図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「スキップ・ビート!」ACT.159 ネタバレ感想

「花とゆめ」 は、無事19日にゲット出来たんですが...
「スキップ・ビート!」 の25巻はまだ出ていませんでした。

やっぱ、手に入れられるのは月曜かなぁ...(涙)
仕方の無いコトとは言え、悲しい。くすん。

話は変わりますが...

今日は 「父の日」 で、みんなで "焼肉食べ放題" に行って来ました。
(ちなみに兄キは旅行で不参加)

いつもファミレスばっかりなので、たまにはフンパツしようと義姉と
私の意見が一致しましてvvv

「もう当分 (焼肉には) 来られないかも知れないから、この夏を
 乗り切れるよう思いっ切り食べておきなさい!」

と、義姉が娘達に真顔で言うので、私は思わず

「まだ夏にもなってナイよっ!」

と、突っ込んでしまいました。(笑)

義姉は天性の "突っ込み" で、私はどちらかとゆーとボケ担当の
はずなんですケドねー(笑)

そんでは 「スキップ・ビート!」 ネタバレ感想です!


「スキップ・ビート!」ACT.159
バイオレンスミッション フェーズ 5.5 ネタバレ感想


今回 「スキビ」 を読み終わったとき 「あれ?」 と思いました。

何か、すんごい短い...

1枚、2枚...と掲載ページを数えてみると(番町皿屋敷ちゃナイよん)
(笑) 合計10枚。正味20ページ。

前回が25ページ。 前々回が30ページ。

だんだん短くなってる...(涙)

それに加えて、絵のあちこちにベタやトーンが貼ってなくて白っぽい
トコロが有りました。(特にキョーコ)

う~ん。時間が無かったのかな?


今号の表紙は 「ダーク蓮サマ」 でした。(笑)

さて、本編。

凶悪ヅラでイッキに迫ってくる蓮に 「B・J」 を見て、驚愕のキョーコ。

キョーコより必死の形相でステッキを振り回す 「海藻髪(ワカメ)の男」
(キョーコ命名)(笑)

その振り回されるステッキを、全く動じることもなく避けながら距離を
詰めるカイン。

おにーさまってば、目が据わってるよー。(笑)

「全速力で逃げて――」 とココロで叫ぶキョーコだけど、とうとうカインは
壁際にワカメを追い詰めてしまう。

ここでキョーコは

「敦賀さん――!!! 意識が完全にB・Jに乗っ取られてる!!!」

と思いますが...う~ん。どうなんでしょーね。

キョーコは蓮サマのアメリカ時代を知らないからそう思うんでしょうけど、
ホントに 「B・J」 なのか 「ダーク蓮」 なのか、微妙なトコだと思います。

そして、壁を背にもう逃げられないワカメが繰り出したステッキの一撃。

そのステッキを平然と掴み取り、そのまま力任せにワカメを引っこ抜く
カイン。

勢いのままワカメはカインの方に引き寄せられ...

そして、カインが拳でワカメを殴ろうとしたその瞬間!

「...っ こ...っ 殺しちゃダメ――!!」

キョーコの叫びに我に返る蓮。

そのとき。

蓮の脳裏には血まみれの男を抱き抱え、号泣しながら蓮に向かって
「人殺し!!!」 と叫ぶ女の姿が。

思わず目をつぶっていたキョーコが目を開けると、ナゼが後頭部を
抱えてうずくまっているワカメ。

蓮はキョーコの声に、とっさに拳の方向を変えたんでしょうね。

事の真相は、蓮の空振った腕にワカメの顔が引っかかってそのまま
壁に後頭部をぶつけただけでした。

壁に両手を突いて呆然とする蓮。

その顔を覗き込むキョーコには、今の蓮が 「敦賀さん」 なのか 「カイン・
ヒール」 なのか分からない。

「...俺は 誰だ...?」

訊いたのは蓮の方でした。

「...俺は...まだヤツに捕らわれてるか...?...セツ...」

ここでキョーコを 「セツ」 と呼んだということは、今の蓮は 「カイン」
ですね。

でも私はここ、蓮は "ごまかした" と思いました。

「大事な妹のセツを傷つけられてキれるカイン」 というのも納得
ですが...

愛しいキョーコを傷つけられて、思わず 「ダーク蓮」 が発動してしまった
んじゃないかと。

それで我に戻った瞬間、キョーコですら恐怖したさっきの自分は
「カイン」 だったのだと思わせたかったんじゃないかなーって!

多分蓮は、アメリカ時代のすさんだ自分をキョーコには知られたくない
でしょうから。

冷静なカインに戻った蓮に、セツに戻るキョーコ。

「カイン・ヒール アタシの大事な可愛いドジっ子兄さんよ」

結局、元の雰囲気に収まる二人ですが...あのギャラリーはドコに
行っちゃったんでしょーね?(笑)

この騒ぎをどう収めるのか、気になってたんですケド。(笑)

...とゆーワケで。 

今回も、ストーリー的にはあんまり進展は有りませんでした。

私は原作のスキマを埋めるようなSSを書くタイプですので、話が進展
しないと書き難いんですよねー。

それで今回は、前々からギモンに思っていたコトをちょっち語って
みますねvvv


「カイン・ヒール」 という人物。

彼は冷酷な殺人鬼ですが、あくまでも映画の中の登場人物なワケです。

映画の中だからこそ、それだけの "強さ" を演出することが可能である
と思うのです。

今、蓮はその 「カイン」 を演じているとはいえ、街で偶然出会った
相手が手加減してくれるハズもなく。

いくら蓮がカインに成り切っていたとしても "素の蓮" が、カイン並みに
格闘に強くなければ、4人のゴロツキ相手に渡り合う事は出来ない
でしょう。

だからキョーコが最初、ゴロツキ達に絡まれたときセツとしてカインに
振ったのは違和感が有ったんですよね。

キョーコは蓮 (クオン) が "強い" って、知らないはずなのに。

"俳優" の蓮が、この事態を収めることが出来ると (4人のゴロツキ達を
どうにか出来ると) 何でまたキョーコが思ったのか?...ってね。

まあ、この流れはまだ途中ですし、何かしらフォローが入るのかも
知れませんが。

何はともあれ、次回はページ数増量を望みます!

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP