図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

拍手

今日は午前中、他部署の助っ人に行って鍛えられて来ました...

普段、エアコンの効いた事務室での座り仕事で、出掛けても
電車を使いまくりの私。

(交通費は経費で落ちるし~ 歩いてる時間も勿体無いし~)(笑)

サスガに午後はぐったりでした。

どーやら又、社内で近々入社&退社の入れ替わりが有りそうです。

やっと落ち着いたと思っていたんですけどねー

でも、その手続き等もこんだけやれば慣れますわ。(笑)

それでは、拍手&コメントのお返事です。 (9/6 ・ 7・ 8その1)



遊さんへ (9/6 ・ 7)

「MAJOR」のSSSにコメント、ありがとうございます!

そうなんです!

吾郎と薫の、果てしなくのんびりLOVEがすっごい好きなんです
よねー(笑)

でももう 「恋人同士」 になってるワケですし、そろそろ吾郎ちゃんに
キメて貰いたいなーなんてね。(笑)

「フリーター、家を買う。」 は、確かに痛いトコロも有りますが...

ただ痛いだけじゃなくて、それを克服しようとする前向きなお話
でした。

「ストーリーセラー」 とか 「ヒトモドキ」 は、痛いばっかでしたけども。

やっぱ、どうせ読むなら "楽しい読書" が良いですもんね!


あささんへ (9/6)

うっわ~vvv

サイン会のレポート、楽しみにお待ちしています!

あと、すっごい興味があるのが、有川先生ご自身が 「たいへん
良い出来で仕上がりつつある」 と仰っている "特典ペーパー" !!!

それと 「特使名刺」 も!

本来コレって、遠い地に住んでいる私には到底知り得ないこと
なんですよねー

あささんのおかげでちょっとだけでも知ることが出来て、とっても
ウレシイです。

ところで。 「MAJOR」 は読まれましたかしら?

続きがとっても気になるトコロですが!

サンデーの発売は、首都圏の早売り地区は水曜らしいですが、
ウチ辺りは木曜なんですよねー

楽しみですvvv


つっきーさんへ (9/7)

拍手&コメント、ありがとうございますvvv

「フリーター、家を買う。」 は、確かにそんな明るいハナシってワケ
でもないし、べた甘でもないですけども。

でも、主人公に 「ガンバレ~」 と声援を送りたくなるような作品
だと思います。

ウチのネタバレ感想で 「読みたくなった」 と仰って頂けてとっても
ウレシイです。

書いてホントに良かったですvvv


hiromama さんへ (9/7)

イエイエvvv

「自分が読むまではネタバレは読まない」 のは、ぢつわ私も
だったりします。(笑)

読了されたら是非、感想聞かせて下さいね?

私の友人がゆっていたのですが...

雑誌やコミックスとは違って、単行本に手を付けるのは気合いが
必要なんだそうです。

至極、同感です。(笑)


笑さんへ (9/7 ・ 8)

そうそう!

私ね、弓版を読む度 「まだこの時期なのにこんなべた甘で
大丈夫?」 なーんてちょこっと思っていましたがっ!

そうか!この手が有ったか! と目からウロコでしたよ。(笑)

この手を使えば、思わず抱きしめようがお姫さま抱っこしようが
ホントにノリでかわして行きそうですよね。

あやや~ 余計な手間を掛けさせてしまってごめんなさい。

とても面白いバトンだったんで何ていうバトンかなーって
思っただけだったんです...(汗)

ゆっくりじっくり書かせて頂きますね!


紗乃さんへ (9/8)

「巻末おまけまんが」 で、あの 「抱擁」 を "そういう事" に
しちゃった堂上サン!

今後、堂上サンとの間にナニか有っても郁ちゃんが "そういう事"
だと流しちゃうかも?てのは有りそうな話です。

そこで!

郁ちゃんに意識されなくなって後悔しちゃうのが紗乃さんちの
堂上サンで!

又、この手を使っちゃいそうなのがウチの堂上サン。(笑)

ウチの堂上サンってば黒いなーって思いましたですよー(笑)

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(コミック4巻)感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP