図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ニッポンアニメ100年史

先月BSプレミアムで放送されて録画しておいた 「クリエーター
たちのDNA~ニッポンアニメ100年史~」 を観ました。

とても面白かったですよーvvv

今年は国産アニメ公開からちょうど100年だそうで...う~ん
そんなに経つんですね。

大御所監督や新進監督へのインタビューや、アニメ映像など、これ
また見応えがありました。

そんで、その時代その時代のエポックメーキング的な作品は、偏り
なく紹介されていたと思います。

それにしても黎明期のアニメ制作現場って、ホント大変だったん
ですね。

パイオニアと言われる方々が切り開いた道の先に、築いた土台の
上に、今があるのだと。

そんで、私がイチバン印象的だったのは荒木哲郎監督の話でした。

モビルスーツが森で戦っている場面で、芝居の邪魔になるからと
ほど良く木を避けて絵コンテを書いていたら、富野由悠季監督に
言われたそうです。

「お前 演出の都合で 木 引っこ抜いたろ」 と。

芝居に都合の悪い木を避けながら戦ったりくぐったりすることで
何かが生まれると思わない?と。

これ、創作する上でとても大事なことだと思いました。

SFやファンタジーなどは、架空の世界が舞台になることが多い
です。

そこで、芝居に都合の悪いところをあえて描くことによってリアリ
ティが感じられ、説得力がぐっと増すのではないかと思うのです。

またストーリー面でも、本筋に都合の悪い面を描くことによって
思わぬドラマが生まれたりとかするかも知れませんしね。

メモリアルイヤーの今年、もっといろんなアニメのドキュメント番組
があると良いなって思いますvvv


スポンサーサイト

<< 「劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−」 観て来ましたvvv | ホーム | 「CREA」 読みましたvvv >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP