(笑)

野々宮 「乳○なんかピンクで超きれいだし~」
井上 「キャーなに言ってんの~」
堂上 「……ッ」(鼻血)

これからも素敵なSSたくさん書いてください。また来ます♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP