FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

拍手

最近ね 「発売日にゲット!」 が2回も続いたので、もしかしたら?
と思って本屋さんに行ってみたのですが...ダメでしたー(涙)

目当てのブツはナニかとゆーと 「Story Seller Vol.3」 です。
(4/10発売なのでちょっと期待してたんですケドねー)

有川先生の短編が載ってるそうです。

まあ 「Story Seller」 は、ぶっちゃけその短編のためだけに購入
しているワケですが...

今回は楽しい話だと良いなvvv

そんで、他の執筆陣のラインナップもちこっと気になって新潮社の
HPに行ってみたんですけど、記事が見つからなくてー(涙)

密林には出てますし、もう感想が上がってるサイトさんも
いらっしゃるようですしね。

明日は手に入るかな?

あ、それと 「少女ノイズ」 の有川先生の解説も読みましたよん♪
もうね、すっごいノリノリで面白かったです。(解説が)(笑)

それでは、拍手&コメントのお返事です。 (4/9 ・ 10)

あ、お返事の中で 「スキップ・ビート!」 ネタバレしてます!


彩翔さんへ (4/9)

ふふふ~ 次回の 「スキビ」 楽しみですねーvvv

彩翔さんが私と同じく 「蓮サマ派」 とはココロ強いです!(笑)

そうそう!
蓮サマはすでにキョーコへの想いを自覚しているワケですしね。

すでに (子どもの頃会ってたことも含めて) ほっぺにキスとか
キョーコの中に種をまいていると思うんです。蓮サマは!

それって、いつ発芽してもおかしくないトコまで来てると
思うんですよねー

んでっ!

今回の "ヒール兄妹" はまたひとつ、二人の間の距離を縮める
キッカケになるんじゃないかと期待しておりましてvvv

確かに今の "じれじれ" も楽しいですけど(笑)べた甘恋人の
蓮&キョーコも見てみたいなーなんてね♪


ナツさんへ (4/9)

ほっほっほ~ 
ワタクシ 「苦悩する蓮サマ」 は大好物ですの!(笑)

彼に想いを寄せればSSを書く筆?も走ろうってモンです♪

あ、そーゆー展開もオイシイvvv

なんつってもキョーコが演じるのは「超ブラコンの妹・セツ」!

どんだけベッタリなんだか、想像が疼きますワvvv

けんど、カインは "兄さん" で! 
ほほほ。蓮サマ、生殺し~(笑)

ホントに 「およしになって、カイン兄さん!」 な展開になったら
面白いのになー(笑)

カイン兄さんがセツをどんな風に扱うのか?とか。
それに対してセツがどんな反応を示すのか?とか。

もちっと話が進めば、SSも書けるかなーって思います。


リンネさんへ (4/9)

まあ、こんな前に書いたSSにコメントして下さってありがとう
ございます!

しかも、素晴らしく簡潔に!(笑)

私ね、最初 「別冊Ⅰ」 を読んだとき、この 「仲直り&プロポーズ」
の日はずえったい堂郁は "外泊" したと思ったんですよー(笑)

ほら、郁ちゃんもちゃんと 「万一に備えて」 いたワケですしー

こういう 「原作のスキマを埋める」 のが好きなんですよね♪

ちなみに、この続きは私が "めくるめくR" を書けるように
なったらねっvvv(笑)


あささんへ (4/10)

わっ、分かる! 分かりますともっ!

ウチの職場は事務系は私だけなんで、通信機器関係とかコピー機
とかのトラブルは私が手配をします。

でねっ!

先日もコピー機の調子が悪かったんでメーカーさんを呼んで見て
貰ったら、そのときだけは良くなってやんの!(怒)

いや~ 「ウィルスソフトの一件」 はタイヘンでしたねー
(でも、ごめん。ちょっと笑っちゃったケド)(笑)

「彩雲国物語」 の新刊ですが...読了しましたよん。

ふふふ。今回は私、早かったんですワ!(笑)

(でも、外伝 「黄梁の夢」 は未読なんです~)

ホントはね 「完結前」 のネタバレ感想を書こうかと思っていたの
ですが、ちょっと時間が無くなっちゃってー(涙)

そうそう!
LaLaDXはゲットされましたかしら?

"噂のすごいサービス" ねえ。なぁるほどぉーvvv(笑)

確かに "アレ" は、世の淑女達に対してすんばらしいサービス
でしたね!(笑)


ミサさんへ (4/10)

たくさんのコメントをありがとうございます!

まあまあvvv
ミサさん 「レインツリーの国」 を読まれたんですね!

ぢつわですねー

私、書籍化された有川作品のうち 「レインツリーの国」 だけは、
まだ未読なんですよぉ~(涙)

単行本を、持ってはいるんですケドも。

ずーっと、読もう読もうと思っていて 「次の連休には!」 とか
ゆってるウチにココまで来てしまいましたー。(笑)

小説を読んでね、そんな風に感じられるのはとてもステキなこと
だと思います。

きっと有川先生も作家冥利に尽きることでしょうね。

私も、琴線に触れる作品に出会えたときにはいつも 「生きてて
良かったー」 って思います。

(逆に 「コレの続きを読むまで死ねない!」 ってときもね)(笑)

今度こそ 「レインツリーの国」 読もうかなvvv


スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | 図書館戦争LOVE&WAR(LaLaDX5月号)感想 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP