FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

図書館戦争LOVE&WAR 別冊編(LaLa10月号)感想

公開まで1ヶ月を切って、実写映画&ドラマの情報がどんどん出て
きてますねー。

今日は帰りにTOHOシネマズに寄って 「TOHOシネマズ マガジン」
をゲットvvv

1ページだけですけど、岡田くんと奈々ちゃんのインタビューが載って
ますよー♪

あと 「TVガイド PERSON」 も買っちまったーい!
だってだって、岡田くんが表紙なんだもん。(笑)

これからどんどん(露出は)増えるでしょうに、こんな序盤で (税込
900円) 買っちゃってて、最後までもつのかしら?(笑)

何はともあれガンバります!(笑) ← (ナニを?)

それでは!

LaLa10月号の図書館戦争LOVE&WAR 別冊編 ネタバレ感想、
行きますvvv

ちなみに 「図書館戦争シリーズ」 に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにSSSをおまけしてますvvv



図書館戦争LOVE&WAR 別冊編(LaLa10月号)感想


今回は15枚の30ページ、ちょっち短めかなー。

それに表紙も単独イラストではなく内容の一部という...ホント、
コンパクトな回でした。

お正月明け。

独身寮にて、柴崎が手塚にお土産のお守りを渡しているところから
今回はスタート。

巾着型の可愛らしいお守り。

後に、このお守りが手塚と柴崎にとってどんなに大切かつ重要なもの
になるのか...今は想像もしていないでしょうね。

災難よけのお守りは、柴崎の想いが込められています。

"かわいいな"

柴崎のことをそう思ったときの手塚の表情に、思わず 「アンタの方が
可愛いわ」 と突っ込むとこでしたわ。(笑)

けれど慧おにーちゃんのコトに話が及ぶとイキナリ手塚、劣勢。

"かわいいな" が "食えないな" に変わってしまったけれど、手柴は
コレが標準装備ですから。(笑)

手塚は肝心なトコロではちゃんとキメてくれるので、普段はコレで
良いと思うのですvvv

そして休館明けの仕事始め。

図書館では酔っぱらいの居座り問題が発生。

とーぜん堂上班の出番です!

児童読書室で高いびきの酔っ払いの中年おっさん。

自分よりはるかに年下の堂上サンに注意されて素直に出て行くのは
やっぱ、本能的に人として男として敵わないと思ったからかな?

コンビニでパンとパック酒を仕入れ、ソファでぼーっと座っている
ターゲット。

そんな姿を見て、痛ましくていたたまれない表情の郁ちゃん。

そして起こる事件。

お話し会の最中に入り込み、いつものように高いびきで寝ている
ターゲットですが、驚いた子どもたちが泣き出してしまい、現場は
混乱をを極めてしまう。

「すみません。起きてください!」

ターゲットを起こす手塚の言動がつっけんどんになったのは、無理の
ないところです。

通路のソファに移動させられたターゲットは完全に絡み酒の様相に。

嗚呼、居ますよねえ。
お酒が入ったら別人みたいに居丈高になるヒトって。

「本当に悪いと思ってるなら 土下座の一つでもしてみせんか!」

凍りついた場に 「できんのか!」 と追撃が響く。

そして、ターゲットの前で両手・両膝を突く手塚。

「すみませんでした!!」

入隊した頃の頑なな手塚だったら考えられない対応ですよね。

手塚が土下座しなければならない理由は何一つない。

それでも自分を抑えて、理不尽さを飲み込み、毅然とした態度を
取った手塚はカッコイイです!

そして、立ち去る手塚の背中を励ますようにポンと叩く小牧サン。

「...何てことありません。こんなこと」

「命に関わるわけでも...ましてや それで誰かに心配かける
 わけでもありませんから――――」

手塚の脳裏に浮かぶのはお守りをくれたときの柴崎の横顔。

"あんたたちって ああいう事態といつも向き合ってるんだなって"

ぐっと握られた手塚の右手には、柴崎からのお守りが...

自分を心配してくれる人のことを気遣えるようになった手塚は
またひと回り大人になったというか、男を上げたと思います。

今回、このお守りがとても上手く使われていましたねvvv

力を失くしたターゲットの前に片膝を突き、諭すように話しかける
郁ちゃん。

そのときの驚愕したような堂上サンの表情がイイです!

郁ちゃんはそのときターゲットの方を向いていて堂上サンの表情は
見ていないし、なので原作にも書いてないんですよね。

でも、このときの堂上サンはこんな顔をしてたんだなって、スゴク
納得できる表情でした!

堂上サンに腕を取られ、ぐいぐいと引っ張られるようにこの場を
離される郁ちゃん。

そして小声の怒声でお説教。

「―――バカ!!」

「すみません...」

堂上サンの言うことは最もなんだけど、それは分かるんだけど...
切り捨てられないのが郁ちゃんなんですよね。

「......でも 何か...ほっとけなくて」

見るに忍びない―――...

そんな郁にため息をつく堂上サン。

それはとっても郁ちゃんらしくて仕方がないと思う一方、上官として
ため息が出ちゃったというカンジです。

「...問題利用者のあしらいには注意が要る」

「反感は持たすな しかし距離は保て」

「必要以上に距離を詰めることは 今後許さん」

神妙な表情で 「はい...」 と答える郁ちゃん。

そしてココからが今回イチバンの萌えシーンvvv

「―――そもそも 無駄にハラハラさせるな どアホウ」

仏頂面で郁ちゃんのこめかみ辺りの髪をぐい!と引っ張る堂上サンの
可愛いコトvvv

堂上サンってばいきなりプライベートモードなっちゃて!(笑)

「......はい」

そんで嬉しそうな郁ちゃんもかわええ♪

そして二日後―――

郁ちゃんが1人で配架しているときに子連れのお母さんに声を掛け
られます。

「あの すみません いつもの人がまた...」

「分かりました。すぐに誘導かけますので」

堂上サンの教えを守りつつ、ターゲットを起こす郁。

「ああ...あんた あんたが来てくれたか~~~~...っ!!」

いきなりターゲットに手首をつかまれる郁ちゃん。

こーゆーヒトって、自分に同情してくれる人を敏感に嗅ぎ分けて
付け込んでくるんですよね。

虫の知らせか、何かを感じたように振り返る堂上サン。

今回は、ここでおしまい。

次号11月号につづく LaLa11月号は9月24日(木)発売。

てコトで、次号もめでたく掲載されるようですvvv

LaLaDX11月号に 「ドッグ・ラン」 が掲載されるそうですので
もしかしたらLaLa12月号で休載が入るかも?ですねー。

それに次号で 「一番欲しいものは何ですか?」 が終わりそうですし、
ちょーど区切りも良いですしね。

次回はいよいよ 「初めての呼び出し」 (笑)
弓先生が描かれるキスシーンはイロっぽいので、すっごい楽しみvvv

それから 「岡田准一&弓きいろが描く堂上篤」 のツーショット表紙だ
そうで...ホントいろいろ企画してくれますね。(笑)

そして 「LaLa独占 ☆ 岡田准一×榮倉奈々SPインタビュー」 も
掲載♪

あと 「図書館報」 にて 「図書館戦争 LOVE & WAR 別冊編」 1巻の
表紙がモノクロでお目見えvvv

次号ではきっとカラーで見られるでしょう!


それではおまけのSSSですvvv

手塚が土下座した日の夜のヒトコマです。


その夜も、小牧がいつものように堂上の部屋に酒持参で転がり
込んでいた。

昼間の件もあり、さすがに手塚は参加していない。

いつもの習慣で缶と缶を軽くかち合わせると、堂上と小牧は
ビールを傾けた。

小牧が持って来た乾き物の袋を開け広げながら嬉しそうに言う。

 「手塚、随分成長したよね」

 「ああ」

堂上も穏やかに微笑んだ。

部下の成長は上官として、とても喜ばしいことである。

手塚は入隊当時から優秀で、けれど自分と同じ速さで走れない
者は認めないという頑なさがあった。

そんな手塚が、酔っ払い相手に土下座した。

悔しさも、理不尽さも、全て丸ごと飲み込んで。

あの頃の手塚と、今の手塚はもう別人だ。

 「上官冥利に尽きるっていうかさ」

小牧の言葉に堂上がうなづく。

 「そうだな。手塚はもう、安心して見ていられる」

そのとき、小牧がおや?というような顔をした。

 「笠原さん、何かあったの?」

 「...お前、察しが良いな」

 「そりゃ分かるでしょ。何年の付き合いだと思ってるの?」

堂上は、手塚と小牧が去ったあと郁が酔っ払いに対して取った
行動について話した。

 「ああ、それはとても笠原さんらしいね」

堂上の話を聞き終えた小牧の第一声がそれだった。

 「...確かにな。でも、そうとばかりも言っとられんだろ。あれは
  女だからな」

眉間のシワを深くした堂上に小牧が苦笑する。

 「班長さんは大変だね。無茶な恋人がいると」

上官として、恋人として、その両方を冷やかし混じりに労わられ、
堂上は仏頂面でそっぽを向いた。


 ***


小牧が部屋に戻ったあと、堂上は飲み足りなかった分を補充
すべくロビーに足を向けた。

 「あ、堂上教官!」

自販機でカップ酒を買っていると、後ろから郁に声を掛けられた。

 「おう。お前も買いに来たのか」

堂上が振り返ると郁が笑顔でうなづいた。

 「新製品のミルクティが自販機に入ったって聞いたから。柴崎と
  飲んでみようかって」

 「それでお前が買い出し係か」

 「...柴崎、ジャンケンが異様に強いんです」

そういえば先日も郁がアイスを買い出しに行っていた。

寮内だし、別に交代制にすれば良かろうとは思ったが、柴崎に
郁が口で敵うはずもないので黙っておく。

 「でも、今日は負けて良かったかな」

 「ん?」

見返すと、郁が照れたような笑みを浮かべていた。

 「だって、堂上教官と偶然会えたから」

思いがけない可愛いセリフにどんな顔をして良いか分からず、
堂上は思わず郁から視線を逸らせた。

 「毎日、仕事で会ってるだろ」

つい、そんな憎まれ口を叩いてしまう。

 「えー。仕事とは違いますよー。"偶然会えた" ということが
  重要なんです...でも」

そこで郁が言葉を切った。

 「堂上教官はあたしと偶然会えても、別に嬉しくないとか...」

 「そんなわけあるか!」

反射のように飛び出した言葉に、郁が一瞬目を見開いたあとポッと
頬を染めた。

 「...良かった」

その小さな呟きが聞こえたとき、堂上の右手がピクリと動いたが
郁は気が付かなかったようだ。

"これからちょっと外に出ないか?"

そんなセリフが喉まで出かかっていたが、寸でのところで何とか
留めた。

 「...ミルクティを買いに来たんだろ?買ってやる。どれだ?」

 「わあ!ありがとうございます。こっちです」

清涼飲料水の自販機の方に移動する郁の後ろを歩きながら、堂上は
深いため息をついたのだった。


☆ ほっほっほー!そうして堂上サンのガマンの限界は2日後に
   やって来るのです!(笑)


スポンサーサイト



<< 「図書館戦争 THE LAST MISSION」公開記念ナビ番組 私服で素顔編 | ホーム | 「図書館戦争 THE LAST MISSION」公開記念ナビ番組 制服で勝負編 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

😍初めまして‼︎

いつも楽しみにブログ読ませて頂いてます!
図書館戦争の大ファンです‼︎
本誌では読んでないので、
ブログにて次の単行本の予想してます❤︎
11月号も‼︎宜しくお願い致します^o^

最近、ガマンがきかずララを買い、コミック(←これはマスト買い)を買い、ララデラも買っちゃいます笑

りかさんのSS、まさにそんな会話がなされてたんやろうなあって思います!手塚はホントかっこよくなりました。男を上げてますよね☆

対して郁ちゃんへの心配は恋人になってから拍車がかかる教官笑笑
いいぞ、もっと心配しろーとか思うわたしはもしかしてSかしらん。
それではまた☆
えび

はじめまして★

はじめまして。
この夏がっつり図書館戦争にはまってしまい、他者様のブログをめぐるうちに、こちらにたどり着きました。

りかさんのコメント、どれも深くて面白くて、解説書のように楽しませていただいています。
SSSも原作の雰囲気壊さず、楽しいです。

「TOHOシネマズ マガジン」、私も手に入れました。
二人の全身ポーズの写真が、文庫版の人物紹介のシルエットのイラストそのものでーーーー!
並べて見て、思わず悲鳴が出てしまいました。

映画も見てきました。
おいしいところ、続編が作れるよう、意図的に残してありますよね。
岡田君の無理のない範囲で(笑)、ラブ増量でお願いしたいです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP