図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

三匹のおっさん ネタバレ感想 & SSS

「三匹のおっさん」 読了しました!

「別冊 文藝春秋」 で連載中のときには、立ち読みすらして
いませんでしたので、私にとっては書き下ろしみたいなものですvvv

それでは、「三匹のおっさん」 ネタバレ感想です!

それとおっさん達の小学生時代のSSSをおまけしてます。(笑)

三匹のおっさん ネタバレ感想


地域限定正義の味方!

ご近所の安全は俺達が守る!

と、還暦を迎えたおっさん達が私設自警団を結成します。

けれど、起こる事件は一歩間違えれば笑い話では済まないもの
ばかり。

脅迫、強盗、強姦未遂、詐欺、動物虐待、催眠商法など。

取り上げられているのは今現在、社会で問題化しているものです。

それなのに、読後感はとても爽やかです。

これぞ 「有川マジック」 ですねvvv


まあ私が思うに、60歳はお年寄りじゃナイですよね。

少なくとも、老人手帳すら貰ってない年代を "お年寄り" の定義には
入れられないと思いますよー。

イマドキの60代の方は若いです。 見た目もキモチも。


「三匹のおっさん」 のまず一匹目。 清田清一。60歳。

三人の幼馴染みのリーダー格で、父から受け継いだ剣道場を
会社員の傍ら営んでいました。

そして、会社を定年退職すると同時に剣道場を閉め、嘱託で
アミューズメントパークの経理に再就職したところから話は始まり
ます。

この年代にしては背が高く姿勢が良いということですから、きっと
若い頃はカッコ良くてさぞモテたんだろうなーって思います。

それに剣道の達人で、道場が自宅の敷地内にあるくらいですから、
結構 「地元の名士」 なカンジですね。

そして何より、彼は正しいことを堂々と言ってのけることが出来る
のです。

この世知辛い世の中、当たり前のことが当たり前じゃないんです
よね。

そんなご時勢に、キヨのように凛とした生き方が出来るのは素敵な
ことです。

それなのに~

孫の祐希には何か素直じゃないんですよねー。(笑)

祐希が辞めてしまっていた剣道を再開したときも、服のコーディネイト
をしてくれたときも、ホントは嬉しかったくせに祐希本人にはそんな
キモチを見せないの。

傍から見たらバレバレなのにねー。
(特に、妻の芳江には)(笑)


そして、二匹目。 立花重雄。 

三人のたまり場になっている居酒屋「よいどれ鯨」の元亭主。

そして、このボランティアの発案者。

柔道の猛者で、そのゴツイ見かけによって(笑)荒っぽくて口が
悪くて...でも優しい。

古女房の登美子が再婚詐欺?に遭って家を出たとき、重雄が
迎えに行くのです。

そして、詐欺師が名を騙った小学校の同窓生が亡くなっていたことを
さりげなく知らせ、けれど 「お前は詐欺に遭ったんだ」 とは言わない。

「よっぽどお前に会いたくて、幽霊になって来たんだ」 と。

ここんとこ、何だかジンと来ました。

重雄の性格では登美子に優しい言葉を掛けるなんて、きっと若い頃
から無かったのでしょうね。

けれど、女はいくつになっても女。

優しくエスコートしてくれて、女扱いしてくれて、殺し文句の
「私には貴女だけ」 とカマされたら、そりゃ揺れますって!

多分ね、読者の方のほとんどが最初から 「詐欺だろうなー」 って、
思っていたと思います。

60歳近くになって、同窓会でならまだしも小学校の同級生に道端で
会ってその人と分かるなんて...ちょーっと無理がありますよねー。


そんで三匹目。 有村則夫。 工場経営。

祐希の言うところの 「危ないチビのおっさん」 (笑)

ぢつわ、私的にはこのノリがイチオシでした。

他の二人とは違って頭脳派。 

そして機械なら何でもござれの改造マニア。

例えば何か有ったとき、キヨなら相手の目を見据えて正論を言い放ち
そうですし、シゲなら迫力で相手を圧倒するでしょう。

そんでノリなら、その巧みな弁舌で相手の気持ちの隙を突いて
手玉に取ってしまう...そんな感じです。(笑)

あと、「娘ラヴ」 なところが、とっても高ポイントでした。(笑)

奥さんの忘れ形見で、孫ほどにも年齢が離れている一人娘の早苗。

(実際、キヨの孫の祐希と同い年なんですから孫と言ってもおかしく
 ないですね)

素で 「うちの娘ほどいい子はまたといない」 と言えちゃう父親が、
世の中どんだけ居るんだか!(笑)
(まあ、確かに早苗はそうなんですけど)

きっとノリなら 「カレカノ」 の宮沢家の父のように 「娘ラヴ。」 の
Tシャツだって着てくれるに違いないでしょうね。(笑)


おっさんばっかりの色気のない話と思いきや、キヨの孫の祐希と
ノリの娘の早苗の恋が微笑ましくて、この作品に彩りを添えて
いました。

祐希は、ホント 「イマドキ若者」 で。

そんな祐希が、孝行娘の早苗との間をすこーしづつ縮めていく
過程がとっても可愛くて、面映くて、読んでいて楽しかったです。

そして、両親に対しても、祖父母に対しても、ちょっとナナメに構えて
いた祐希が三匹の活動に触れて、早苗との付き合いで、オトナに、
いいオトコになっていくところがスゴイ良かったです。

早苗が三匹の大事な愛娘なら、祐希は三匹に小突かれながらも
愛されちゃってる息子です。

三匹は二人が可愛くてしょうがないのでしょうねvvv


あと、本文中にはそんなに多く登場しませんが、キヨの妻 "芳江" の
キャラが面白かったです。

息子だろうが、嫁だろうが、孫だろうが。

歯に衣を着せぬ口調で切って捨てる芳江は痛快です。

そんで芳江は、三匹の子どもの頃のマドンナ的存在であったそうな。

てなワケで、小学生時代の三匹のSSSですvvv


 「芳江ちゃんって可愛いよねぇ」

放課後の教室で。

いつものように三人でダベっていたとき、ノリがそんなことを言い
出した。

 「あん。ナニ言ってんだお前! あの、ぎゃんぎゃん煩いヤツの
  どこがっ!」

机にあぐらをかいて座っていたシゲに、ノリが笑った。

 「それは、シゲちゃんが箒でチャンバラしたからだろ?」

シゲが仏頂面で黙り込む。

 「でも、こないだシゲちゃんのお父さんが怪我したって学校に
  連絡が来たとき、すぐに帰れって掃除当番を代わってくれたの、
  芳江ちゃんじゃない」

 「ああ、まあな...」

シゲがいかにもしぶしぶのように頷く。

そして、とって付けたように

 「だからって "可愛い" とか、そんな恥ずかしいこと、俺は
  言わないからなっ!」

少し赤くなった頬がシゲの気持ちを如実に表している。

ノリがキヨを振り返った。

 「芳江ちゃん可愛いよね? キヨちゃんもそう思うでしょ?」

いきなり話を振られ、言葉に詰まった。

 「あっ、ああ。 顔はな」

とりあえず、当たり障りのない返事をしておく。

 「へえ。キヨちゃんは芳江ちゃんといつも楽しそうに話してるから
  仲良いんだと思ってたよ。」

ノリの爆弾発言にキヨはその場で固まった。

シゲの視線が痛い。

実は、キヨは芳江とは家が近いこともあり、学校外でも結構顔を
合わせていた。

屈託なく話し掛けて来る芳江に、ちょっと嬉しかったことは二人には
言えない。

それが何だか抜け駆けしているような気がして、何となく気が
引けていた。

硬直しているキヨに、ノリが思わせぶりにニヤリと笑った。

 「キヨちゃんは芳江ちゃんと学級委員してるから、話す機会が
  多いだろうなって思っただけだけど?」

コイツ! 分かってて言ってやがんな!

思わず言い返そうとしたが、後ろめたさの方が勝り、ぐっと堪えた
キヨだった。


...てなカンジでねvvv(笑)

女の子をナチュラルに 「可愛い」 と言えるのがノリで。

ムキになって否定するのがシゲで。

興味なさそうなフリして、ちゃっかりオイシイとこ攫って行くのが
キヨかな?なんてね。(笑)


それから、イラスト! この作品に本当にピッタリだと思います。

可愛くて、愛嬌が有って、内容が的確に表現されていますよね。

特に 「エレクトリカル・パレード発動1秒前」 には、もうもう、笑い
転げました。

祐希はいっつもしかめっ面だけど、早苗ちゃんはとてもキュート
ですvvv


既刊の 「自衛隊三部作」 や 「図書館戦争」 など。

これまでの有川作品では、現実では有り得ない事件や自衛隊など、
特殊な世界の恋や人間が、多く描かれて来ました。

けれど、この 「三匹のおっさん」 では、ごくフツーの地方都市の、
ごくフツーの人々の日常が生き生きと活写されています。

"フツー" を面白く書くのは、とても難しいことだと思います。

ホント、有川先生の引き出しはいったいどれだけ有るんでしょうね。


 「続きが読みたいっ!」

これが、読み終わってまず最初に抱いた感想でしたvvv


スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

トラックバックさせていただきました。

トラックバックお待ちしていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分もつい最近、図書館で借りて読みました!
とっても面白くて没頭して徹夜して読んでしまいましたw
正義と悪!それしかない!!
シンプルであることでかえって読みやすかったです。

自分もキヨのようなシャンとした強く男らしい男になりたいなと思いました。
他にも、読みながら早苗に不覚にも萌えてしまいました。
本なのに。それだけのめり込んでしまったんでしょうねw

自分も是非続きを読みたいと思いました^^

読みました!!

私も、読みました!!おもしろくて、でも時々ホロリと
泣けて・・・。最初は、図書館で借りたのですが
おもしろすぎて買いました!!ちなみに、私は祐希が
一番好きですwwあの突っぱねてるところが可愛い!
三匹じゃないけど・・・。(笑)感想読んでて、
たくさん頷けるところがありました!周りに感想を、
話せる友達がいなかったので・・・。楽しかったです!
ありがとうございました

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


三匹のおっさん 有川浩

かつての悪ガキが結成した自警団が、今日もご町内の悪を斬る! 剣道師範のキヨさん、柔道の猛者シゲさん、機械で無敵の頭脳派ノリさん。 ...


 BLOG TOP