FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)                                        通販いたしております。                                                                                                   ご希望の方はメールフォームか                                          メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp                                     にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

原作未読の方向け 実写ガイドvvv

今日はLaLaをゲットvvv
存分に堪能させて頂きました。(笑)

あと 「TSUTAYA CLUB MAGAZINE」 11月号に岡田くんのインタ
ビューが載っていると聞き、いそいそとツタヤに行って参りました。
(笑)(無料だし♪)

さて。

「図書館戦争 THE LAST MISSION」 ですが、原作を未読でこの
映画をご覧になった方も多くいらっしゃると思います。

それで、原作未読の方向けにちょっと書いてみました。

まあ、いつものように思いっきりネタバレの上に、がっつりとワタ
クシの主観に基づいております。(笑)

よろしかったら、どぞvvv

(柚さん、ご質問ありがとうございました。おヒマな時にでもvvv)


原作未読の方向け 実写ガイドvvv

えーと。まずは原作小説の紹介から!

原作は、本編 「図書館戦争」 「図書館内乱」 「図書館危機」
「図書館革命」 全部で4巻です。

それに加えてスピンオフ 「別冊 図書館戦争Ⅰ」 「別冊 図書館
戦争Ⅱ」 が2冊で、全6巻となります。

あと文庫化の際に、巻末にぞれぞれ特典小説が掲載されていますが、
これは元々TVアニメの 「図書館戦争DVD初回限定のブックレット」
でした。

尚、DVDは全5巻ですが文庫は全6巻です。

なので 「内乱」 収録の特典小説は書き下ろしです。

ちなみにLaLa掲載の 「図書館戦争 LOVE & WAR」 は全15巻で、
本編4冊を余すことなくコミカライズしています。

そして今は 「別冊Ⅰ」 を連載中です。

この作品はほぼ原作通りな上、べた甘のオリジナルシーンがあち
こちに加えられていて、堂上サンと郁ちゃんのラブラブが好きな人
にはたまらない仕様になっています。(笑)

もうね、堂上サンの表情が絶品なんですよっ!!!

...おっと、実写です。(笑)

まずは最初の映画 「図書館戦争 LIBRARY WARS」 は、第1巻目に
あたる 「図書館戦争」 1冊を、丸々映画化してあります。

モチロンいろんな (美味しい) トコロがカットされていたり、オリジナル
エピソードが加えられていたりしていますが...

これはもう、実写映画化の宿命ですものね。

それでもファンの満足度が高いのは 「ココを変えてしまったら、コレは
もう 『図書館戦争』 じゃない!」 という (ファンの) ラインを、大事に
守ってくれているからだと思います。


次はドラマ 「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」 と、映画 「図書
館戦争 THE LAST MISSION」 ですが、コレは 「内乱」 と 「危機」 が
主となります。

柚さんのお尋ねの通り、この2作は原作と違っていたり話が混ざって
いたりします。


「内乱」 の内訳は...

1.両親攪乱作戦 2.恋の障害 3.美女の微笑み 4.兄と弟 
5.図書館の明日はどっちだ


「危機」 の内訳は...

1.王子様、卒業 2.昇任試験、来たる 3.ねじれたコトバ 
4.里帰り、勃発――茨城県展警備―― 
5.図書館は誰がために――稲嶺、勇退――


この内、実写化の際、触れられることなくカットされた章もあります。

例えば「危機」の『王子様、卒業』は、図書館に出没する痴漢を
釣り上げるために郁と柴崎が囮になるというエピソードでした。

嗚呼 "ミニスカ郁ちゃん" は、是非とも奈々ちゃんで見たかった!(笑)

あと同じく 「危機」 の 『昇任試験、来たる』 と 『ねじれたコトバ』 は、
割りと単独のエピソードに近いためか (カット) しやすかったのかな?
って思いました。

この3章は、実写化されてはいないです。


それでは 「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」 ですが...

郁ちゃんの両親が関東図書基地にやって来る「 両親攪乱作戦」。

毬江ちゃん登場&小牧サンの良化隊連行の 「恋の障害」。

柴崎と朝比奈さんが付き合い?始める 「美女の微笑み」。

ドラマでは、これらが同時に進行します。

「内乱」 では別章でしたので、時期が違うんですよね。

郁ちゃんの両親が来たのは11月末で、小牧サンが連行されたのは
翌年の1月15日で、柴崎が朝比奈さんに声を掛けられたのが多分
4月中です。

そして 「美女の微笑み」 では柴崎が、「恋の障害」 では毬江ちゃんが、
「兄と弟」 では手塚が掘り下げられていますが、まあ実写化 (しかも
2時間) では無理でしょうね。

あとドラマでは、美味しいエピソードやセリフがあちこちの章から
登場しています。

冒頭、郁ちゃんが堂上サンを投げ飛ばすのは 「王子様、卒業」 から、
堂上サンと小牧サンの会話 「たまんなくならない?」 「ならん!」 は
「ジュエル・ボックス」 からですね。

それから笠原家&堂上サンの蕎麦屋さんでの昼食シーンは原作
ではありません。

そんなカンジで違っていたり混ざっていたりしますが、これだけ
上手くまとめられるなんてスゴイ脚本だと思いますvvv


そして 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 ですが...

これは 「危機 」の 「茨城県展 」(映画では "芸術の祭典 ")がメイン
となっています。

それに 「内乱」 の 「兄と弟」 「図書館の明日はどっちだ」 での
郁ちゃんの査問がMIXされている感じです。

モチロン 「図書館戦争 THE LAST MISSION」 も、いろんなシーンが
カットされていたり増えていたりします。

まだ私、1回しか観に行っていないのでうろ覚えなんですが...

例えば堂上サンの 「親父のお好み焼き、随分食べてない」 は
「別冊Ⅱ」 で堂上父は関西出身でお好み焼きを作るのが凄く
上手いという設定からでしょうし。

郁ちゃんがカミツレのオイルを堂上サンにプレゼントしたのは 「危機」
で昇任試験の筆記でお世話になったお礼でカミツレオイルを贈るエピ
ソードからでしょうし。

そんな風に、原作ファンのココロをくすぐってくれるんですよねvvv

そんで残念といえば 「危機」 で、水戸基地に寄宿する郁ちゃんが
干していた戦闘服に水を掛けられるという嫌がらせを受けたとき、
堂上サンが郁ちゃんをコインランドリーに連れて行ってくれるという
一連のエピソード。

原作で読んだときめっちゃ萌えたので(笑)無くて本当に残念でした。

そしてラスト。

あれはやっぱり、次の 「革命」 を見据えての堂上サンと郁ちゃんの
進展度なんでしょうね。

手つかずの (しかも映画向きの) 原作が丸々1冊残っているが
ゆえに、原作者も、監督も、キャストも、スタッフも 「続編を」 と考え
られたのだと思います。

本来、堂上サンと郁ちゃんの恋愛の決着は 「革命」 で着くのですから。


実写版は原作のエピソードをカットしていたり、オリジナルで増やして
いたり、順番を入れ替えていたり、混ぜていたりしています。

けれど 「実写・図書館戦争」 は、どんだけエピソードを変えていても、
堂上サンが堂上サンとして生き、郁ちゃんが郁ちゃんとして生きて
います。

だから、その世界観がこわれることはナイのですねvvv

是非是非、「革命」 も、こうして語りたいものです!


スポンサーサイト

<< ドラマ三昧vvv | ホーム | 「図書館戦争」×「Right-on」コラボパーカーvvv >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP