図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

映画 「シン・ゴジラ」 ネタバレ感想

ようやっと 「シン・ゴジラ」 を観て来ましたvvv

もう公開されてから結構経ちますし、早く観ないとどんどん上映
回数も減るでしょうしねー。

最も4DXの回のは売り切れてましたけど。

私が観た回は半分くらいの入りで、結構年配の方が多かったです。

それでは 「シン・ゴジラ」 をちょこっと語っておりますvvv



映画 「シン・ゴジラ」 ネタバレ感想


面白くて、そして見応えがありましたvvv

庵野監督ワールド全開で、特に 「エヴァ」 ファンにはたまらない
逸品だったと思います!

ゴジラ映画は、これまで国内外でたくさん作られて来ましたが、
今回のゴジラのスタンスを考えると。

義姉 「ゴジラは人類の味方だったの?」

私  「ううん。ゴジラはただそこに居て、歩いてたよ」

これは映画を観て来た私と義姉との会話ですが 「シン・ゴジラ」 は
正にこんなカンジでした。

それにしても、可愛くないビジュアルのゴジラでしたわ。(笑)

ゴジラは段階的に進化して外見も変容していくんですけど、イチバン
最初は目がギョロっとしててエグかったー。(笑)

そんで、ゴジラが口から発する熱線を見ては 「あ、巨神兵!」 とか
つぶやいちゃったり。

対ゴジラ作戦の 「ヤシオリ作戦」 を見ては 「ヤシマ作戦」 を思い
出したり。

戦いの直前の盛り上がりシーンでの音楽を聞いては 「エヴァの
あの曲そっくり!」 とかね。

もう、観てるこっちも 「エヴァ脳」 全開でした。(笑)

そして、ゴジラに右往左往する人間たちはとってもリアルでした。

今回は市井の人々はほとんど描かれず、ゴジラに対処する日本
政府の高官たちにスポットが当たっていました。

もうね、みんな肩書が長くとても覚えきれなくてー。

(人間の)主人公・矢口内閣官房副長官に長谷川博己さん。
下の名前が 「蘭堂」 だって、パンフを見て初めて気付きましたわ。(笑)

政府高官でありながら常に前線に立とうとする彼は、めっちゃカッコ
良かったですvvv

あと、赤坂内閣総理大臣補佐官の竹野内豊さんはクールで視野が
広く、いかにもやり手という感じでしたし。

保守第一党政調副会長の松尾論さんは、緊迫した状況でもおちゃめで
ホッとさせてくれました。

そんで余貴美子さんは押しの強い防衛大臣で、私にはほわ~っとした
主婦役などの印象が強かったんで意外でしたが合ってましたよー。

それからゴジラ対策チームの面々も面白かったです!

肩書や名声ではなく、今はまだ地位は低くても実力のある者を集めた
はみだし集団。(笑)

特に、言葉に衣を着せない森厚労医政局研究開発振興課長の津田
寛治さんと。

無表情で抑揚のない喋り方の尾藤ヒロミ環境省自然環境局野生生物
課長補佐の市川実日子さんが光ってましたね。

ウワサには聞いていましたが、尾藤ヒロミには最後の最後でこぼれた
笑顔にオチたヒト多数なんでしょうね。(笑)

とにかく登場人物が多くて、ちょい役にも有名ドコロが使われていて
贅沢な出演陣でした。

そんで何が良かったかって(確か)國村準さんの統合幕僚長のセリフ
だったと思うんですケド。

命がけの作戦の前にサラリと言うんですよー。

「礼はいりません。仕事ですから」 (確かこんなセリフ)

かっこええ!って思いましたですvvv

この映画、ゴジラという未曾有の大惨事から首都を守るために頑張る
人々を描いたお仕事モノとも言えるかなって思いました。

もうね、観て損ナシの作品でしたvvv


スポンサーサイト

<< 「花とゆめ」19号ゲットvvv | ホーム | 先入観の行方。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP