FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)                                        通販いたしております。                                                                                                   ご希望の方はメールフォームか                                          メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp                                     にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

名探偵コナン 「ゼロの執行人」 ネタバレ感想

昨日の祝日にようやっと 「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」 を
あ~やさんと観て来ましたvvv

とても面白かったです!
私的にはコナン映画22作中5指に入るほど良かった作品でしたヨ!

(ちなみに蘭ファンの私にとって 「瞳の中の暗殺者」 は不動の1位
 でございます!)(笑)

それでは 「ゼロの執行人」 を、がっつりネタバレでちょこっと語って
おりますvvv


名探偵コナン 「ゼロの執行人」 ネタバレ感想


もうね、安室透ファンにはきっと至高の逸品だった思います!(笑)

ただ、公安の仕組みや力関係など結構フクザツで 「コレ小学生くらい
のコには難しいんじゃないかな?」 と思いました。

まあ、その辺りは華麗にスルーして観ても全然大丈夫ですけども。

ぢつわ私、劇場版コナンは動機のわりに犯人のやることがデカ過ぎ
だと、いつも思っていました。

けんど、今回はそんなに気になりませんでしたヨ。

あと、登場人物の人数が絞ってあったので見やすかったです。

それといつもの "コナンくんの超人的なスケボー・テクニック" は
健在でした!

それに今回は "安室さんの神業的なドライビング・テクニック" が
加わってスゴかったです。(笑)

まあ、LOVE的要素な皆無でしたけど(笑)コレはコレでとても
良い作品でした。

それではキャラ別に感想をば!

まずは安室さん。

"今作の主役" とゆっても過言ではないくらいの "主演俳優" っぷり
だったと思います!

いつもスカした (というか胡散臭い) (笑)笑顔の安室さんの、実に
いろんな表情が見られて楽しかったですvvv

「安室さん、彼女いるの?」 (ラスト辺りのコナンくんの質問)

ココでもし 「いるよ」 って答えたら、安室ファンの半数くらいは離脱
するんじゃなかろうかと、ちょっとだけ思いました。(笑)

最も、安室さんの彼女になれる女性って想像がつかないですねー。

今作でコナンくんと安室さんの無敵のタッグを見られて楽しかった
ので、また是非見たいです

次はコナンくん。 (ごめん、主人公なのに)(笑)

今回は銀英伝のラインハルトとヤンでいうならヤン的立場だったん
じゃないかと思うのです。

先に事態を動かすのは安室さんの方で、それに対してコナンくんが
対処していくカンジに見えました。

本来は何か起きたとき、それを探求するのがコナンくんで、対処
するのが安室さんなんでしょうけども。

それから小五郎さん。

今回は本当に気の毒な役回りでしたね。(涙)

本来は誰でも良かったハズの人身御供だったのに、コナンくんを
巻き込みたいがために選ばれちゃって。

そりゃ、新一くんも "彼女の父親" が誤認逮捕されたら必死になる
でしょうよ。 (なんせ将来の義理の父!)(笑)

でも、妻と娘と娘の友達を守ろうとするカッコイイ小五郎さんが
見られて良かったです。(笑)

そして、ゲストキャラの橘境子弁護士。

小五郎さんの弁護を引き受けた、公安事件全敗弁護士。
上戸彩さん、めっちゃ上手かったです。

てか、前もって知っていなければ上戸さんとは分からず、フツーに
声優さんだと思ったと思います。

そんで、この橘弁護士のキャラも良かったです!

死んだと思っていた恋人が生きていたと知ったとき、泣いてすが
ろうとはしなかった。会いに行こうとはしなかった。

真実を知らされなかったことは、彼女の矜持を傷つけたのだと
思います。

理不尽な彼の死に、彼女なりに戦ってきた。

自分がしてきたことは全て自分の選んだことで、全て自分の責任
だと、あの場で言い放った彼女はカッコイイと思いました。

この橘境子視点で2時間スピンオフが出来そうです。(笑)

あと、少年探偵団と灰原哀ちゃん。

何も知らないうちに多くの人々を救った探偵団の3人。
なかなか良い立ち位置だったと思います。

そんで今回はずっとPCでバックアップに専念していた哀ちゃん。

人心地ついたときに肩をトントンと叩く仕草は、思わず 「残業疲れ
のOLかい!」 とココロで突っ込んでいました。(笑)


さて。

来年の劇場版コナンは怪盗キッドのご登場のようです。

確か、"空飛ぶ船" みたいなコトを言っていたと思いますので、
舞台は飛行船かしら?

でも "キッド&飛行船" は 「天空の難破船」 がありますしねえ。

まあ何はともあれ、来年も観に行きますともvvv


スポンサーサイト

<< えんためいろいろ。26 | ホーム | ニャンコ先生まったりコレクション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP