FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

拍手

ネットで来月出版されるコミックのチェックをしたら、
私が買っているマンガの続きが結構出るんですよねー。

「別冊Ⅱ」 とDVDも出るのに~。うっうっうっ。
来月は出費がかさみそうです。(涙)

それでは、拍手&コメントのお返事です。 (7/24)


遠村さんへ (7/24)

いつも拍手&コメント、ありがとうございます!
それと、お祝いのお言葉まで頂いちゃって、ウレシイですvvv

そうなんですよねー
弓さんのオリジナルはいつもジャストミート!

原作のファンを唸らせ狂喜乱舞させる(笑)オリジナルエピソードを
違和感無く盛り込む手腕はスゴイです。

「いい子だ。喋るな」 みたいな、スキンシップ付きのベタ甘も
大好きなんですが、今回みたいな相手を想い合う
「気持ちのベタ甘」 も、めっちゃ、好きですvvv

来月はコミックスと 「別冊Ⅱ」 と、それにDVDも出るん
ですよねーvvv
それにしても 「幕引き」 かぁ...寂しいです。

私も弓版・図書館戦争は是非 「革命」 まで続けて欲しいと
思います。

今、随分昔に原作が完結した 「なんて素敵にジャパネスク」 が、
「別冊 花とゆめ」 に移って連載されていますから、図書館戦争も
本誌でなくても構わないから最後まで続いてくれたらなーと
ユメ見ていますvvv



iii さんへ (7/24)

拍手&コメント、ありがとうございます!

きっ、気が付きませんでしたーーーー!!!!

コメントで、何人かの方から教えて頂きまして
「えぇっ!そんなの有った!?」 と
慌ててLaLaの表紙を捲りましたよぉー(笑)

かっくいいーーーvvv

堂上サンのコスプレ!
本編では有り得なさそうなんで、貴重な一品ですね。(笑)



みぃさんへ (7/24)

拍手&コメント、ありがとうございます!

ははは。コメントで教えて頂くまで、じぇんじぇん
気付きませんでしたよ...(笑)

騎士・堂上、ホント似合っていましたねvvv

今はもう有川サーチにはいらっしゃらないのですが、
「勇者・郁」 「賢者・小牧」 「武人(本職 王子)堂上」 の
4コママンガを描かれているサイトさんがおられて
すっごく面白かったんですよーvvv



20:09にコメントを下さった方へ (7/24)

拍手&コメント、ありがとうございます!

ほーほっほっ!
何か私、見抜かれていますね。(笑)

モチロン、私が 「騎士・堂上」 に気付いていたら、愛?を
語っていましたとも!(笑)
ははは。...全然、気付いていませんでした。はい。(笑)

弓さんはカラーも良いですよねーvvv
「騎士・堂上」 は、渋く落ち着いた色使いで、このまま
ポストカードにしたいくらいです。



鉄砲玉さんへ (7/24)

拍手&コメント、ありがとうございます!

今頃は、ベタ甘堂郁と 「騎士・堂上」 をご覧になられた頃
でしょうか?

あと、これも書き忘れたんですが、最後辺りの予告ページの
「見返り堂上」 も、仏頂ヅラがグッドでした。(笑)



たまさんへ (7/24)

拍手&コメント、ありがとうございます!

そうそう!
たった8ページでも、堂上サンのあの笑顔を拝めたら
悔いナシですよねー(笑)

それと最後のページの、あの照れた堂上サンも
また良ろしvvv



スポンサーサイト



<< 堂上篤&笠原郁について 柴崎より | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(LaLa9月号)感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP