図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ときめきを求ム。

最近の私、ブツヨクが減退しているような気がするのです。

春物の服が欲しいなーと、お洋服の店をあちこち回ってみても、
ときめかないのですよー。(涙)

最も私はお手頃価格の服しか買いませんけどね。
(服にお金を掛けないコトにしてますもんで)

義姉は 「ちょうどいいじゃない。(老後のために)お金、貯め
とけば?」 と。

まあ、確かに一理あると思いますケド。

でもねえ、物欲が満たされるとココロが潤うんですよね。

本やマンガはフツーに当たり前に買うので、コレで物欲が満た
されるいうカンジではないんですよ。

この "ときめき" があると毎日の生活にハリが出ると思うので
あります。

そういえば、先日の話なんですけども。

我が家の台所に見慣れない (ちょっとお高そうな) 「昆布だし」
のエキスがありましてね。

「今日のおでんは厚揚げ以外、特売品と見切り品で作ったの
 よっ!」

と、ホクホク顔で私に報告するような義姉が買ったとは、到底
思えなくて。

そしたら案の定、母からの差し入れで、セットで買ったので、
その内の1本を回してくれたとのことでした。

母いわく 「何に入れても美味しくなるんだって」 だそうで。

このとき義姉は、ご近所の人にでもおススメされたのだと思った
そうです。

そして、母と義姉はその 「昆布だしエキス」 の話をしばらくして
いたそうなんですけど。

義姉 「お義母さん、コレどこで買ったの?」

母  「テレビショッピング」

義姉 「...『美味しくなる』 って言ったのは誰?」

母  「テレビの人」

又聞きの私でも突っ込みたくなりましたよっ!(笑)

でもまあ、母はときめいたんでしょうね。
その 「昆布だしのエキス」 に。(笑)


スポンサーサイト

<< 図書館戦争LOVE&WAR 別冊編(LaLa4月号)感想 | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(LaLaDX5月号)感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP