図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ちょろっと、ダ・ヴィンチ。

そろっそろ、年末調整に集中して取り掛からないとヤバそうに
なって来ました。

すでに 「保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」 は回収
しているのですが、これまで全然手を付けられなくてー。(涙)

やっぱ、例年1月末の3大イベントの1つが、今年は12月に
繰り上げて開催されるコトが予定を押している原因ですね。

(とゆっても、来年も12月に決まっちゃったけど)

とにかく印刷物が多くて...でもまあ、それも何とか終わりました
し、これからガンガンやらなくては!

ちなみに、コピー機と印刷機が置いてあるところは冷暖房がなく、
毎年寒さに震えながら大量印刷をしていましたが、今年は暖冬の
おかげでラクでした。(笑)

さて。

今日も帰りに本屋さんに寄りまして 「ダ・ヴィンチ」 をちょろっと
立ち読んで来ました。

「ダ・ヴィンチ」 1月号は、恒例の 「BOOK OF THE YEAR」 ですね。

今年は芥川賞受賞作 「火花」 が席巻した出版界でしたが、有川
作品では昨年対象外だった 「キャロリング」 が(確か)18位でした。

このランキングの集計時期からいうと、ちょっとタイミングをハズ
してしまったようですね。

その後も、今年は新刊は出ていませんでしたし。

12/10 追記 

すみません!うっかりしてましたー!

「キャロリング」 の後10月末に 「だれもが知ってる小さな国」 が
発売されていましたね。

自分が読んでいないもんですから、つい忘れておりました。

ちなみに、何で私がこの作品をスルーなのかとゆーと、元々の
コロボックル物語シリーズを読んでいないからなんです。

児童文学はかっ飛ばしてマンガに行ってしまった幼少期だったり
します。(笑)

みーこさん、教えて下さってありがとうございましたvvv

追記 ココまで。

でも 「好きな作家ランキング」 では3位 (女性作家ではトップ) と
いう、有川先生の相変わらずの強さvvv

本が出ていなくても今年は著作の映像化が相次ぎましたし、何より
「図書館戦争」 など、人気作が多数ありますからvvv

面白いものは、いつ読んでも面白い!

来年はもっと時間を上手くやり繰りして、本をたくさん読みたいと
思います。


スポンサーサイト

<< 12月の紫陽花 | ホーム | ツラの皮の厚さは >>


コメント

新刊

こんばんは
初めまして。
いつも楽しく、読んでます。

今回、有川浩さんの新刊が無いと書かれてましたが、前月出てますよ。
佐藤さとるさんのコロボックルシリーズを、有川浩さんが引き継ぐ事になり、ついに念願の長編が出ました。
「だれもが知ってる小さな国」講談社です。
児童書ですが、有川さんの世界観と今までのコロボックルシリーズの融合された、とても面白い作品でした。
もしもまだ読まれてなかったら、ぜひ読んでみてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP