図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

図書館戦争LOVE&WAR(LaLa7月号)感想

ホントはね、コレ、日曜のウチにアップしたかったんですけども。

土曜の午前は仕事で、昼からは義姉に付き合って出掛けたり、
姪っ子の高総体の応援に行ったりしてバタバタしてましてね。

そんで日曜の夜は 「空飛ぶ広報室」 に萌えてました!(笑)

いやもう、主人公カップルに関しては、ドラマの方が原作小説より
"萌え" がてんこ盛りですvvv

それでは!

LaLa7月号の 図書館戦争LOVE&WAR ネタバレ感想、
行きますvvv

ちなみに 「図書館戦争シリーズ」 に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにSSSをおまけしてますvvv


図書館戦争LOVE&WAR(LaLa7月号)感想


今回はね、恋する郁ちゃんのオリジナル・エピソードがとっても
可愛くて、にまにましちゃう回でしたvvv

やっぱ 「LOVE & WAR」 のオリジナルは美味しくて大好きです!

それに今号の表紙はカラーだったしね♪
コンセプトは "海賊・堂上班" かしら?(笑)

ロゴが被さっているのでちょっと見難いのですが...海賊船上に、
いかにも海賊風なラフないでたちの小牧サンと手塚。

手前に描かれている堂上サンと郁ちゃんは、ナゼか海軍?の
正装っぽいカンジです。

でも、堂上サンの左頬のバッテン傷と仏頂ヅラがやっぱ海賊に
見えますねー(笑)

そんでね、小牧サンが持っている旗がもう笑えるのだーvvv

キュート?(笑)な玄田隊長のお顔と、2本のクロスした骨と、
カミツレの花と、"T" の文字。("T" は図書隊のTでしょうねー)

こんだけにぎやかなイラストなのに、色使いがシックなので割りと
落ち着いたカンジです。

それにいつもとちょっと違う艶のないタッチで、よりイラスト的な絵
になっていました。

さてさて。

今回は、柴崎と手塚のおにーちゃんとの電話バトルの続きから。

"柴崎の提案"

それは当麻先生の件を奇貨として、政府内に対メディア良化法の
一大派閥を作り上げること。

それを 「未来企画」 に、手塚慧に、担って欲しいと。

慧サンってば、一度は自分も考えて、その巨大さに腰が引けた
計画を交渉相手から提案されちゃってー。(笑)

この時点で、もう(大勢は)決まったようなもんですね。

そんで、トドメを刺されたのは

「...君が俺の立場ならどうする」

「飛びつくに決まってるわ。歴史にあたしの名前が残るのよ」
「代われるものなら 代わりたいくらい」

このセリフは、柴崎の真骨頂だと思います!

以前、郁が囮作戦のときに柴崎のことを 「口開かなかったらただの
美人」 と評していましたが正にその通り!

柴崎の本当の真髄は、その明晰さと大胆さに有ると思うのです。

"美人" はホントに付加価値で、彼女にとっては単なる武器の一つ
なんでしょうね。

そんでダメ押し!(笑)

「あなたの弟は あなたならできると 思ってるみたいですけどね」

手塚兄の弟に対する執着を最大限に利用したセリフだなーと!(笑)

そして結局、弟は兄がこの遠大な計画を成功させることが出来たら
許す...と。

モチロン、言い方は素直じゃないケドね。(笑)

果たして、交渉成立。

電話を終えた柴崎が 「やっぱりアレねー。交渉の最後の一押しは
家族愛よねー」 なーんて、すっとぼけていたら!

いきなり手塚が柴崎の頭を抱き寄せて、キスvvv

この辺、原作では本当に読者の想像にゆだねるような書き方に
なっていますので、絵で見られてウレシイです♪

「...何よ。担保の追加?」

全く動じない柴崎に、赤い顔して目を逸らす手塚。

「お前 余計なこと 言い過ぎなんだよ!」

爆笑する柴崎とぷんぷんの手塚を見ていたらもう、この二人の
チカラ関係がアリアリですよねー(笑)

そんで次の1ページはおにーちゃんファンへのサービスかしら?(笑)

「...面白い」

ガラスに映るのは、ヤル気に満ちた慧サンのお顔でしたvvv


場面は変わって。

いきなり 「未来企画」 と連携することになったと聞かされて、驚く
郁ちゃん達、堂上班の面々。

「これからは 同じ方向を向いて 兄弟ゲンカできるんなら 手塚に
 とっては 進歩だね」

小牧サンの言葉に、嬉しそうなホッとしたような郁ちゃん。
そんな郁ちゃんを見て、穏やかな横顔の堂上サン。

うんうん♪ やっぱ表情の付け方、上手いなーvvv

そして、当麻先生の次の隠れ家に選択されたのは日野に在る
稲嶺邸でした。

美しい庭の前で、まったりとお茶する稲嶺司令と当麻先生。
その横でいつものように口ゲンカする堂上サンと郁ちゃん。

本当に、ほのぼの~(笑)

警備の為に居るとはいえ、昼間は家政婦・フクさんのお手伝い。

脚立に乗って高いところを掃除している郁ちゃんに 「背が高い子
はいいわぁ」 と連呼するフクさん。

困り顔の郁ちゃんが可愛いですvvv

「 『男で165』 は単に低いってだけだ」

こういうことをサラリと平静に言えるってのは、もう堂上サンは乗り
越えて来ているんですねー

思わず声を上げる郁ちゃん。

「でもっ 堂上教官は背が低くったって充分っ...」

途中で我に返った郁ちゃんが慌てて口を押さえるのを見て

「充分...何だ?」

ココね、真顔で問う堂上サンはやっぱ、ちょこっとはナニかを期待
したのかなーなんてvvv

だって、この流れだったら誉め言葉でしょうからねー(笑)

「あ いや その」 と、しどろもどろになっちゃった末に

「充分強いじゃないですかっ! あたしから奥襟 取れるし」

と、いかにもごまかした風で、ちゃんと原作の流れに戻っている
トコロは見事です。(笑)

そして、何とか止めた郁ちゃんのセリフの続きは

"充分かっこいいじゃないですか" だってー(笑)

ど、どうした あたし... 何を 口走ろうとしたか あたし...!!

いやもう、恋するオンナノコってば可愛いわあ~(笑)

優しい当麻先生と、穏やかで何事も無い日々。

「どうして 堂上教官が 班長になったんですか?」

それは交替時のミーティング中、堂上サンがトイレで席を外した
ときのこと。

堂上サンに訊いて 「...忘れた!」 と突っぱねられた質問でした。

小牧サンの答えは 「堂上の方が 面倒見がいいからだよ」 と。

「俺は他人の内面に踏み込むのを面倒に思っちゃうんだ。でも
 堂上は違う。だから部下の精神を育てるのに向いてるんだ」

そういえば入隊時、郁に対してわだかまりを持っていた手塚を

「正論は正しい、だが正論を武器にする奴は正しくない」

と、ざっくり折ったのは堂上サンでしたね。

そんで、折られた手塚をフォローしたのは小牧サン。
やっぱ名コンビですvvv

「笠原さんだって 堂上のそういうとこ 好きなんだろ?」

ホント、いかにも軽ーく発せられた小牧サンの軽口だったん
ですけどー。

郁ちゃんの返答は...「そうですね...」vvv

もうね。そのときの郁ちんのお顔がもう、オトメでオトメで!(笑)

「...え?」 と、驚く小牧サンと、何も言えない手塚。

そんで、そんな二人を見て 「え?」 の郁ちゃん。(笑)

自覚は遅れてやって来て

「わ"―――!!?い、い、今のナシです。忘れてくださいっ」

って、無理だってー(笑)

小牧サンにカマ掛けられて、あっさり引っかかっちゃうんだもん
ねえ。(笑)

「素直すぎ。笠原さっ...あっはっはっはっはっ」

あーあ。小牧サンってば罪つくりなんだから~
手塚がどんな顔して良いか分からないって顔してるよー(笑)

「何を 騒いどるか 貴様ら」

「あっ 堂上 惜しかったな。あと30秒 早ければ」

本人以外の堂上班のメンバーにキモチがバレちゃって、郁ちゃん
もう、奈落のソコに落ちそう!(笑)

「帰りましょう。教官っ!!」

「何なんだ。全く...」

堂上サンのココロの中は 「?」 でいっぱいでしょーねー(笑)

そして、ラストの1ページはそれまでの穏やかな雰囲気から一転、
江東館長が館長室で怒り狂っていました。

「手塚会長 私は...あなたのやり方を認めない...!!」

ナニやら波乱の予感。

で、今回はここでおしまい。

"次号8月号につづく" "LaLa8月号は6月24日(月)発売"

とゆーわけで、休載はナイようですvvv

さて。

今年は 「夏目友人帳」 10周年記念で、BIGなプロジェクトが
続々と企画されているようです。

とりあえず朗読劇や原画展は東京開催ですので、私にはご縁が
無さそうです。(涙)

あと、今号の全サは5コースのフィギュアですが、ワタクシ応募は
しておりませんのよ。

私は実用品が好きですのでvvv
(ぬいぐるみは私の中では実用品なのだー)(笑)

でも、来月号の全サ 「夏目友人帳 新作アニメDVD」 は、ずえったい
応募するつもりです!

それから、来月号のふろくの "黒ニャンコ ペットボトル ホルダー" は
とても楽しみです。

私はいつもPC脇にティッシュを敷いてペットボトルを置いているので、
すぐに使えそうなトコロが良いです。

染みの目立たない "黒" というのもナイスな仕様だと思います!(笑)


それでは、おまけのSSSですvvv

今回はやっぱココでしょう!(笑)

稲嶺邸での警備を小牧&手塚のバディに交替して、基地に帰る
堂上サンと郁ちゃんの車の中でのヒトコマです。


郁に急かされるように車を出した堂上だが、どうも先ほどから郁の
様子がおかしい。

赤信号で停まったとき、チラリと視線を向けてみると、郁は助手席で
赤い顔をして俯いていた。

 「さっき、小牧達と一体何を話してたんだ?」

窺うように言うと、夜目にも郁の顔が更に赤くなった。

 「なっ、何でもないですっ!ホント、業務とは全然関係無いコト
  ですからっ!」

俯いたまま、断固として言い募る。

郁のその頑なな態度に、思わず口から滑り出た。

 「お前のプライベートなら、俺には関係ないか」

言ってから 「しまった!」 と思った。

俺は一体、笠原の何だ?

郁が一瞬、顔を上げてこちらを見た。

その分かりやすく傷ついたような顔を見て、後悔したがもう遅い。

再び俯いた郁の手が、膝の上でギュッと握られた。

 「...そんな、プライベートは関係ないなんて、言わないで下さい。
  プライベートで堂上教官とカミツレのお茶を飲みに行ったの、
  あたし楽しかったんですから」

小さく呟くように言われてもう、たまらなくなった。

そのとき、信号が青に変わった。

後続車から軽くクラクションが鳴らされ、堂上は黙って車を出した。

しばらく走って広い道に出たとき、車を路肩に止めた。

 「...笠原。悪かった」

郁が俯いたまま頭を振った。

 「堂上教官が謝ることなんて、何も無いです」

 「それこそ 『謝らなくて良い』 なんて言ってくれるな」

 「えっ?それって、どういう...」

郁の驚いたような視線を受けて、堂上が深く息を吐いた。

 「俺も、お前とカミツレのお茶を飲みに行けて楽しかった」

目を見開いた郁が、やがて花のように笑った。

 「良かったです」

その笑顔に誘われるように手を伸ばし掛けて、我に返った。

郁の頬に触れそうになった指先を、慌てて頭に乗せる。

堂上は、出来てしまった不自然な間をごまかすために郁の頭を
わしゃわしゃとかき混ぜたのだった。


 ☆ カミツレデート後の二人って "上官&部下以上" で "恋人未満"
   のビミョーな時期だと思うんですよねー
   そんで堂上サンも郁ちゃんとの距離感が掴めなくて結構、四苦
   八苦してたりして...なんてねvvv

スポンサーサイト

<< 本日 「花とゆめ」 をゲットvvv | ホーム | 6月のお楽しみvvv >>


コメント

神田 結人と申します

神田 結人と申します。
ブログ拝見させていただきました。

良かったら私もブログを書いているので遊びに来てくださいね!

はじめまして

はじめまして。
ブログいつも拝見しています!
LOVE&WARのss、いつも楽しみにしています!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP