図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

エビチリの悲劇

以前、みんなで一緒に住んでいた頃は、食の一切のメンドーは
母がみていました。

今は隣の隣で、夫婦水入らずで暮らしています。

けれど、どうやら父一人では母の愛は余るようで、しょっちゅう
ウチに差し入れが来ます。

それは作ったものだったり、買ったものだったり、そのときどきで
イロイロです。

以前にも書きましたが、菓子パンとゆったらチョココロネばかりとか、
母の差し入れ法則はちょっと変わっておりましてね。

で、今回。

私が帰宅したときの、義姉の第一声。

「お母さんからエビチリの差し入れが来てるよー...6パック」

惣菜売り場にエビチリしか無かったとは思えないんですけど、
何ゆえエビチリばっかり6パックもなのか、謎です。

多分、訊きに行けば母は母なりの理由が有るとは思いますが
そんな無益(というかメンドー)なことはしません。(笑)

くださるものは有り難く!が信条ですのでねvvv

そんで義姉が 「きっと売り場にはエビチリしか無かったのよっ!」
とか言うので

「え~。そんなはずナイじゃん!」 と私がゆっても、義姉は
「売り場にはエビチリだけだったのよっ!」 と繰り返します。

目が三日月になっていたので本気で言っているとは思えませんが、
まあ、義姉なりの納得の仕方なんでしょう。(笑)

そんでまあ、トーゼンながら夕食はエビチリなワケです。

私が着替えてキッチンに下りて来たら、エビチリのパックが
ぬくぬくしていたんですよねー

私が 「あ、まだ温かいんだー」 と言うと、義姉の返答は

「チン、したからね。それ、2つともりかちゃんの分」

上の姪は今夜は夕食は要らないとか、下の姪は嫌いだから
食べないとかで、私への割り当てが増えたようです。

わざわざ私の為にチンしてくれたのは有り難いのですが...
(ホント涙が出そう)2パックも食えんわ。

でも私が最後で、チンしちゃった以上、食わねばなるまい。

...今でもエビチリが上がって来そうなカンジです。(涙)

ちなみに、用が有って両親宅に行った義姉によると、あちらの
食卓にもエビチリがあったそうです。

一体どんだけエビチリ買ったんだか!

スポンサーサイト

<< 3月5日でっすvvv | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(LaLa4月号)感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP