図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「銀魂」 観て来ましたvvv

昨日の土曜は半ドン仕事でしたので、その帰りに 「劇場版 銀魂
完結篇」 を観て来ました!

ホントはね、水曜のレディース・ディに行くつもりだったんですよー

そしたら何でか映画館から割引鑑賞券 (1,200円) がウチに投函
されていましてねvvv

どうやら、ご近所にも来ていたみたいです。
(ありがたや~)(笑)

今回は残念ながら付き合ってくれるヒトは居ませんでしたので
(ポンコさん 「銀魂」 は観てないんだってー)(涙)ひとりで行って
来ました。

う~ん。サスガ 「銀魂」! 結構、混んでいましたよーvvv

通路を挟んで前の席は空いていましたが、後ろの席はもうほとんど
満席でした。

「銀魂」 は少年マンガですが、女の子もホント多かったです。

ネタバレなしでちょこっと語っておりますvvv


私と 「銀魂」 との出会いはとゆーと、以前派遣先で知り合ったコが
いわゆる同好の士(笑)というヤツでね。

そのコが 「銀魂」 のファンで、原作マンガを何冊か貸して貰ったコト
が、私と 「銀魂」 のファースト・コンタクトでございました。

とはいえ、その後は原作マンガを読む機会はなく、アニメオンリー
だったんですけども。

ちなみに余談ですが、このとき 「なるしまゆり」 さんの描かれた
「銀魂」 の同人誌も一緒にお借りしまして。

正直ゆって、原作よりも美しい 「銀ちゃん&土方くん」 にカンドー
しましたよー(笑)

それはさておき。

今回の 「完結篇」 は泣けて笑えてホント、面白かったですvvv

「銀魂」 はギャグとシリアスが極端な作品ですが、映画ではその
両方が上手い具合に融合していたと思います。

それに今回は原作者の描き下ろしなだけに、美味しいトコを突き
まくりーなんですよっ!(笑)

予告では 「銀時が5年後の世界にタイムスリップして――」 と有り
ましたが...

その5年後のみんなの変わり様が思いっきりツボなんです!

特にまだ成長途中だった新八と神楽のオトナになった姿はもう、
どっしゃーvvvでしたよー(笑)

私は、口では言いたい放題言っていても "銀ちゃんを大好きな神楽"
が好きなんですよねー

"大人の男の銀時" と "少女の神楽" のカップリングは、それは
それなりに美味しゅうございましたけども。
(注: 二人は同居していますが、色っぽさは皆無です)(笑)

んで、神楽がオトナになったとき、この二人の関係というか距離が
どうなるのか楽しみだったんですよね。

でも、元々 「銀魂」 はトシを取らない世界ですからねえ。

今回、銀時の隣にオトナになった神楽が見られて良かったです。
(そういえば一度、アニメでそんな回が有りましたっけ)

あと、映画ですけど。

タイムスリップものでしたので、ちっちゃいお子さんにはちょっと
分かり難かったかなーって思いました。

それから新八の姉・お妙ちゃんですが、彼女が予告関連で全然
露出して無かったのが不思議だったんですよね。

彼女が予告に出てなかったコトが (物語の) キーポイントだったと
思います。

あ、そうそう!

入場者プレゼントで 「銀魂」 第零巻、貰っちゃいましたvvv
(知らんかったわ)(笑)

基本はノートみたいなんですが、映画のラフ画やネームが入って
います。(三位一体フィルムは、土方くんでした)

ぢつわ勢い?(笑)で、パンフレットも買っちゃいました。
これから読むのですが、800円はちょっち高めだったかなー

ナニはともあれ 「劇場版 銀魂 完結篇」 は、シリアスなストーリー
の中にも遊びゴコロが満載で、鑑賞後感のサワヤカな、とても
楽しい作品だったと思いますvvv

スポンサーサイト

<< 図書館戦争LOVE&WAR(LaLa8月号)感想 | ホーム | 2連休がやって来る~vvv >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP