FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

キケン 第1話・第2話 ネタバレ感想

「小説新潮」 3月号に収録されている有川先生の新作
「キケン」 第1話・第2話のネタバレ感想です。

何か、読んだら書きたくなっちゃいました。(笑)

もうもう、思いっきりネタバレしていますので、
どうぞご注意下さいませvvv


「キケン」 第1話・第2話 ネタバレ感想


「キケン」 それは 「機研」。 「機械制御研究部」 の略称。

某県某市に所在する成南電気工科大学に有る、数ある部活の一つ。

ふっふっふ~ 多分ココで誰もが想像するでしょう!

「キケン」 = 「危険」 だと!(笑)


今回の 「小説新潮」 には第1話と第2話、合計2話分収録されて
いました。

そしてイラストは有川先生の相方、名コンビの 「徒花スクモ」
さんvvv
1話に1ページで、マンガ調のイラストでした。

それは、一つのシーンをコマ割りしているのではなく、各コマに
描いてあるのは、あちこちのいろんなワンシーンなのです。

本来なら本編のそのシーンのところに差し込まれるであろう
イラストをまとめて1ページに描いてタイトルページに持ってきた...
というカンジです。

インタビューで有川先生が 「スクモさんに漫画のコマを描いて
もらいたかった」 と仰っていますが、こういう手法もイイですね。

それにキャラの性格が良く出ている絵で、コレ、マンガ化されたら
良いなvvv

ちなみに第1話の絵をチラリと見た姪はヒトコト。

「コレ、大学生? 小学生かと思った」

...まあ、それくらい可愛い絵でした。(笑)


さて。本編です。

いやもう、相変らずキャラが立ってます。立ってます。(笑)

今回、誰が主人公というわけではなく、群像劇のようです。

その中でもまずイチバンに来るのはやっぱ 「部長・上野直也」

別名 「成南のユナ・ボマー」(笑)

まだ 「火薬」 を 「かやく」 と、平仮名でしか書けないくらい子どもの
頃から爆発が大好きな男・上野。(笑)

すでに達観した親により母屋の出入りを許可制にされ、庭の
プレハブ小屋に住まう上野。

そして消火器をダースで常備する部屋。(笑)

こんな子どもが居たら、近所では有名だったんだろうなぁ...

愛想が良くて、押しが強くて、でも決して甘くは無い。

冷静に冷徹に、後輩を見ている。

そして 「副部長・大神」

「名字を一文字隠した」 と言われている彼。

その一文字とは 「魔」。 すなわち 「大(魔)神」!(笑)

目つきが鋭く、その無駄な迫力ゆえに上野に 「新入生勧誘のとき
には目を閉じてろ」 と指示される男。(笑)

でも、決して目下の者に理不尽な圧力を掛けるようなことはない。

この 「機研」 にまず最初に捕まった新入生が 「元山高彦」 と
「池谷悟」

元山は実家の喫茶店を手伝っていたせいか、気配りマメ男くん。

ガタイの良い池谷は人懐こく情報通。

この新入生コンビも息が合っていてなかなかイイです。

多分「機研」の、次の部長・副部長になるんだろうなーって
思いました。


そして第2話。

大魔神、大神の恋バナvvv

お嬢サマ学校の白蘭女子大の美人に出待ちされ、ラブレターを
渡された大神クンvvv

しかも彼女は好みのタイプ!(笑)

ちなみに、大神クンが見初められたのは白蘭の学祭。

ウェイトレスの彼女に水を零されてジーンズを濡らされても
「気にしないで」 と、サラリとフォロー。

連絡先を教えてくれと迫ることも無い。

イイ男だ。大神クンは! そんな彼に恋した唯子サン。

う~ん。王道だ!(笑)

けれど、大神クンが狼クンになった時点で破局...

やっぱり二人の破局は、唯子と大神の考える 「普通」 が、あまり
にも決定的に違っていたことが一番の原因ではないかと思いました。

そして多分、唯子は大神のがっついて無さそうなところが安心
出来て気に入ったんだろうなーと。

(健康な20歳のオトコがそんな訳ナイぢゃん)(笑)

要するに、自分のペースに合わせてくれる安全な男が好きだった
んだと。

そいで、唯子に合わせるには大神はまだ若すぎて。

それを思うと堂上サンはガマン強かった!

やっぱ 「トシの功」 だったんでしょうねー(笑)

そして、第1話と第2話の共通のエンディング。

「彼」 が、妻の 「彼女」 に結婚アルバムを見ながら 「機研」 の
思い出を語り終え、現在の彼らの様子を伝える。

なっ、なっ、なんと!
上野がマトモに就職して、マトモに結婚したとな!

彼の奥さんになった女性ってどんなだっ!(笑)

ちなみに 「彼」 は、多分元山と思われます。


今回の新作は 「ここはグリーンウッド」 にも通じるような
「あの頃はバカばっかやってたけど、楽しかったなー」
ってカンジがとても良かったです。

それにしてもねー。

私が一番スゴイと思ったのは 「部長・上野」 と 「副部長・大神」 に
率いられた3年間が 「黄金期」 だったということ。

上野と大神は2回生で部長・副部長に就任し、3回生は幽霊部員。

これは、華々しい活躍をした(全国レベルのロボット選手権で上位に
残ったりとか)4回生までの時代に活動が厳しかった反動だとか。

「機研」 の黄金期が、その 「4回生の時代」 ではなく
「上野・大神 時代」だということが、何だかものすごーくワクワク
しちゃいますvvv

まあ、ナニをもって 「黄金期」 と称するのかがモンダイですけどね。
(笑)

さあ! 第3話は 「学祭」 だ! 楽しみ楽しみvvv

スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP