図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「Ane LaLa」 ネタバレ感想

毎週 「空飛ぶ広報室」 の放送が終わると 「嗚呼、日曜が終わって
しまつた...」 って気分になるんですよねー(笑)

でも、それもあと数回なんだなーって思うと淋しいです。(涙)

それでは先日買った 「Ane LaLa」 ネタバレ感想です。

とゆってもちょろっと語っているくらいで、ホント大したこたー書いて
おりませんけども。(笑)


「Ane LaLa」 ネタバレ感想

今回新増刊された 「Ane LaLa」 のコンセプトは "オトナガールに
贈る" だそうですが...

私が想像していたより (期待していたより) (笑)オトナ度は高く
無かったように思いました。

モチロン、今LaLa誌上で活躍されている作家さんの作品ばかり
ですからねvvv

良かったですよん♪

でもあえて "オトナガール" 向けと銘打って有るからにはやっぱ、
いつものLaLaよりはオトナ度の高い作品を期待しちゃいますよねー

ちなみにこのオトナ度ですが、ただ単純にHなシーンを入れれば
上がるってもんでもナイと思います。

そこに至るまでの二人の心情がちゃんと描けていなければ、その
シーンだけが浮いたように見えるでしょうし。

最も、今回の 「Ane LaLa」 に、ドキドキするようなラブシーンは有り
ませんでしたけどねー。

でもコレは、大半の作品が9月5日に発売される次の 「Ane LaLa」
に続きますので(でなかったらシリーズ化)まだ展開が序盤である
せいだと思います。

そんな中、巻頭カラーの 「十年後、街のどこかで偶然に」 (津田
雅美・著) は、しっとりとした大人の恋愛の始まりが描いてあって
とても素敵な作品でした。

気風の良い姉御肌の彼女と、無口で無表情だけど本当は情感
豊かな彼。

10年前はお互い好意を持ちながらも交わらなかった二人の線が
今、交わる。

嗚呼、この作品こそ "続きが読みたい" と思いましたです!
(出来れば実写ドラマで観たいなあ~)

オトナ度を上げるには登場人物の年齢を上げるってのも効果的
ですよね。

それから 「インヘルノ」 (マツモトトモ・著) も良かったですvvv

両親の離婚と復縁で4年振りに再会した姉弟。

15歳(高一)と16歳(高二)は、フツーに少女マンガのメイン年代
ですが...

実の姉弟で有りながら、危うい禁断っぽい香りがオトナ度を押し
上げていたりしてvvv

さて。

次号の 「Ane LaLa」 には弓きいろ先生の読みきり作品が掲載
されるそうです。(カラー45ページ)

前々から一度、ファンタジー設定ではない、現代を舞台にした
弓作品を読んでみたいって思っていたんですよー。

どんな素敵なラブストーリーを描いてくれるのか楽しみです!
 ↑
(次の 「Ane LaLa」 も買う気マンマンだね)(笑)

スポンサーサイト

<< ショックな出来事。3 | ホーム | 和菓子なニャンコ先生vvv >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP