図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

実写映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」ネタバレ感想

この3連休、初日に映画を観に行った以外はずっと衣替えをやって
おります。(まだ終わらない...)(涙)

そんで疲れたらこのネタバレ感想を書いたり、録画しておいた番宣を
観たり、ぼちぼちやってマス。

(集中してやんないからなかなか終わらないのね)(笑)

そうそう!

昨日、楽天から 「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」 のブルーレイ
の発送メールが来ましたよー

早いなーvvv

あと、パンフレットも読みました!

紙も上質で、写真もふんだんにあり、とっても読み応えのある、ホント
買って損なしの逸品です。

それでは、ネタバレ感想行きます!

一見しての感想ですので、何か間違いや勘違い等がありましたら
どうぞご容赦をvvv

ちなみに 「図書館戦争シリーズ」 に関する、なんもかんも思いっきり、
ネタバレしていますので!

あと、ラストにおまけでSSSを入れてます。


実写映画 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 ネタバレ感想


この映画を観終わったとき、私がまず最初に思ったのは

「これなら続き、全然できるじゃん!」でした!(笑)

「図書館戦争 The Revolution」 とか、がっつりやれそうな気がします!

その後、パンフレットを読むとキャストもスタッフも続編を作る気マン
マンですし!

これは本当に数年後 (続編を) 拝めるかも知れないと思いましたです。

あと残っている原作 「革命」 は、1冊が丸々1つのお話で、元々映画
向きですもんねー。

アニメでも、TVアニメは 「危機」 までで 「革命」 は 「革命のつばさ」
として劇場版になりましたし。

今度は逃亡劇がアクションの主になるんでしょうから銃撃戦はあんまり
ないでしょうけど、岡田くんの肉弾戦アクションが充分楽しめそうです。

「革命のつばさ」 でも、当麻先生亡命作戦時にはオリジナルで格闘戦や
カーアクションが加算されていましたしね。


さて、今回の 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 です。

ありままさんやポンコさんもゆっていましたがホント 「上手く繋いでた」
と思います。

原作を上手くリスペクトしてあり、ドラマに続いて野木さんの脚本が
とても素晴らしかったですvvv

そしてストーリーもさることながら!

堂上サンが堂上サンで、郁ちゃんが郁ちゃんで、手塚が手塚で、柴崎が
柴崎であれば、それがどんな媒体であっても、ファンの心をがっちり
キャッチできると思うのです!

元々 「図書館戦争」 はパラレルの世界のオハナシですが、そこに
生きる人々がリアルに描かれているので共感できるんですよね。


あと 「図書館戦争」 とゆったらアクション!

前回は個人戦で、今回は団体戦というイメージでした。

いや~、撤退戦はスゴかったですねーvvv

堂上サンと郁ちゃん2人だけが敵の中に取り残され、けれどそれを
活かして遊撃隊のように戦ってゆくところはワクワクしましたよー。

そんで前作より、郁ちゃんがタスクフォースの一員として溶け込んで
いるのも良かったです!

そうそう!タスクといえば訓練のとき、郁ちゃんと手塚を2人同時に
手玉に取っていた堂上サンがめっちゃカッコ良かったvvv

それから査問のとき、原作では堂上班全体で郁のバックアップをして
いたので、割りとほったらかしだったのは意外でしたね。


あと、桃李くんの手塚慧。

パンフで有川先生も仰っていましたが、最初はやっぱ慧役に桃李
くんは若すぎるのではないかと思いました。

でも福士くんの兄としては違和感ありませんでしたし、岡田くんより
年下感はいつの間にか気にならなくなりました。

ちなみに原作では堂上サンより3才上が慧サンとなっていますが、
岡田くんが貫録あり過ぎなんですよね。(笑)

手塚慧サンは...彼には彼の正義があって、彼なりに世の中を良く
しようと動いている。

それは図書隊とは相容れなくても、全くの間違いとは言い切れない。
ただ、手段を選ばないですからね。彼は。


それから今回、尾井谷良化隊長も、とっても良かったvvv

抗争で血を流すのは図書隊だけではないのだから。

彼の部下達も負傷して、場合によっては亡くなることもあるでしょう。

それでも良化隊だって後には引けない。命令に背くわけにはいかない。

相島さんにはそんなセリフはないけれど、動かない表情、そしてその
背中で彼の心情が感じられてグッと来ました。


今回はホント、いろんなトコロで笑えていろんなトコロで泣けました!

玄田隊長と尾井谷隊長が、宿敵なのに旧知の仲みたいになっちゃって
いたりとか。(笑)

牙を折られた茨城の防衛員達が、タスクの奮戦に戦う意欲を取り戻して
ゆくところにちょっと泣けて来たりとか。

今作は前作より世界がより重層的になっていたと思います。


そして、堂上サンと郁ちゃんのらぶらぶシーンvvv(笑)

手塚慧からの奪還後のヒトコマ。

「でかいなっ!」 にはもう吹き出しましたよーvvv

170センチの郁ちゃん (奈々ちゃん) が10センチヒールを履いたら
180センチですもんねー。

165センチの堂上サンが見上げるのも分かる。(笑)

しっかし、ココでは頭ポンが欲しかったなーvvv

あと、郁ちゃんが幌トラック?の中で堂上サンにカミツレオイルを
渡したとき!

他の隊員は寝ていたようですが、アレずえったい起きてて聞き耳を
立てていると思ったのは私だけではないハズ。(笑)

(あごひげモブ郎が居たら、きっと血の涙)(笑)

そして2人きりの決死行。

銃撃され、重傷の堂上サンを連れて書店に転がり込む郁ちゃん。

この辺りはまんま 「革命」 のバックヤードシーンですね。
(ギャラリーはいなかったけど)

郁と 「図書館法規要覧」 を守って力尽きた堂上サンから後を託され、
みんなの想いを受けて走る郁。

本当に今回は "笠原郁の物語" だと思いました。

しっかし、岡田くんがいろんな番宣でやたら照れまくるからどんな
べた甘なのかと思ったら!

確かに胸キュンではありましたが、原作から言ったらまだまだ!
でしたよねー(笑)

今作で堂上サンと郁ちゃんが恋人同士になったら 「革命」 での2人の
距離感が変わっちゃうかな?って思っていました。

当麻先生と3人での逃亡劇も "恋人未満・上官&部下以上" と
"恋人同士" ではエピソードが変わって来るかと。

でも、このくらいなら全然大丈夫ですよね!(笑)

それからちょっと前のスカイロケットのツイートだったんですけど。

有川先生とプロデューサーさんとの会話で 「堂上サンからのキス」 が
まだ残ってるってーvvv (Pさんの秘策だそう!)(笑)

「堂上サン視点の革命」 とかサイコー!!!

それに加えて回想で 「ジュエル・ボックス」 とかやってくれたら
もうもう、めっちゃシアワセ~(笑)

そんな 「革命」 が観られる日を、本当に心の底から願っています!


そんではちょっとだけ、おまけの妄想SSSをvvv


 「笠原、えらくご機嫌ね?」

郁が書架で図書の返却作業をしていると、傍を通りかかった柴崎に
声を掛けられた。

 「えっ!そんなことないよ?あたし、フツーだよ?」

慌てて手を振って否定する郁だが、その内面はダダ漏れである。

 「ばっかねえ。あんたってば丸わかりよ?」

柴崎には堂上とのことを相談に乗ってもらっているし、今さら柴崎に
隠すことなどない。

郁は柴崎に堂上とカミツレのお茶を飲みに行く件を話したが、
ふふんと鼻で笑われた。

 「あんた "約束の約束" でそんなに浮かれちゃって!どうせなら
  ちゃんと約束してから喜びなさいよ」

全く持ってその通りなので反論できないが、何とか言い返す。

 「でも!でも!カミツレのお茶は堂上教官から誘ってくれたん
  だもん!」

 「はいはい。良かったわね。全く、いい年してデートの約束くらいで
  大騒ぎなんだから」

柴崎に軽くいなされてふくれっ面になった郁だが、課業後に更衣室の
傍で堂上を待つことに決めた。


更衣室に通じる通路の一角。

堂上を待ちながら郁は「図書館法規要覧」を堂上から託され、
走り出す直前のことを思い出す。

あのときは、堂上が死んでしまうのかと思った。

感情が振り切れて、やってしまったことに後悔はない...でも。

堂上教官はあたしがキスしたの、ちゃんと覚えているんだろうか?

負傷していた堂上の意識が朦朧としていたのは、誰が見ても分かる
ような状態だった。

『俺に会ったら何か言うんじゃなかったのか?』

小さな声で囁いた 『帰って来たら好きって言いますから』 の言葉は
聞こえていたらしい。

この告白予告もキスも、堂上教官は一体どう思っているんだろう?

デートに誘ってくれたってことは、ちょっとは期待しても良いんだよね?

堂上が更衣室から出て来るのを待っている間、郁はそんなことを
悶々と考えていた。


 ***


堂上が更衣室から出ると、その姿に気付いた郁が満面の笑顔で
堂上の前に立った。

 「堂上教官、カミツレのお茶を飲みに行くの、いつにしますか?」

誘ったのは良いが、郁のあまりの鈍さにこっちの気持ちがちゃんと
伝わっているのか不安になったが、どうやら伝わってはいるようだ。

もう一度、念を押さずに済んでホッとした。


あのとき。

唇に感じた柔らかい感触。

そして耳元で囁かれた 『帰って来たら好きって言いますから』 と
いう言葉。

お前、そんな男前な告白をして、王子様はもう良いのか?

