FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「ダ・ヴィンチ 」 5月号ネタバレ感想 2013

まだまだ続く職場の改築工事で、マスクマンが定着しつつ有る
この頃です。(涙)

そして背中は未だに痛くて、コピー機を使っているときなどに
せっせと首や肩を回しております。

でも、良いことも有りましたよんvvv

何と職場でね 「図書館戦争 LOVE & WAR」 のファンという人を
発見!

先日ちょこっとだけ話す機会が有ったんですよー♪

私ってばそのとき 「図書館戦争」 その他を、がっつりとアツく
語っちゃったんですよねー

あまりのディープさに引かれてしまったんじゃないかと、ちょっち
シンパイです。(笑)

それでは 「ダ・ヴィンチ」 5月号のネタバレ感想ですvvv

あと、「LEE」 の有川先生と岡田くんの対談記事にもちょこっと
触れております。

P.S.ころころさん 「ESSE」 の岡田くんのインタビュー記事も
    読みましたよーvvv


「ダ・ヴィンチ」 5月号のネタバレ感想


今回の 「図書館戦争」 実写映画化にあたり、主役二人のキャス
ティングについて!

岡田くんのお母さまもとても喜ばれたそうですが...
(何でも図書館戦争のファンでいらっしゃるとか)

きっと、誰より何より嬉しかったのはダ・ヴィンチ編集部だった
んではないかと!(笑)

この映画の番宣でキャストを紹介するときには、ほとんどと
ゆって良いほど

「"某誌上で行われた読者が選ぶキャスティング" で、1位を
 獲得した二人」

って、紹介されていますものvvv

中には 「ダ・ヴィンチ誌上で」 って、雑誌名を挙げているときも
有りましたしねー。

まあ "だからこのキャスト" になったのかは不明ですが 「して
やったり!」 とガッツポーズくらいしても良いと思います。(笑)

さて、その 「ダ・ヴィンチ」 ですが..."大特集" だけ有って、
もう "有川浩 尽くし"!(笑)

満足のボリュームでございましたvvv

えーと。まずは岡田くんと有川先生の対談から。
面白かったですよー♪

おおっ!岡田くんってば 「宣伝部に恋愛推しでいってくれって
言われてる」 んだそうなvvv

そんなん聞くと "ベタ甘ラブ" を期待しちゃいますよねー(笑)

モチロン、岡田教官の肉弾戦(笑)も期待してますけど!
(あえて "アクション" とは書かないトコロが...)(笑)

それと(他の雑誌でも読みましたけど)岡田くんのアクションに
対する真摯な姿勢がとても印象的でした。

あと5回、お祭り(映画化)あると良いなvvv

次は錦戸くんと有川先生の対談。

「県庁 おもてなし課」 の内容がそうだからか、何だかおっとり
した雰囲気でしたねー

それから、新垣結衣さんと綾野剛くんのキャスト対談。

綾野くんは監督に原作を 「この時期に読もう」 と言われている
時期が有るのだそうです。

...う~ん。それは一体いつなんでしょう?(笑)

そして、有川作品のメディアミックスに関わった方々からの
メッセージ。

映画、TVドラマ、アニメ、マンガ、舞台。
マンガはモチロン 「LOVE & WAR」 の弓きいろ先生vvv

あと。

「読者の選ぶ 有川作品 名キャラクター&名セリフ・名シーン」

うんうん♪ こーゆー企画、大好きですvvv
(だから "かつくら" 好きなんですよねー)(笑)

私もあまりにたくさん有り過ぎて、どれか一つを選ぶなんて
難し過ぎる~(笑)

てか、個数制限ナイなら、どんだけでも語れそーだ。(笑)

"好きなカップル" で堂郁がぶっちぎりなのは、まあ順当で
しょうねー。

そして、有川先生ロングインタビュー。(ホントにロング) (笑)

まあ、私はこれまでもあちこちの雑誌で有川先生の対談や
インタビュー記事を読み漁ってますからねー

んで、今後の 「事業計画」 では...

完全新作で児童養護施設を舞台にした長編。
「コロボックル物語」 の続編。

オリジナルの猫の短編のシリーズ化や 「シアター」 の最終3巻、
「キケン」 や 「三匹のおっさん」 の続編など!

どれも読みたい作品ばかりvvv

「有川浩作品紹介」 では(小説は)大体網羅してはいるハズなん
ですけども。

「サマーフェスタ」 と 「キャロリング」 は読めてないー(涙)

あと 「彼の本棚」 は、私の好きそうな話なのに何で読んでナイ
のかなーって思ったら...2007年の掲載か!

このブログを始めたのが2008年の2月だもんねえ。

あとは

「スカイロケットの対談&「旅猫リポート」稽古場リポート」
「有川浩とめぐる高知」
「対談 ほしのゆみ×有川浩」
「有川浩の愛する作品たち」    など。

いやもうホント、ファンにとっては充実の大特集でしたよんvvv


それとね 「LEE」 に掲載されていた岡田くんと有川先生との
対談で、印象に残ったのがコレでした。

"「仕事と私と、どっちが大事?」 と訊かれたら、迷い無く
 「仕事が大事だ」 って言っちゃう人たちの恋愛"
   ↑
 (大体こんな感じでした。立ち読んだだけなもんで)(笑)

でね。思ったんですよー

ああ、その最たるカップルが玄田隊長と折口さんなんだ
なあ...って!

向いている方向は同じなのに、道が違ってしまった二人。

でもね、心のどこかで信じていたと思うんですよ。
いつか又、再び一緒に歩ける日が来ることをvvv

そういえば 「図書館戦争」 には 「仕事と私と、どっちが大事?」
とか言うような人は居ませんよね。

就労経験の無い毬江ちゃんですら、小牧サンの仕事に敬意を
払っているのは分かりますし。

つい "ベタ甘恋愛" の方に目が行きがちになっちゃいますが、
こういうお仕事小説なトコロも 「図書館戦争」 の魅力のひとつ
だと思います。

スポンサーサイト



<< 図書館戦争LOVE&WAR(コミック11巻)感想 | ホーム | 日曜まであと何日... >>


コメント

本当に最高でしたね!!
私はいつも買ってなくて、たまーに図書館で読む、ぐらいだったんですけどこの前図書館にいったら、「有川浩」って出てるのを発見してその場で読んで即日購入でした!!
私も読んだことないのがたくさんありましたー。文庫化もされていないのはどうやって読んだらいいのか......(笑)
いつかの文庫化を願います!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP