FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

作品バトン(仮称)

今回、彩翔さんと紗乃さんからバトンを頂きましたvvv

「作品バトン(仮称)」 です!

もうもう、リキ入れてノリノリで書きましたよん。(笑)

ふっふっふ~。 とっても楽しかったです!


作品バトン(仮称)


? まずはお名前を

 りか、どえす。(笑)


? ご自分の作品で特に人気のあるもの3作品

 えーと。拍手数なら...(多分)

 1番 堂上篤&笠原郁について 大兄より
 2番 笠原郁について 悠馬より
 3番 笠原士長について 吉祥寺より

 ですねーvvv

 「大兄より」 みたいに、堂郁の家族が登場するSSは人気が
 有るみたいです。

 あと、ウチの悠馬は 「別冊Ⅰ」 発売以前より弁護士志望で。(笑)
 それに 「悠馬は郁ちゃんのことが好きだろうなー」 と思って
 出来たのがこのSSでした。

 「吉祥寺より」 は、第三者視点というのがとても好評でしたね。
 それと 「堂上サンの可愛いヤキモチ」 もvvv(笑)
 
 ウチの堂上サンはオトナですので(笑)ヤキモチは "大人気ない"
 くらいが精一杯です。(笑)


? ご自分の作品で気に入っているもの3作品

 う~ん。どれもそれなりに思い入れが有って可愛いコ達です。

 でも、印象に残ってるというなら...

 「笠原士長について 大阪より」

 このSSは短いですし、名も無き関西図書隊員の視点でしたし、
 正直、つなぎのつもりで書いたんです。

 でも、意外に反応が良くてビックリでした。
 

 「図書大学校 同窓会編」

 これは 「堂上サンの元カノが出てくる同窓会+元カノ視点」
 というリクエストにお応えして書いたものでした。

 「堂上サンの元カノが出てくるのになんてサワヤカな!」
 と、当時あちらこちらからコメントを頂きまして。(笑)

 丁度 「別冊Ⅱ」 の 「タイムマシン」 を読み直していた頃で
 (私の初読みは電撃文庫MAGAZINE) 「別れた彼(彼女)の幸せ
 を祈る」 というのもアリだよねーっと思ったらこうなりました。(笑)


 「王子様を探せ!」

 このSSは 「もし自分がDVDのブックレットを書くなら...」
 というテーマをもとに書いたものです。

 ポイントは、第一に独立した話であること。
 (私はスキマSSが結構有りますからー)(笑)

 そして、字数がブックレットと同じくらいであること。

 もう、こんな長いSSは書けないでしょうねー
 アップするときチェックするのがメンドー...いえ、タイヘン
 でしたから。(笑)


? ご自分の作品の売り、とかこういった事を表現したいと心掛けて
 いる点。

 書くときにいつも心がけているのは 「全部を書かないこと」 です。
 
 例えば堂上サンが喜んでいるシーンが有ったとして。

 それをそのまま 「堂上は喜んだ」 と書くのではなく、その堂上
 サンの様子を描写して、読んで下さっている方に 「ああ、堂上
 サン喜んでるんだー」 と悟って貰えるような書き方をしたいな
 って思います。

 ぢつわ以前 「自分は内面描写が少なすぎるんじゃないか」 って
 悩んだことも有ったりして。(笑)

 でも 「そんなことないよ。ちゃんと伝わってるよ」 って言って
 貰えて...それ以来このスタイルです。

 あと 「原作の設定や人物の性格に矛盾がナイこと」 ですね。

 私の友人によると 「二次の醍醐味は原作では有り得ない
 カップリングが楽しめること」 だそうで。

 私はコレを聞いたとき、ものすごーく納得しました。

 二次作品が必ずしも原作に沿っている必要はナイと、私も
 思います。

 私が原作に沿ったSSを書くのは、単なるシュミです。(笑)
 
 えーと。ウチの 「売り」 ですか...
 やっぱ 「べた甘」 ですかネ?(笑)

 「べた甘推奨ブログ」 を標榜してますし。(笑)


? 書き易い、割と自分はこのキャラを動かすのは得意、と感じる
 キャラ

 やっぱ 「堂郁」 です。
 
 てか、図書館SSで 「堂郁」 の登場しないSSはほとんどナイ
 ですもんねー。(笑)


? 逆に書き難い、動かし難いキャラは
 
 う~ん。考えたこと無かったですねー

 しいて言うなら 「原作にちょっとでも出てこないキャラ」
 (オリキャラ)は難しいです。

 第一、名前を付けるのが苦手で...

 「安達」 と 「吉田」 は 「別冊Ⅱ」 が出る前からウチのSSに登場
 していましたが、結局名前は一度も出ませんでしたしね。(笑)


? どのキャラを、どのように愛してる?

 ウチの郁ちゃんはオトメだからvvv
 大事に大事にしたい可愛い娘です。

 堂上サンはいじられて輝くお人なので(笑)突っついて
 かいぐりしたいですvvv(笑)

 てなワケで、玄田隊長を始めとする特殊部隊の面々には、
 是非とも堂上サンを可愛がって?頂きたいです。(笑)
 

? 3人以上にまわして下さい♪

 もう、私のご縁の有る方々にはほとんど回ってらっしゃる
 みたいで...(交友関係、狭いから...)(笑)

 今回はアンカーでvvv

 でももし、拾って下さる方がいらしたら是非是非vvv


 今回、前に書いたSSを振り返ったりしたので、とても
 懐かしかったです。

 これからも 「すこし愛して、なが~く愛して」 なカンジで
 ぽちぽち続けて行きたいと思いますvvv

 彩翔さん、紗乃さん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | SS、頂きましたvvv 完全版 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP