図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「花とゆめ×ナンジャタウン」 開催vvv

昨日は 「花とゆめ」 6号をゲットして、堪能しましたvvv

そんでね 「神様はじめました◎」 のアニメ放送と 「花とゆめ」 40周年
を記念して 「ナンジャタウン」 でコラボイベントが開催されるそうです。

ちなみに 「花とゆめ×ナンジャタウン」 は、2015年3月7日から
4月5日まで。

コラボフードや限定グッズが発売されるそうです。

嗚呼、もし地元であればずえったい行くのになあ。(涙)
特急2時間圏内ならガンバって行くかもだ!(笑)

上京するとなると飛行機だし(空港に行くにも高速バスで1時間弱)
しかも年度末の超・忙しいときなんで、まずもって無理です。(涙)

ところで。

作品のラインナップを見て思わず 「うわ~、読んだ作品ばっかりじゃん」
って思いましたが...

自分の 「花とゆめ」 の購読歴を考えればトーゼンでした。(笑)

まあ、姉妹誌に掲載が移って最後まで追いかけ切れなかった作品も
ありますけどね。

あんまり懐かしかったので(今連載中の作品もあるけど)ちょこっと
語ってマス。

しっかしアニメ化された作品、多いですねえ。

そういえば以前 「ちょっと昔の少女マンガを語るお茶会」 に参加した
ことを思い出しました!

すっごい楽しかったデスvvv



「花とゆめ×ナンジャタウン」 開催vvv


「赤ちゃんと僕」 (羅川真里茂・著)

ホント、懐かしいなあvvv

父子家庭のため、小学生の拓也が保育園児の弟・実の面倒をみながら
周囲の人々と交流していくというホームコメディです。

主人公が小学生男子のため "LOVE" はなかったけれど、とっても
面白かったです。(家族愛ならてんこ盛りあったけどね)(笑)

もうね、実の可愛さはハンパなかった!(笑)

羅川作品は脇キャラもスゴイ立っているので、群像劇とも言えると
思います。

ちなみに私は真面目で優しい拓也より (ご多分に漏れず)(笑)
クールな藤井くんの方が好みでしたvvv

(でも、イチバンは晴美パパ)(笑)

アニメも観ましたが、当時、拓也役が山口勝平さんだったのが意外に
感じたのを覚えています。

てっきり拓也は、少年の声の女性の方が声をあてられると思って
いましたから。

勝平さんは "十代後半の少年" の印象が強かったもので。
(早乙女乱馬とか、工藤新一とか)

羅川作品は 「しゃにむにGO」 や 「いつでもお天気気分」 も読んで
いましたよ。

そんで 「ニューヨーク・ニューヨーク」を 読んだときは衝撃でしたね。

ゲイがテーマのシリアスな話なんですが "ゲイの話" というよりむしろ
"人間の話" だったと思います。

それにサスペンス色が加えられ、とても読み応えのある作品でした。

そんで今はポンコさんから借りて 「ましろのおと」 を読んでます。
コレもすっごい良いですよvvv


「暁のヨナ」 (草凪みずほ・著)

先日、アニメをアツく語っちゃいましたね。(笑)

モチロン 「暁のヨナ」 も大変楽しく読ませて頂いておりますが(前にも
書きましたが)私はやっぱり前作の 「NGライフ」 のが好みです。

草凪作品はもう、とにかく絵が可愛くてvvv

もし 「NGライフ」 をアニメ化するなら...

主人公の、イケメンで成績も良くて運動も出来るというカンペキな
高校生男子なのに、唯一の突っ込みどころがヘタレという敬大は、
是非ともまえのんに演って欲しいです!(笑)

「暁のヨナ」 は、雷獣といわれるハクとそれぞれタイプの違う四龍と
美少年のユンと共に旅をする元姫のヨナが主人公です。

主人公の女の子が、何人ものイケメンに囲まれ好意を持たれるという
真にオイシイ設定で...(笑)

そんな少女マンガの王道を行っている作品ですが、何というか嫌味を
感じないんですよね。

フツーなら 「また女の子に喜ばれそうな設定を」 とか思っちゃいそう
ですが、とても自然に受け入れられます。

それはきっと設定の妙とヨナ自身の魅力のせいではないかと。

でも、四龍の内1人くらい女性だったら面白かったのになーなんてね。


「学園アリス」 (樋口橘・著)

面白かったですよーvvv
ラストはまだ続きそうなカンジでしたけど。

それにしても長い連載でしたね。
少女マンガで全31巻とはスゴイ!

棗がまだ小学生だっつーに手が早くて(笑)思わず 「おいおい!」 と
何度突っ込んだコトか!(笑)

アニメももちろん観ましてよvvv
登場人物が多いこともあるでしょうけど、キャストがすごーく豪華でした。

原作がまだ続いているときにアニメは終了しましたので、その後をアニメ
で観たいなーって思います。

でも結構シリアス&ハードな展開でしたので、アニメにするには難しい
かしら。


「神様はじめました」 (鈴木ジュリエッタ・著)

いつの間にやら既刊は20巻!
つい最近、連載が始まったような気がしてましたよ。(笑)

アニメは第1期も、今の第2期も観ていますが、TVQの深夜アニメは
時間がときどき変更になるので抜かしている回があるかも知んない。

(そんで 「野崎くん」 の時に泣いた!)

アニメは 「こどものおもちゃ」 に雰囲気が似てるなーと思ったらやっぱり
同じ大地監督でした。


「紅茶王子」 (山田南平・著)

今は 「別冊 花とゆめ」 で、新シリーズが連載されていますねー。

紅茶で召喚された、異世界の紅茶王子と人間の少女との恋。

当時、この恋物語は一体ドコに着地するんだろうって思いながら読んで
いました。

山田作品なら、私は 「オトナになる方法」 のが好きでしたねvvv

"逆年齢差の少女マンガ" の先駆者だったんではないかと思うのです!


チカラ尽きましたので、残りの5作は後日vvv

スポンサーサイト

<< 図書館戦争LOVE&WAR(LaLaDX3月号)感想 | ホーム | 「暁のヨナ」 第十九話 千樹草の試し ネタバレ感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP