図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「名探偵コナン から紅の恋歌」 ネタバレなし感想

3日 「名探偵コナン から紅の恋歌」 を、あ~やさんと2人で
観てきましたvvv

のど飴のおかげでセキも出ず、ゆっくり鑑賞することできて
良かったです!

すでに公開から半月ほど経過していたせいか、GW中では
ありましたがそんなに混んではいませんでした。

(前半分の座席はほとんど空席でしたもんね)

そんで、映画の最後の最後には (いつものように) (笑)
「第22作目の製作決定」 の告知が!

何というか、もうココまで来たら 「コレがなかったら返って
ビックリするわ」 ってカンジです。(笑)

ほほほ。来年もコナン映画を観に行くことでしょうvvv
(まあ、年中行事だしねえ)(笑)

それでは 「名探偵コナン から紅の恋歌」 を、ちょこっとだけ
語っております。 (大したことは書いていませんけど)

あと、ネタバレはしていませんが真っ新の状態でご覧になり
たい方はご注意くださいませvvv



「名探偵コナン から紅の恋歌」 ネタバレなし感想


まず、正直にゆって、ラブコメ度は私が期待していたほどでは
ありませんでした。
  ↑
(どんだけ期待してたんだよー)(笑)

まあTVシリーズと違って劇場版は2時間弱(「から紅」 は112分)
で話を完結させなくてはならないので、事件主体になるのは仕方
のないトコロだと思います。

今回の平次&和葉に絡む紅葉というキャラクターは原作でも登場
していますので、こっちの "完結" は今後でしょうね。

あと、私は蘭ファンですので、彼女の見せ場があんまりなかった
のはちょっと残念でした。

んで、蘭はもちろんパンフの人物紹介には出ていましたが、相関図
の方には入ってなくてちょっと哀しかったです。(涙)
(今回の話に、いかに蘭が絡んでないか物語るみたいで...)

映像はいつものように素晴らしく、アクションシーンもカッコよく
人物絵も綺麗で申し分ありませんでした。

さて、ストーリーの方ですが...

最近の私、集中力や理解力が落ちているのか(トシのせいかしら?)
(涙)イマイチ話が良く飲み込めなくて...(涙)

ラストで犯人が分かって、犯行の動機も分かって、そんで最初に
遡ってみると、犯人がTV局の爆破とかしたのは何でだっけ?な
カンジなんですわ。(涙)

まあ、コナン映画は犯行動機のわりに犯人がやらかすコトがでかい
のはいつものことですけども。

あと今回、和葉がかるた部の幽霊部員だったとか、平次母の静華
さんが元かるたクイーンだったとか、平次も子どもの頃かるたを
やっていたとか。

まあ、新設定が出るわ出るわ。(笑)

それから初っ端から小五郎さんやコナン達、平次に和葉がTV局に
集合していたのも、何というか唐突に始まったような印象がありま
して。

そこに居た理由の説明はセリフであったでしょうけど、エピソード
ではなかったので、それがイキナリ感の理由かなと。

導入部で置いてけぼりになると、そのあとついて行けなくなっちゃう
んですよー。(涙)

そんで、いつもなら映画を観たあとは (一緒に観た人と) その映画
のことをいろいろ話すのですが。

今回、あ~やさんとほとんど映画の話はしなかったなーと。

でも、これは映画のせいではなくて、自分の "萌え" というか
"ときめき" の感性が鈍ってきているのではないかと思うのです。

これからもっといろんなものに触れて、ドキドキやワクワクを体感
したいと思います! (その方が人生楽しいもんねvvv)


スポンサーサイト

<< 黄砂襲来。 | ホーム | GWが終わってしまつた...(涙) >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP