図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

拍手

いや~。ぢつわね。
「LaLa DX 」 に 「弓版・図書館戦争」 の予告が載っていると
あちこちのサイトさんでお聞きしまして。

んで今日。
帰りに本屋さんに寄ってみたんですけど、肝心の 「LaLa DX 」
にはゴムがっ!(涙)

え~い!!! もう、買ってもた...(笑)

ああ...今号は買わないつもりだったのにぃ~
う~ん。まあ、いっか!(笑)


まず、7/10発売の 「LaLa Special」 に、巻頭カラーで
特別編が載るそうです。

コレの予告コメントが
  ↓
「いつもの戦闘服姿とは違う雰囲気の郁。その訳は...!?」

カラーの予告イラストでは、スーツ姿の堂上サンが誰かの
手を取るシーン。

そいで、モノクロの予告イラストでは、可愛いカッコした
郁ちゃんが誰かに手を預けるシーン。

対になってるんですねー。

そんで、8月10日発売の 「LaLa DX 9月号」 に、こちらも
特別編が載るそうです。
こっちは表紙に登場だそうでvvv

6/24発売の 「LaLa 8月号」 にも掲載予定ですし、
弓さん、フル回転ですねー。

「特別編」 ってことは、きっとオリジナルですね!

ぢつわ、前から思っていたのですが...
もし弓さんがプロでなくアマチュアだったら、最高の二次の
描き手さんだったんだろうなーってvvv

それでは、拍手&コメントのお返事です。 (6/10 ・ 11 ・ 12)


たくねこさんへ (6/10 ・ 12)

はいな! 残念ながら消えちゃってるみたいですねー。
又、書いて下さってありがとうございますvvv

一度書いたモノを又書くのは、気力が要るんですよね。

うんうん。そうなんですよねー

「又、マンガばっかり読んでっ!」 と、母にいっつも言われて
いました。

今でこそ、アニメは日本の誇る文化となり、マンガも一国の
首相も読むメジャーなものとなりましたが、昔はそんなじゃ
無かったですもん!

母は隙あらば、私がおこづかいを貯めてコツコツと買い集めた
コミックスを手放させようと、てぐすね引いていましたしね。

そう! 私と hiromama さんも、まさに同じコトを話してたん
ですよー

そんでまあ...

「昔のマンガには、こんなに面白い作品が有るんだよー」 と、

今のマンガしか知らない方々にお知らせしたいなーと思って
レビューを書いたワケなんです。


「ヒトモドキ」 は、本当に現実に生息している生物です。
それが身内となるとタイヘンでしょうね...

私も 「私と関わりの無いトコロで、どうぞシアワセになって下さい」
と祈るばかりです。


あつしさんへ (6/11)

「植物図鑑」 の書籍化! 楽しみですよねーvvv

角川書店のHPによると、6/30が発売予定だそうです。
(でもきっと、ウチ辺りでは遅れるんだろうーなー)(涙)

定価 (税込) 1,575円!
表紙のイラストは雰囲気が有って、とても良いカンジでした。

そろそろ本屋さんに予約しておかねば!!!


ありままさんへ(6/11)

ふっふっふ~
「有川先生のインタビュー記事」 見られましたかしら?

作家紹介の記事はときどき載っていますが、まさか有川先生が
ご登場されるとはナゼか思わなくて。(笑)

この地元新聞は超ローカルなわりに、日曜版なんか2ページ
に渡って本の紹介が掲載されるのでお気に入りなんですvvv


hiromamaさんへ (6/11)

うんうん。そうなんですよねーvvv

9月から高知新聞で有川先生の新作小説 「県庁おもてなし課」
の連載が始まるんですよねー。 良いなあ~

ああ...9月から高知県民になりたい...(涙)

そいでね、高知新聞のHPを見てみたんですけど。

高知新聞社が 「有川浩さんが選ぶ ラブコメ短編小説大賞」
というのをやってるそうです。

コレ、応募資格が 「県内在住、または出身の学生」 だそうで。
う~ん。残念だなー(涙)
応募資格が有ったら一念発起するかも?(笑)なのに。


彩翔さんへ (6/12)

ああ...同士!vvv
私、スポーツのルールはマンガで覚えましたもんねー(笑)

モチロン今でも面白い作品はいっぱい有りますが...

やっぱね 「名作」 と言われる作品は昔のものに多かったと
思うんですよー。

こう、何ていうか...読んでいる間は結構楽しいんです。

でも読み終わってパタンと本を閉じたとき、思い返すことが
ナイのです。

「スター・レッド」 をベッドの中でイッキ読みしたとき、
ラストシーンが頭をぐるぐる回ってなかなか寝付けなかった
のを覚えています。

よろしかったら、どんどん語って下さいませ!
大歓迎ですvvv


スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | ブックレビュー 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP