図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「スキップ・ビート!」ACT.190 ネタバレ感想

「花とゆめ」 15号掲載の 「スキップ・ビート!」 ACT.190 のネタバレ
感想ですvvv

いやあ、書き掛けててすっかり忘れてました。(笑)

「スキビ」 は、先週発売された16号は休載でしたが、8/4発売の
17号に掲載されるそうです。

スゴイ、楽しみです♪


「スキップ・ビート!」 ACT.190 黒の息吹 ネタバレ感想


今回、オープニングはすっごいシリアス!(笑)

蓮サマが、心の奥底に沈めている箱。
鎖で戒めているその箱を、必死で上から押さえつけている。

けれど、今出てきそうな "アイツ" は、いつものヤツとは違う。
もし自由にしてしまったら...あの娘(キョーコ)に向かって牙を剥く。

...って、"アイツ" の正体は単なる "独占欲" だったりしてねー(笑)


表紙はカラーじゃナイですけど見開きで、傷だらけ包帯だらけの、
虚ろな表情のキョーコさん。

と、シリアスなのはココまで!(笑)

CM撮りの打ち合わせの為、次の仕事先に向かおうとする蓮サマと
社さん。

デコメの件で、貴島クンとのことに触れないように気を遣っていた
社さんをよそに、ゴキゲンで飲みに誘ってくる元凶の貴島クン。(笑)

そんで、ナニゆえ貴島クンが蓮サマを飲みに誘ったかとゆーと!

「京子ちゃんの誕生日知ってたら教えてくれない?」

コレだもんねえ。(笑)
社さんの心労はいかばかりか!(笑)

なのに! 

「――確か、12月25日だったと思うけど......?」
なーんて、蓮サマってばサラリと教えちゃうんですよー

でも 「確か」 とか 「だったと思うけど」 とか、ホントはしっかり
覚えているくせに白々しいわ~(笑)

「わりと親しくしてるから」

おおっ!蓮サマ、めずらしく牽制したっ!(笑)

しかーし!

「親しいのは知ってるけど。でも先輩・後輩枠でだろ?」

と、あっさりいなされ、しかも

「デコメもらわないんだし」

と、トドメを刺されてしまう!(笑)

悪気のナイ爽やかな笑顔の貴島クンと、凍死寸前で凍り付いている
社さんと...目の据わった蓮サマ。(笑)

「実は俺、君に嘘をついてた事がある」

キョーコから、デコメどころかメール自体もらったことがない。
そもそもメールアドレスの交換すらしていない。

唐突な蓮のカミングアウトに、当然 「何でまた、そんなウソ?」 という
質問を発する貴島クン。

答え。「...見栄?」(笑)

「折角携帯電話ってアイテム使ってるのに文字で用事を済ませる
 なんて」

「どうせなら、声が聞きたいだろう.........?」

まあまあvvv

「メールじゃなくて、アナタの声が聞きたいのvvv」 って、まるで恋する
オトメのような発言ですね。(笑)

「敦賀君って...もしかして...?京子ちゃんの事――?」

蓮の神々しいスマイルに毒気を抜かれた貴島クンですが...ようやっと
気付いたようです。

一方、蓮サマは...

車中、社さんに対して 「誰も傷付かないでしょう? "そういう事" にして
おけば」 だってー

う~ん。蓮サマってば往生際が悪いなあ。(笑)

「あの娘にはまだ早い。まだ癒えていないはずだと思うから。過去に
 負った深い傷が――...」

尚とのことをゆってんでしょうけども。
思わずね 「保護者かいっ!」 と突っ込んでいましたよー(笑)

キョーコに頼まれたワケでもないのに、言い寄るオトコを追い払っちゃう
蓮サマ。

しかも自分の気持ちは表明せずに "キョーコの為" って、ちょっとズルイ
かな?って思いました。

だって 「合理的」 とかゆってる間は、キョーコを口説こうとしている貴島
クンと同じ土俵に乗ってナイですもん。

「そうだな――...」
「――お前、これからも 男の査定をしてあげろよ」

話を合わせて来た社さんに 「そのつもりです」 と、即答する蓮。

いつもと違う蓮が "ついに本気になった" のではなく、精神的に
不安定になっていると見抜く社さん。

サスガ!鋭いですねーvvv

これまではキョーコがストッパーだった。
体当たりで暴走を食い止めてくれていた。

けれど、その感情の向かう先がキョーコなら...ストップを掛けて
くれるものは無い。

嫉妬のあまり気持ちの制御が効かず、大事なハズのキョーコを
傷付けてしまうかも知れませんね。蓮サマ。

そして、蓮と社さんの行先は...モチロンTMBだったりします。(笑)

その頃、ほくほく定食を食べてうっとり至福のキョーコさんですが、
ナゼか未だに尚の車の中だったりします。(笑)

「ほくほく食堂で降ろせ」 って言ってたのに、食後又尚の車に乗ってる
ってコトは、キョーコが定食を食べ終わるまで待ってたのかな?

カッコつけの尚が、大衆食堂で一緒に食べるとは思えないしー

車中で食べてる高菜むすびって、運転手さん?(笑)に買いに
行かせたんでしょうしー

そして、車はTMBの駐車場へ。

ちょーど正にそのとき!

尚と並んで後部座席に座っていたキョーコは、駐車して車を降りた
蓮サマとバッチリ目が合ってしまう!

その瞬間のね、蓮サマとキョーコの顔が面白いのだ~(笑)

二人とも、驚いてはいる!

能面のように表情を変えない蓮サマはちとコワイ!(笑)
キョーコの方は三白眼になっちゃてるし~

で! こんな緊迫した場面で終わりなんですよー
思わず 「ココで?ココで終わるのっ?!」 と叫んでいました。(笑)

蓮サマ、ただでさえタガが外れそうなのにねえ。

貴島クンが相手ならまだ冷静に対処出来たでしょうけども。
(キョーコが貴島クンに気が無いのが分かっているから)

尚が相手ではナニが起こるか!

それが負の気持ちで有っても、尚はキョーコのココロを鷲づかみに
しているのですから。

早く続きが読みたいですvvv

スポンサーサイト

<< 拍手のお返事 | ホーム | 最近のはまりモノvvv >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP