図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

フライヤー、ゲットvvv2

出ましたよー!第2弾がvvv

「図書館戦争-THE LAST MISSION- 」 の新しいフライヤーが、
前売券の発売日である7/18に映画館にて配布されています。

第1弾のときには(配布が)遅れた我が地元ですが、今回は同じ日に
来てくれてとっても嬉しいですvvv

やっぱ、前売券発売が遅れるわけにはいかないでしょうから、それと
一緒に配送されて来たのかしら?(笑)

前売券の特典にしても、フライヤーにしても。

コメントを頂いたおかげで、住んでいる地域や映画館の状況によって
ゲット出来たり出来なかったり、ホントいろんなドラマがあるんだなー
と、興味深く読ませて頂いておりますvvv

(mieeeさん、ご心配下さってありがとーvvv)

私の場合、地元にある2つのシネマコンプレックスの両方に職場が
近く、時間も調整出来て、映画に行くくらいなら資金の方も何とか!
(ブランド品や海外旅行とかは無理だけど)

ただ、日本の端っこなので映画自体が来なかったり遅れたりするの
ですわ。(涙)(「ハイキュー!!」 観たかった...)(涙)

誰もが欲しいモノをみんな手に入れられるとは限りませんが...

せめてウチに入ったものは出来るだけ公開して、楽しんで貰えたら
と思います。

そんではフライヤーをちょこっと語っております!(写真付き)

ファーストコンタクトは現物で!という方もいらっしゃるかもですので、
畳んでいます。

あと、内容にも触れていますのでお気を付けくださいませ~



まずは、オモテがコレです!
 ↓
フライヤー 350

コレを見て私が最初に思ったのは 「やっぱ、実写版は堂上サンが
主人公なんだなー」 ということでした。

真ん中正面向きでアップって、紛れもなく主人公席!(笑)

原作は間違いなく郁ちゃんが主人公ですけど、実写版の方では前作
から"W主演" ではなく、堂上サンが主人公でしたもんねー。

まあ、私は堂上サンと郁ちゃんはカップルで大好きですので、全然
OKなんですけども。

堂上サンってば、前作では右ほっぺたにキズでしたけど、今回は鼻の
頭にキズですかー。

せっかく二枚目なんだから (原作の堂上サンに二枚目という形容は
ありませんが岡田教官がね) (笑)お顔は大事にしてくださいね?

あと、気になったのが柴崎でした。

何だか一瞬、誰かと思っちゃいましたヨ。(笑)
(千明嬢の鼻のラインってこんなだったかしら?)

それと、下段真ん中のおにーちゃん。(桃季くん)
このお写真、あちこちで良く拝見しました。

えらくカッコ良く写ってますもんねー
(いや、桃季くんは元々カッコイイですけど)

でもコレって "キセキの1枚" ってヤツかしら?(笑)

次はウラですvvv
 ↓
フライヤー裏350

堂上サンの "郁ちゃんのアタマなでなで" はもう、鉄板ですねvvv

現実ではそーでもないかもですけど (セットした髪が崩れてイヤとか)
堂郁カップルには必須でございます!(笑)

あと、この写真の下のシックス・ショットは、ポストカードの記念
写真(笑)を撮る直前みたいですね。

和やかに談笑している様子がとっても良いカンジvvv

それからイチバン右上の手繋ぎは堂上サンと郁ちゃんですね。
慧サンから郁ちゃんを奪還したときのものみたいです。


今回のフライヤーは内容にもちこっと触れてあります。

前半分は基本設定の説明ですが、後半分は今回の映画の内容に
なっています。

「危機」 で警備したのは 「茨城県展」 でしたが、今回は 「芸術の祭典」
なんだそうです。

そんで 「危機」 で目玉だったのは最優秀作品の 「自由」 でしたが、
今回はこの世に1冊しか現存しない"自由の象徴" 「図書館法規要覧」
だそうです。

んで、この任務は図書隊を解散させる事で歪んだ社会を正しくしよう
と考えている手塚の兄・慧が図書隊壊滅を目論み仕組んだ罠だったと。

あれれ? 慧サンは図書隊員でしたよね?

そんで日本図書館協会派生の 「図書館未来企画」 という研究会の
代表でしたけど、今回は違う位置づけなのかしら?

ただ、今の時点では慧サンが正しくしようと考えている "歪んだ社会"
と、その後の "正された社会" がどんなものか分からないんですよね。

単純に "歪んだ社会" が "検閲のある社会" じゃなさそうな気が...

なので、何でその方法が "図書隊壊滅" なのかイマイチ謎なんです
けども。

まあ何にしろ、慧おにーちゃんはウラで暗躍するのがとてもお似合い
だと思います。(笑)

最も、私としては 「堂上サンと郁ちゃんの仲がこの続編映画でどの
くらい進むのか?」 の方が重大事なんですけどね。(笑)

前作ラストで郁ちゃんは 「堂上教官」 になっていましたので、今回の
映画がどんな風にアレンジされていたとしても、そこは揺るがない
でしょうしvvv

となるとドラマで 「内乱」 やってー、映画ではストーリー的には
「危機」 ちっくだけれど、堂郁の進展的には 「革命」 まで行っちゃう
とか...なんてね!(笑)

岡田くん主演ならアクションも入れたいでしょうし 「危機」 と
「革命」 の2冊をイッキに映画化するならこんなカンジがベスト
なのかも?なんて思ったりもします。

嗚呼、映画公開が楽しみですvvv


スポンサーサイト

<< ちょろっと映画情報vvv(笑)6 | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR 別冊編(LaLa8月号)感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP