図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

MAJOR 746話 ネタバレ感想

「MAJOR」 746話 「おとさんの勝負」 のネタバレ感想です。

ああ、とうとう...とゆーか、やっぱり!

「MAJOR」 次回が最終回だそうです。

連載16年、コミックス(現在)76巻。

5才の野球少年が父を亡くし、その後肩を壊し、それでもひたすらに
大好きな野球に打ち込んでいく。

野球を通して親友やライバルと出会い、幼なじみの少女と結婚して
野球以外の幸せもつかみ取る。

そして、念願のメジャーでの活躍!

本当に 「ベースボール大河ロマン」 の名に相応しい大作でした!


MAJOR 746話 ネタバレ感想


今週号のサンデーの表紙は、ででんと 「結界師」!(笑)

次号は是非 「MAJOR」 が表紙を飾ってくれることを望みます!
(最終回だもん。きっと表紙よね?)

今回は3ページのセンターカラーvvv

見開きのカラー表紙には、これまでの主要登場人物たちが大集合!

モチロン真ん中をでっかく飾るのは 「吾郎&薫」 夫妻。

いずみに、大吾に、寿くんに、美穂ちゃんに、おとさんに、ギブソンに、
Jr.に、モチロン不老の桃子サンもねvvv

たくさんの人物がちっちゃく描かれているのに、誰かちゃんと分かるの
って、スゴイです!


さて、本編。

大歓声で迎えられた吾郎の初打席。

「な...なんでおとさんがあそこに!?」

驚くいずみに

「打つ仕事をする選手として復活するために2年間ずっと一人で
 がんばってたのよ」

薫が初めて明かしたのでした。


肩の手術をしたけれど、結局投げられなくなった吾郎。

そしてついに 「解雇通告」。

「今までお疲れさまでした...ま、これからのことはゆっくり
 考えればいいよ」

と、優しくねぎらう薫に

「...いや、もう決めたよ。日本に帰って現役を続ける」

という吾郎。

いやいや、前向きなのはタイヘン結構なんですけど。

しっかし吾郎って昔っから人に "相談" しないやっちゃなあ。

妻の薫には 「...したいけど、どう思う?」 くらい訊いても
良いのになって思いました。

自分一人のコトじゃないんですから。


吾郎の初打席は、残念ながらセカンドフライ。
けれど試合はまだまだ続きます。


初めて吾郎が野球を続けていることを知らされて怒るいずみ。

「野球続けてるなら最初からそう言ってくれればいいじゃん!
 ずっと怒っててバカみたいじゃん。あたし!!」

いずみが怒るのも最もだと思いました。

子どもにだって自尊心は有るのです。

自分だけ隠されていたこと自体もショックだったでしょうけども。
(大吾は小さいから、この場合除外)

ディズニーランドの約束を反古にされたときも、理由をちゃんと
言ってくれたら納得したのに。

「おとさんなんて大っ嫌い!!」 なんて言わなくて済んだのに。

頑張ってるトコロを隠さないで見せてくれてたら、励ますことだって
出来たのに。

これじゃあ、おとさんに拗ねてた自分だけがおとさんを信じて
なかった分からず屋みたい。

とか、思ってると思うのです。(笑)

桃子サンは 「おとさんはいずみ達を喜ばせたくて内緒にしてたのよ」
と、なだめますが、いずみが納得するワケも無く。

「失敗したらみっともないから、ただいいかっこするために子供
 だましてただけじゃん!!」

ま、確かにね。

「ぬか喜びはさせたくない」 とはすなわち 「ガッカリさせたくない」
ひいては 「いいかっこしたい」 なわけで。

でも、父親が子ども達に 「カッコイイとこ見せたい」 と思うのは
普通だと思います。

あはは。いずみにはまだ分かんないよねー(笑)


そして吾郎の次の打席はダブルプレー。

試合は0対0のまま7回表。

三遊間を抜けた打球がレフトの吾郎の前に。

ランナー三塁を回り、吾郎バックホーム。

ワンバウンドで送球するけれど、ホームはセーフ。

私は野球に詳しくないので良く分かりませんが...

茂野父が 「あの距離でワンバンか...!」 とビックリしていたので
よほど緩い送球だったんでしょうね。

それにしても、相手側のコーチが 「つっこめ!!レフトは肩が弱い!!」
と叫んでいたので、自軍の監督も吾郎の肩がこれほど弱いと知っていた
と思うんですけどねー

肩の弱い選手に外野手は無理なんじゃないでしょうか?
内野手じゃダメだったんですかね?

吾郎のこのプレーで1点リードされて 「つづく」 でした。

そんで 「次号、感動の最終回―――!!」

大増24ページvvv 楽しみだなあ♪

んでも、再来週からもうサンデーを買うことも立ち読みすることも無く
なると思うとなんか淋しいです。

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP