図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

有川新刊vvv

昨日あ~やさんにラインで教えて貰うまで、有川先生の新刊の
こと、全然知りませんでしたよー。

「アンマーとぼくら」

講談社刊 単行本 1,620円 7/20頃発売

何でも 「かりゆし58」 という沖縄出身のバンドの 「アンマー」
という曲に着想を得た、書き下ろし感動長編小説だそうです。

私、音楽業界には疎くて、こちらのバンドのことは存じ上げま
せんでね。

「アンマー」 とは沖縄で 「お母さん」 という意味だそうです。

この歌の歌詞を読んでみましたが、すごいドラマ性のある歌詞
ですねー。

この1曲で、まるで1編の小説のようです。

しっかしこれをモチーフにしているのなら、泣けそうなカンジが
しますワ。(笑)

私としては、爽快な話が好きなんですけども。

でもまあ、有川作品は哀しいだけでは終わらない、必ずラスト
には希望を持たせてくれると思うので、やっぱ買いです。(笑)

いつもの本屋さんに予約しとこかなvvv


スポンサーサイト

<< 7月のお楽しみvvv | ホーム | 「逃げるは恥だが役に立つ」 テレビドラマ化vvv >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

ペンギンウォーク 有川新刊vvv


 BLOG TOP