FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

SS、頂きましたvvv

この度、koyaさんより、とてもステキなSSを頂いちゃいましたvvv

ここに、koyaさんの了解を得て公開します!

koyaさんは、創作系のブログはお持ちではないそうですので、
コメントや感想などは必ず、koyaさんにお届け致します。

それでは!

未だ恋人以前の "じれじれ堂郁" をご覧下さいませvvv


 「 Dandelion 」


ふとした時に夏の気配を感じるようになってきた、そんな季節の
小さな出来事。

「お疲れ様でーす」

郁が事務所に戻ってきた。

今日は業務部のイベントの手伝いで、一日中館内と周辺を歩き
まわっていたのだ。

「お疲れ、笠原さん。…と、あれ?何を持ってるの?」

小牧が声を掛ける。

郁はえへへーっと笑って手に持っているものを掲げた。

白い綿毛になったタンポポだ。

「さっき館内にはいるとき、外で遊んでた男の子にもらったんですよ。
 なんか懐かしくなっちゃって、捨てるのもかわいそうで
 もってきちゃいました」

そうっとデスクに置き、椅子に座る。

「そんなものが懐かしいのか?タンポポなら道端によくあるだろう」

 手塚が不思議そうに首をかしげる。

「うーん、まぁそうなんだけど。うちの実家ってほら、田舎でしょ?
 家の近くの空き地に一面タンポポが咲くところがあってさ、
 子ども心にもすごくきれいだったんだよねー」

小さい頃は兄たちとよく駆け回った。

綿毛の季節になるとわざと蹴るように走りまわり、誰が一番綿毛を
飛ばせるかなどと他愛もない競争などしたものだ。

「笠原さんが元気に駈けまわってる姿が目に浮かぶようだねー」
 
嬉々として思い出を語る郁に小牧が言う。

「まぁこいつは田舎の山猿ですからね」

「ちょっと手塚!アンタ一言多いッつーの!」
 
郁が手塚の椅子を蹴飛ばそうとしたとき、

「笠原」

「はっ、ハイ!」
 
堂上が郁をちらりと横目で見ながら言った。

「昔話も結構だが、まずは自分の業務を終わらせろ。お前は
 業務報告を書くのが遅いことを自覚してるのか?」

「うー。わかってますー」
 
言いながら恨めしげに手塚を見る。

「手塚はとっくに提出済みだ」
 
郁の視線を先回りして堂上が言う。

「まぁまぁ堂上、少しくらい良いじゃない。業務終了までまだ少し
 あるんだからさ。今日は笠原さん大活躍だったでしょ?」

「小牧、そうやって笠原を甘やかすと調子に乗るからやめろ」

「甘やかすって……」

自分の過保護を棚に上げてよくいうものだ。

「昔話なんぞ部屋で柴崎とでもしゃべっとけ」
 
何か言いたげな小牧の視線を振り払うように、堂上は言い放つ。

「えー。柴崎はたぶん同調してくれないしー。タンポポなんて
 ちっぽけな野草は気にしたことがないとか言いそう」

「確かにあいつなら言いそうだな……」

「あ、手塚もやっぱりそう思う?」

ペンを持ったものの、なかなか書きだせず所在無げにもて
あそんでいた

郁は、手塚の同意に気をよくし椅子ごと振り向いて再び話に
夢中になる。

「笠原さんが野原の可愛いタンポポなら、柴崎さんは手入れが
 行き届いたお庭に咲いている薔薇って感じかな?
 美しい薔薇にはなんとやらってね」

「わ。小牧教官うまい!」

確かに自分を美しいと臆面もなく言い放つ柴崎にはあっていると
言える。

が、最後のなんとやらは本人に知れたらあとが怖いのでは
なかろうか。

「……小牧二正。それ、柴崎に知れたら」

「手塚?」

「はい」

「手塚は賢いから、まさか柴崎さんに知られるようなヘマはしない
 よね?」
 
にこやかな笑顔だが有無を言わせぬ迫力に手塚はこくこくとうなずく。

少し口調を和らげて『笠原さんも気をつけてね?』と言われた郁は、
冷や汗をかきながら『ハイッ』と敬礼を返す。

「笠原!」

「ハイィィィ!」

堂上の一喝にあわてて郁はデスクに向き直った。

その勢いに、先ほど置いたタンポポが転げ落ちる。

「あっ……とっと……」
 
郁が両手で下からすくいあげた瞬間、ふわりと綿毛が舞い上がった。

そのまま館内の空調にのってふわふわと飛んで行く。
 
そして、ふわりと落ち着いた先は、背を向けた堂上の肩先だった。
 
んー。やっぱり取ってあげた方がいいよね。
 
躊躇したもののやはり気になってしまったので、郁はまた怒られない
ようにとそおっと手を伸ばして綿毛をつまもうとした。と、そのとき。

「おい、笠は―――」

堂上が振り向き、――――指先が凍りついた。


**********


まったく。どうしてこう、こいつは子どもなんだ。
 
無邪気な笑顔でタンポポの話をする郁に、堂上はそっと溜息をつく。

毎日のように報告が遅いことを叱られながら、それでも小さな話に
すぐ夢中になってしまう。
 
本当のところ、堂上は郁のこの無邪気な話が嫌いなわけではない。
 
無駄話と切り捨てることもできるが、多少他愛もない話をしたところで
業務に大きく支障が出るようなことがないのはわかっている。

むしろ郁がどんなふうに育ったかが容易にわかるエピソードばかりで
微笑ましく、職場の重い空気をやわらげてくれるためありがたいとも
いえるくらいだ。

が、上官である以上はある程度のところで切り上げさせてやるのも
務めと言えよう。

「笠原!」

「ハイィィィ!」

強めに一喝すると同時にガタガタと椅子を引く音がし、郁がデスクに
向かったことがわかった。

どうせまた縮こまって頭を悩ましているのだろう。いつものことだ。

「おい、笠は―――」
 
『コーヒーでもいれてから書いても遅くはないぞ』先ほどの叱責の
フォローのつもりで言おうと振り向き、――――顔が凍りついた。


**********


郁が堂上の肩についた綿毛を取ろうと手を伸ばしたとき、急に
堂上が振り向いた。

……一瞬、何が起こったか郁には理解できなかった。
 
伸ばした指先は、振り向いた堂上に否応なく触れた。

触れたその先は……唇。
 
数秒の沈黙の後、

「…!ッな……!」
 
ガタガタッと堂上が椅子ごと後ずさり、反射的に手の甲で口を
押さえた。

「キャァァ―――――――――?」

そこにきて、郁は何が起こったかを理解し瞬時に真っ赤になった。

慌てて手を引っ込めて叫ぶ。

「すすすすみませんっ!肩についたタンポポの綿毛を取ろうとして!
 決して堂上教官の唇を触ろうとしたわけでは!」

「当たり前だ!アホウ!」
 
郁は顔を真っ赤にしたまま 『コーヒー入れてきます!』 と叫んで
給湯室に消えた。

同時に堂上も冷静さを取り戻し、ふーっと息を吐き出すといつもに
もまして不機嫌な顔になる。

耳が若干赤いのは見間違いようもないのだが。

「……くっ……」

すぐ横で小牧が身体を折って笑っていた。
必死でこらえるも収まりようもない。

「ど、堂上……お前、さ……」
 
その反応は一体、何!?

「……うるさいぞ。小牧」
 
仏頂面で言う堂上の声も、先ほどの失態で力がない。

「……だ、だって……!!」
 
いくら不意打ちだったとはいえ、30にもなろうとする男が少し指先が
触れたくらいでその反応は…

…あまりにも、余裕がない。

「ご……ごめん。だ、だめだ……!っく、あははははは!!」
 
妙齢の男女による絵にかいたようなラブコメなど、見せられた方は
たまったものではない。

「小牧!!お前、業務終わったなら帰れ!」
 
本格的に上戸に入った小牧に堂上の声は届くわけもなく、郁は
真っ赤な顔を隠すかのようにデスクに向かって必死でペンを走らせ、
手塚はどうすればいいかわからずに困った顔で二人の上官を
見るのだった。


(了解を得て原文の改行位置を変えています)


スポンサーサイト



<< SS、頂きましたvvv 完全版 | ホーム | 拍手 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP