FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「スキップ・ビート!」ACT.194 ネタバレ感想

「花とゆめ」 23号掲載の 「スキップ・ビート!」 ACT.194のネタバレ
感想ですvvv

前回ネタバレ感想を書いたのが ACT.191でしたので、間に2号
空いちゃいましたよー(涙)

とゆーワケで ACT.192・ACT.193 にも、さらーっと触れております。


「スキップ・ビート!」ACT.194  黒の息吹 ネタバレ感想


最近の 「スキビ」 は1号おきの掲載パターンになってますねー。

私としては、無理をして毎号掲載しようとされるより(定期的に読める)
こちらの方が有り難いです。

だってねえ、続けて休載されたりとか原稿が白かったりすると 「大丈夫
かな?」 って心配になりますもん!

まあモチロン、毎号読めたらそれはもうシアワセですけども。


さて。

尚と一緒に車に乗っているトコロを蓮に目撃されてしまったキョーコ。
彼の心中を思うと、空恐ろしい気がしますわ。(笑)

モチロン速攻で釈明の留守録を入れたキョーコだけど、全く音沙汰
ナシの蓮!

ああ、生殺し...(涙)

一方蓮の方は "穏和な敦賀君" の仮面が剥がれかけて、とうとう
仕事相手にまで悟られそうな事態に。

「やる事やりつくしたから今穏やか説」

今までは社さんと二人で居るとき限定だったのに、「クオン」 の顔を
抑え切れなかったのは...

「間違っても アンタに惚れる様なバカな真似だけはしないってさ」

という尚のセリフのせい。

尚ってば、コレを言うために蓮の仕事が終わるまで駐車場で待って
いたのね。(笑)

確かに、キョーコの言ったセリフに間違いは有りませんが...

キョーコが何を想ってどんな気持ちで言ったのかを付け加えないと
正確では無いでしょう。

多分尚は、キョーコの心の裡を薄々とは気付いていると思います。

それでもワザとその表面しか伝えないで、蓮に誤解させるように
仕向ける尚。

う~ん。恋するオトコってセコイなあ~。(笑)

そして再び始まる "ヒール兄妹" としての生活。
蓮はカインとして雪花を出迎えるつもりで、例の腕時計を外す。

と、ここまでが ACT.192 です。

ACT.193は、尚の回想から始まります。

例の駐車場でキョーコを挑発し 「蓮に恋をしたら、一生尚の実家で
仲居勤めしてやる」 というセリフを、まんまとキョーコから引き出す
ことに成功した尚。

ホント、恋するオトコってあくどいわ~。(笑)

わざわざキョーコのセリフを伝えるために、蓮を待ち伏せしていた尚
だけど...

「暇なのか」 とバカにされた挙句、「――失せろ」 と言ったときの蓮の
威圧感に圧倒されてしまう。

―― アレは 鬼畜だ ――

役者として、全開で蓮を信頼し切っているキョーコを案じる尚。

つっても尚の場合、キョーコの為ではなく自分の(気持ちの)為って
トコロがねえ。

そして、セツとしてカインとして再会したキョーコと蓮だけど...

最初は良かったんですよ!最初はねっ!
非通知の電話がキョーコの携帯に掛かるまでは!

切っても又掛かる非通知電話に、電源をカットしようとしたキョーコの
手から携帯を取り上げて。

液晶画面に表示される 「非通知」 の文字を見つめる蓮の表情は
無表情を通り過ぎてて怖いっす!

キョーコの携帯の電源を自ら切り、それを遠く放り投げた蓮。

そしてココから ACT.194 最新号分です。

放り投げられたキョーコの携帯は、テーブルを跳ね返って壁に
当たり床に落ちる。

その間、向かい合って立ち尽くす蓮とキョーコ。

その頃、しつこくキョーコの携帯に電話を掛け続ける尚だけど、
ナニやらイヤな予感がした模様。(笑)

とっさに立ち上がり動きかけたけれど、思いっきり向うずねを
テーブルの角に打ち付けてのたうち回る羽目に。(笑)

翔子さんにベッドに寝かしつけられてしまうけど、どーにもこーにも
気になってしょーがない!

キョーコの状態を確認するために、散歩と偽って出掛けようとして、
又も翔子さんに説得される尚。

ベッドの中で悶々とする尚に、キョーコ絡みだと推察する翔子さん。
サスガ、スルドイわ~(笑)

ナニはともあれ、この辺りの尚さんのカンは非常に優れていると
言えます。(笑)

なぜなら、その頃...

「さっきの電話は不破じゃないのか」

「不破」 という名前が出た時点でもう 「カイン」 では有り得ない。

その 話を ここで するの?
この 部屋で?  ヒール兄妹を 演ってる 今......!?

愕然とするキョーコ。

――ウソ でしょ 芝居中に 敦賀さんが 素に戻る なんて
そんな 半端な演技を 敦賀さんが

そりゃあ、キョーコは信じられないでしょうねー

蓮の気持ちに全然気付いて無いのでしょうし。
(とゆーか、目を逸らしてるし)

キョーコは演技に対して真摯な蓮を尊敬していたのだから。

「不破以外の誰か な訳ないよな......」
「...こんな時間に 何の用で」

問い詰めながら間合いを詰める蓮に対し後ずさるキョーコは、
ベッドに足を取られて仰向けに倒れこんでしまう。

すかさず、待ってましたとばかり覆いかぶさって来る蓮。

肩と腕を押さえつけられて動けない。

あまりの展開に言葉が出せないキョーコに、尚とのことを問い
詰める蓮はもう、まんま "嫉妬に狂ったオトコ" になっちゃって
ますねー

「...嫌い嫌いと言いながら 君は 不破とどうなりたいんだ」

震える身体で蓮を見上げるキョーコ。

――この 男 ダレ――...?
敦賀さん じゃ ない  カイン・ヒール でも ない

それは 「クオン」 なんでしょうけど、それをキョーコが知るはずも
無いですし。

そのとき、キョーコの頭によぎったのは...

村雨くんとバトルしていた彼。
笑って楽しそうに戦っていた彼。

キョーコの身体の震えが止まった。

そんなキョーコの変化に気付かない蓮は、答えないキョーコに
苛立ちを募らせて行く。

そしてとうとうキョーコの胸元に手を伸ばし、着ていたビスチェの
胸の谷間に指を掛けたそのとき!

勢い良くひっくり返されて、今度はキョーコが蓮の上の乗るような
体勢に!

蓮の上にまたがって馬乗りになったキョーコの表情は...セツ
ですね。やっぱ。

さてさて。

これから先、キョーコはセツを演じて力技で蓮をカインに戻すの
かしら?

キョーコの行動が、蓮の意表を突いたのは確かなようです。

これがシスコンの兄(カイン)として、妹(セツ)の男関係を追及した
のならまだ取り繕えるでしょうけどもね。

"カイン" の顔も、"敦賀蓮" の顔も、すでに剥がれ落ちている。

尚との関係に嫉妬して、力づくでキョーコを自分のものにしようと
している蓮はもう、キョーコの知ってる蓮じゃ無い。

きっとココが正念場!

ここでキョーコが対応を誤ったら、きっと二人の間には修復不可能
な亀裂が入るのでしょうね。

翔子さんが尚可愛さで、期待しているような亀裂が!

でも逆に、キョーコ次第では二人の間の距離がグッと縮まる可能性
も無きにしも非ずだと思います。

次号の24号は休載で、続きは1号(12月5日発売)だそうです。

もうもう、今から楽しみです!
早く12月になんないかなーvvv

スポンサーサイト

<< 着色のシアワセvvv | ホーム | お詫びです。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


モンクレール ダウン

ペンギンウォーク 「スキップ・ビート!」ACT.194 ネタバレ感想


 BLOG TOP