『俺に会ったら何か言うんじゃなかったのか?』

その答えを、俺はまだお前から聞いてない。


 「じゃあ、次の公休に行くか」

 「はいっ!」

郁の元気の良い返事に、顔が緩むのが自分でも分かった。

 「あの...約束ですよね?」

 「ああ、約束だ」

 「楽しみにしてますねっ!」

 「.........俺もだ」

目の前の笑顔に見惚れてしまい、ポロリとこぼしてしまった。

郁が首を傾げる。

 「? 何をですか?」

郁のあまりの鈍さに思わず怒鳴ってしまう。

 「俺も楽しみにしていると言ったんだっ!」

一瞬、目を瞠った郁が嬉しそうに笑った。

 「えへへ。それじゃ...」

郁がくるりと背を向けて歩き出す。

 「おい!どこへ行く?」

背中に声を掛けると、笑顔の郁が振り向いた。

 「寮に帰りますけど?」

 「じゃあ、一緒に帰れば良いだろう?どうせ同じところに帰るんだ」

 「えと...良いんですか?」

 「イヤなら無理にとは言わん」

堂上が仏頂面で歩き出すと、顔をほころばせた郁が軽やかな
足取りで隣に並んだ。

こうして、堂上と郁の初めての "デートの約束" が成された。

しかしその日に原発襲撃に端を発した日本を揺るがす大事件が
発生し、その事件の渦中に堂上班が投入されるとは、堂上も郁も
そして他の誰も思ってもいないことだった。


 ☆ とまあ、こんなカンジで 「革命」 に繋がると良いなという妄想
    です。(笑)
   (P.S.ぶーすけさん、リクエストありがとうございます。でも、
    あんまり甘くなかったですねー)(笑)


スポンサーサイト

<< 「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」ブルーレイvvv | ホーム | 植物図鑑フライヤーvvv >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

revolution

はい(* 'ー')ノ私も続きがあるに決まってると思いました!最後は革命の部分を使っちゃったけど、野木さんの脚本なら╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !早く続き観たいなぁー

りかさんの感想に全く同感で うんうん!と頷きながら読んでしまいました!
これは続編考えての作りですね。次はもうベタ甘増量でやってほしいです!
今回はほんとにチームワークがすごくて、ちゃんと郁もタスクの一員でした。二人が取り残されたところ、私も手に汗握りました!
野木さんの脚本すごい・・・
ただ、堂上と郁が駆け込んだ本屋さんは 郁が王子様に出会った思い出の場所ですよね?だからもっと時間をかけてほしかったような。
でも今回の迫力は前作を完全に超えてますね!
次は堂上からのキスシーンか♪想像しただけでニヤケが止まりません!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今回も、萌えました♪

りかさん、こんばんは(^^)。
私も《図書館戦争~LAST MISSION~》観てきました~!
今回も、納得の出来でしたね!大迫力でした!

私も、カミツレのアロマオイルのシーンは、「みんな寝たふりしてるだけだ!」って思ってました(笑)。
続編、出来そうですよね?!今作[LAST]と付いてるのでちょっと不安でしたが、パンフやインタビューではアリっぽかったですよね?!
あるといいなぁ~。
「ジュエル・ボックス」入ってたら、堂上教官が乙女思考過ぎて、私鼻血出るかも(笑)。

おまけSS,ステキです♪超ときめきました!

3回目見たすぐ後なのでリアルに思い浮かびます。タスクの絆、司令の思いというか信念、慧なりの改革心と兄弟のそれぞれへの思い、柴崎の友情、折口さんと?さんの言論の自由への希望などなど、どれをとっても素晴らしくていっぱい泣きました!しかも毎回同じとこで。
郁ちゃんが査問から解放されてタスクに戻った時みんなが乗り込むつもりだったっつって迎えいれた時は号泣しましたよ〜。隊長が撤退を決めた時はその英断に涙が溢れ、お好み焼きのシーンは緊張の合間のしんみりさにまた泣き、カメラマンのなんでここまで!の叫びにも泣き、教官が撃たれて郁ちゃんが走るシーンもとめどなく涙が流れてました。んで、最後。原作でも弓版でも司令引退場面は号泣でしたが実写でもやはり司令の引退はなんやろ、歴史の重みがあり過ぎて涙が止まらんかったです。

続編、あるような気がします!
ただ、、、告白しちゃったし恋人設定でスタート?それを岡田教官はかなり渋ってましたね〜笑笑
実写やと郁ちゃんが割と積極的で教官はさらに不器用になってるとこがリアル過ぎておもろかったです(≧∇≦)
なんにせよ、こんなに見応えのある作品を3回も観れてえびはシアワセやと思いました〜!
神様ありがとう♡
興奮のまましゃべってすみませ〜ん(いつものことですが笑)
ではではまた☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


映画《図書館戦争~THE LAST MISSION~》を観てきました~!

有川浩さんの『図書館戦争』シリーズ。 それは、水無月・Rにとって、このブログにおける最も重要な柱と言っていいシリーズです。 前作の実写映画《図書館戦争~LIBRALY WAR~》から、2年。 前作を超える戦闘の迫力と緊迫感、息を飲むストーリー展開、そしてそれぞれの恋のときめき・・・。いやあもう、たまりませんな!


 BLOG TOP