FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

手塚光について 閲覧室より

今回の図書館SSは 「手塚光について 閲覧室より」 です。
これは 「別冊 図書館戦争Ⅰ」 で、郁と手塚が学生カップルに
扮して国文学の書架を監視していたときの話です。

「カッコイイ手塚」 を書きたかったんですけど、
カッコ良くなってるかなぁ...?

手塚光について 閲覧室より


 「あの人、彼女さんですか?」

いきなり手塚がそう訊かれたのは、国文学の書架の監視を始めて
2日目だった。

このとき郁は 「ちょっとごめん、すぐ戻る」 と言って、席を外していた。

訊いてきたのは、近くの高校の制服を着た女の子だ。

手塚は思いもかけないことを訊かれて、一瞬、言葉に詰まった。

 「あー、えーと」

即答しない手塚に、女子高生は言葉を重ねる。

私、昨日からお二人を見ていましたけど...

最初、二人とも背が高くてスゴイお似合いのカップルに
見えました。

でも、何となく雰囲気が恋人のそれじゃないような気がして...

それで彼女さんですか?って訊いてみたんです。


監視していて監視されていたとは、思いもしなかった。

カウンターに入っている柴崎のニヤニヤ笑いの視線が痛い。

書架で配架をしている堂上と小牧がこちらを窺っている気配も
感じられる。

この流れからいくと、ここで「単なる友達」と答えるとマズイことに
なりそうだ。

しかし、アレを 「彼女」 と答えるのにもかなり抵抗を感じる。

しかも、柴崎が見ている。

いや、柴崎は置いといても堂上の前で郁を「彼女」というのは...

手塚は答えに窮し、進退窮まった。

そこに、郁が戻って来た。

 「あれ? お知り合い?」

ノンキな声に救われた。

彼女は曖昧な笑みで郁に会釈すると歩き去って行った。

 「助かった...」

ホッとして思わず声が漏れた。

 「ナニ、ナニ?」

 「お前のこと、彼女かと訊かれた」

 「なーんだ! そんなのテキトーに 『彼女ですぅ~』 とか、
  言っときゃ良かったじゃん」

 「お前、それで良いのか?」

ちょっと意外な感じがした。

 「えー、だって堂上教官がヤキモチ焼いてくれるかも
  知れないしー 」

 「...そうだよな。 お前の考えることなんてその程度だよな」
 
 「どーゆー意味よ?」

むくれた郁が言い返す。

だめだ。こいつに男の機微など分かるはずもない。


 ***


閲覧室が閉まったあと、堂上班は特殊部隊事務室に戻って来た。

日報を書きながら郁が手塚に話しかける。

 「今日の女子高生、あんたちゃんと答えなかったんでしょ? 
  又来るんじゃない? あのコ」

 「うっ」

 「あたし達、今は監視してんだし。他に気を取られたり、
  注目されたりしたらマズいんじゃないの?」

 「...お前が居れば来ないだろ」
 
 「あたしにトイレに行くなってか!」

黙って二人の会話を聞いていた小牧が吹き出した。

 「確かに、今日のはマズかったね。ちょうど国文学の書架辺りに
  人が居ないときだったから良かったけど」

 「ですよねー」

いつも手塚に遣り込められている郁が、ここぞとばかりに
追い詰める。

 「じゃあ、どうしろってんだ!」

 「恋人同士の振りでもしたら?」

小牧がさらりと言いながら、ちらりと堂上を見た。

堂上の不機嫌そうな顔を見て、思わず笑いが漏れた。

郁と手塚は 「げ」 と、嫌そうにお互いの顔を見合わせている。

 「と、言うのは冗談にしても...」

小牧が笑いながら続ける。

 「ここはやっぱり、きちんと 『 ごめんなさい 』 するべきだろうね」

 「女子高生を甘く見てたら痛い目に遭うわよ?」

郁が言うと冗談に聞こえない。

 「分かった」

仏頂面で答えた手塚は、思わずため息をついた。


 ***


3日目

郁が堂上と昼食で閲覧室から席を外しているとき。

手塚のもとに昨日の女子高生がやってきた。

 「あの...」

なかなか続きの言葉の出てこない彼女の目を見て、手塚が
言った。

 「俺、気になってるヤツが居るんだ。だから、ごめん」

 「気になっている人...?」

女子高生はちょっと怪訝そうに首を傾げたが、自分の目を
正面から見る手塚の目を見返すと

 「わかりました」

一言そういって、彼女は閲覧室を出て行った。



 「笠原を 『 彼女だ 』 って言えば話は簡単なのに」

郁と堂上が戻って来て、交代で昼食を取るために閲覧室を
出るとき。

カウンターの前を通った手塚に柴崎が声を投げた。

 「俺、好意の気持ちを断るのに嘘は使いたくない。それだけだ」

 「それに、嘘で相手を納得させる自信もないしな」

本当の言葉でないと相手には届かない。 手塚はそう思う。

 「全く、あんたらしいわね」

ふと、柴崎の顔を見返すといつものニヤニヤ笑いではなく、
優しい笑顔だった。


 ☆ 手塚のカッコイイとこって「見映えが良い」とか「エリート」とか
    よりも、その誠実なところにあると思いますvvv

スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

いつも拝見しています

りかさんのお話、とっても素敵で更新されるのを楽しみにしています。第三者からの視点でかかれる二次創作ってあんまり見かけないから新鮮で(照)
私も手塚の良い所はその誠実で真っ直ぐなところだと思っていたので最後の作者コメントをみて嬉しく思いました!!有川浩先生の本(図書館危機での士長昇任試験の所)で手塚が柴崎について客観的考察をする部分がありましたが、手塚も柴崎と同じタイプで『本性が見えるほど近くにいない奴は見た目でやられて本性が見える距離にいる奴はその融通利かない誠実さにやられる』んだとおもいます!!!
・・・・・・すみません、久々の書き込みで熱くなり過ぎました(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP