図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「キャロリング~クリスマスの奇跡~」第1話ネタバレ感想

いよいよ放送が始まった、連続ドラマ 「キャロリング」vvv

ウチは何とか観られますが、BSプレミアムでの放送じゃあ、観られ
ない方もいらっしゃるだろうなあ...って思っていましたが!

11月9日(日)午後1時5分から総合で、第1話 「運命のカウント
ダウン」 の再放送があるそうです!

いやあ~、良かった良かった♪

せっかくのドラマ化ですもの。
みんなで一緒に楽しみたいですもんねーvvv

それでは、原作小説をがっつりネタバレしておりますので!

「キャロリング~クリスマスの奇跡~」 第1話ネタバレ感想

以前からずーっと思っていたことですけども。

有川作品の映像化の多さは、有川先生ご自身の映像化に対するスタ
ンスもさることながら...

作品の登場人物に対する容姿の描写がほとんど無いというのも一因
なのではないかと!

しかも著作はハードカバーがほとんどで、イラストもあまりないので
キャストに対して先入観を持ち難いと思うのです。

例えば 「図書館戦争」 ならば、堂上サンと郁ちゃんの身長差!

こういう物語の肝のような部分さえハズしていなければ。
あと、あまりにも極端な配役でなければ。

大体、誰が来ても受け入れやすいんじゃないかなーって思います。
(まあ、違和感を感じるくらいの演技力だったらアレですけど)

で。 「キャロリング」 です!

この作品も登場人物の外見の描写はほとんどありませんので、今回
のドラマ化についてのキャストも納得です。

まず、主人公の 「大和俊介」 ですが、彼は内心はどうあれそのスジの
方々と渡り合えていますので、優男じゃなーって思っていました。

過酷な幼少期を経て、まだ引きずっている部分はあるけれど、それを
乗り越えて生きようという意志がある。

三浦貴大さんは、そんな俊介に合っていると思います。

そして優しくて情の深い 「折原柊子」 に、ふんわりとした雰囲気の
優香さんはピッタリvvv

あと、俊介の親代わりのような存在 「西山英代」 には中田喜子さん。

まあこのくらいの年齢の女優さんでしたら他の方でもハマったでしょう
けど、中田さんは 「三匹のおっさん」 でもご出演されていましたしね。

有川組みたいで良いなvvvなんて。(笑)

それから 「田所航平」 の鈴木福くんは、ちょっとナマイキっぽいとこが
航平っぽっくて良いです。

ぢつわ私、これまで福くん出演のドラマをちゃんと観たことがありませ
んのでイメージが固定されていないせいかもですね。

航平の父 「田所祐二」 は、情けないんだけど最後の一線では何とか
頑張っちゃうカンジが石井さんに合っているのではないかと。(笑)

そして私がドンピシャだと思ったキャストは 「赤木守」 の阿部丈二さん
でした!

原作での赤木は 「三十過ぎだけれど童顔で小柄」 です。

阿部さんは全然違うけど、阿部さんが 「キャロリング」 に出演されると
聞いて私はすぐに 「赤木役かな?」 って思いました。

この際 「童顔」 も 「小柄」 も関係なくて、赤木の性格や生き様が、阿部
さんに合っていると思ったのです。

末端といえど組織の一員なのでカタギではない。
冷酷な一面も確かにある。けれど、情が篤い。

そんな複雑な人物をきっと魅力的に演じてくれると思います。

あとは、美人で東大出で高飛車な恵那が思っていたより庶民的な
カンジだったり、ショートカットのレイがロングヘアだったり。

まあその辺は原作と違っていても差し支えないと思えるくらいですね。

ストーリーはまだ第1話しか観ていませんので何とも言えませんが、
概ね原作に沿っているようです。

ちなみに 「キャロリング」 の最終回は12月23日だそうで、粋です
よねvvv

2か月間、楽しめそうです!

スポンサーサイト

<< 図書館戦争LOVE&WAR(コミック14巻)感想 | ホーム | 楽しみは週末かなあ。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP