図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「スキップ・ビート!」ACT.160 ネタバレ感想

ほほほ。
今回 「花とゆめ」 は、発売日にゲット出来てはいたんですけども。

こんなに日にちが経ってからじゃアレかなーって思ったんですが
まあ、書き掛けていましたのでvvv

そうそう!
今号の 「花とゆめ」 は 「通巻900号」 だそうで!

我ながら " 花ゆめ歴 " 長いよなあ...(笑)

そんで、永久保存版企画 「全32作家!!名作4コマ博覧会」 と
いうのが有りまして。

懐かしいマンガが4コマで大復活!

その中でも私のイチオシはやっぱ 「NGライフの敬大と芹沢のその後」
ですねーvvv

ああ、お付き合いを始めたとはいえきっとこの二人、こんななんだ
ろうなーって!(笑)

相変わらず報われない敬大が愛しいです!(笑)

そんでは 「スキップ・ビート!」 ネタバレ感想です!

あ、今回SSSおまけしてます!

(ゆきさん、お待たせしましたvvv)


「スキップ・ビート!」ACT.160
バイオレンスミッション フェーズ 6 ネタバレ感想


今回の最大の見所は 「蓮サマ、オールヌード解禁!!!」 やっぱ
コレですねー(笑)

今回のスキビは30ページでした。まずまずですねvvv

表紙は砂時計の中でウキウキと落ちてくる砂を受け止めるセツと
それをぼーっと見ているカイン。(笑)

二人ともデフォルメされていてカワイイ絵でした。


さて。今回はホテルに戻ったところから。

あの、4人のゴロツキ達との騒ぎの始末はさり気にスルーされて
いました。

結局、あの4人や見物人達の顛末はどうなったんでしょうね?


ベッドの上に広げられたセツの洋服の数々。

カインは余分なパンツを返して、代わりに上衣を購入した模様です。

ちなみに、あんまりキワドイ服はナイのがポイントね!(笑)

「無駄遣い」 と怒るセツに 「それはお前次第。着つぶせばいいだけ
の話」 と居直るカイン。

「別に難しい事じゃないだろう "女の子なんだから" 」

ニヤリと笑って挑戦的なカインに、なけなしの女のプライドをフル回転
させるキョーコ。(笑)

ココで 「セツカはオシャレ好き」 という設定が追加されました。

どんどん上がって行くハードルに青い顔のキョーコ。(笑)

しれっと 「先に風呂に入るから」 とスタスタ行ってしまったカイン。

いい様に丸め込まれたと、ぷんぷんしながら広げた服を畳むキョーコ
だけれど。

あの時の敦賀さん、本当に演技だったのかな...

キョーコは違和感に気付いていました。

呆れるくらいの余裕をぶちかましていたカイン(蓮)が、妹(キョーコ)
ですら不安になる程、演技で自分を失って見せたりするかしら?

う~ん。やっぱキョーコは鋭いなー

シャワーの水を出しっぱなしにして、今日のことを思い出す連。

我を失ってゴロツキを殴ろうとした自分。

その蓮の表情は、見ているこっちが痛くなりそうです。

そして右手首を押さえると、手袋の下から出て来たのは腕時計。

その時計を見つめて洗面台に崩れ落ちるカイン。

後々、この時計が大きな意味を持ちそうですねー

この時計は、蓮の "後悔の象徴" で、そして蓮にとっての "戒め" の
ように見えました。


なかなか浴室から出て来ない蓮。

もしかして寝ているのでは?とシャワーカーテンを開けて飛び込む
キョーコ。

鉢合わせる二人。

一瞬、お互い固まったけれど、動じることなくシャワーのコックを閉めて
素っ裸にも関わらず 「一緒に入るのか?」 と不敵の笑みを浮かべる
蓮サマ、サスガです!

それに対しおたまを握り締めたまま、こちらもまた 「そうね。料理中じゃ
ない時になら "ぜひ"v」 と、余裕の笑みのキョーコ。

しかーし!

浴室のドアを閉めた途端、己の所業の恥ずかしさで床をのたうち回る
トコロはやっぱセツではなくキョーコですね。(笑)

その後 「敦賀さんの生肌をうっかりでも見ておけば、敦賀さん人形が
よりリアルに出来たのに――!!」 と、悔しがるキョーコ。
   ↑
(結局、キョーコは蓮サマの顔しか見てなかった)

...って、キョーコさんアナタ、本気で蓮サマの裸体を(スミから
スミまで)復元するつもりだったんですかー?(笑)

蓮がバスローブ姿で浴室から出て来たときには、何とか立て直してセツ
として対応するキョーコ。

自分がお風呂から上がって来るまでに、スープだけでも飲んでおくように
と命じて浴室へ。

そんなキョーコを見て、蓮の表情は微苦笑?

それがねえ...今回の蓮サマはセリフは少ないわ、モノローグも
無いわ、表情もあんまり変わらないわで、どーも彼の心情が読めない
のです。

反面、今回のキョーコは恥ずかしさで悶えたり、蓮の裸体をちゃんと見て
なかったことに絶望したり悶絶したりで、すっごい忙しい。(笑)

蓮を残して浴室に入ったものの、自分の動揺ぶりが蓮にバレていない
かと、へなへなとヘタレるキョーコ。

ふと、カイン兄さんの脱ぎっぱなした服を見て。

洗濯なりクリーニングなりをするようにというコトだと解釈して、
その服を手に取ると...

手袋の中からぱさっと落ちたのは2時13分で止まったままの腕時計。

蓮が芝居で私物を使っていたという事に加えて、その時計が変な時間に
止まっていた事を不審に思うキョーコ。

結構シリアスシーンで終わった今回ですが、私はある1点が気になって
仕方有りませんでした。

カイン兄さんの服を洗濯(か、クリーニングに出すか)するのは妹の
仕事とキョーコは割り切っていましたが...その中にボクサーパ○ツ
が有ったらどうすんだろーなーって!(笑)

ちなみに蓮はトラン○スでもブ○ーフでもナイと信じています!(笑)
 ↑
(根拠は有りません!)


それでは、おまけSSSですvvv


シャワーを浴び終えたバスローブ姿のキョーコが、そっと浴室のドアを
開けて部屋の方を覗いた。

ベッドを見ると、蓮はすでに眠っているようだった。

蓮を起こさないよう、足音を忍ばせて自分のベッドの方へ歩み寄る。

ふとテーブルを見ると、キョーコが用意していたスープの器はちゃんと
空になっていた。

思わずキョーコから笑みがこぼれた。

 「よしよし」

ひとりごちて蓮の隣のベッドに滑り込む。

ちらりと隣に視線を向けると蓮の寝顔が見えてしまい、先ほど自分の
しでかした所業を思い出してベッドの中で身悶えするハメになった。

...敦賀さんが先に寝ていてくれて良かった―――っ!!!

蓮が寝ているのを良い事に、布団を丸めて抱きしめたり、枕に頭突き
したりと暴れていたが、サスガに昼間の件で疲れていたのか、やがて
眠ってしまった。

キョーコが大人しくなったのを確認して、蓮が目を開けた。

思いを寄せる女の子が隣でバスローブ姿で眠っているのに、平気で
眠れる男など居るハズもない。

さっきまでのキョーコの可愛い混乱ぶりを思い出して微笑んだ蓮だった
が、テーブルの上に置かれた時計を見て表情がこわばった。

蓮が浴室に忘れたのだと思ったキョーコが、テーブルに移動させて
おいたのだ。

2時13分。

忘れたくても忘れられない過去の自分が甦る。

とうに封印したはずだった。

けれど、先ほどのストリートファイトで閉じたはずの蓋が開きかけた。

『 人殺し!!!』

蓮の頭の中を、女の叫び声がこだまする。

 「くっ...」

頭を抱えたまま、蓮は浅い眠りに落ちて行った。


 ***


悪夢の中に居た蓮を引っ張り出してくれたのは 「敦賀さん、大丈夫
ですか?」 というキョーコの声だった。

目を開けると、すぐ側に心配そうなキョーコの顔が有った。

 「あの...何だかうなされていたみたいで...こういうときは
  起こした方が良いかと思って」
 
恐る恐る言うキョーコに、蓮は力なく笑ってみせた。

 「ありがとう。大丈夫だから。それより起こしてしまって悪かったね」

蓮の笑顔が無理をして作られたものだと気付かないキョーコではない。

 「敦賀さん、やっぱり眠れないんでしょう?」

まるで全てを見透かしているようなキョーコに、蓮は一瞬ドキリとしたが、
続いたキョーコの言葉は...

 「枕が変わったから」

内心、拍子抜けした蓮だったが、反面ホッとしていた。

 「甘えん坊のカイン兄さんに、今夜は特別製の枕を貸してあげます」

キョーコが蓮の枕もとに勢い良く座って自分の膝をポンポンと叩いた。

 「どうぞ」

 「え...」

一瞬、躊躇した蓮の頭をキョーコが自分の膝に押さえ付けた。

 「もおっ!アタシが貸してあげるって言ってんだから、素直に借りて
  おきなさいっ!」

"セツ口調" が照れ隠しなのは明らかだ。

以前、ロケバスの中で膝を貸してくれたときのように、キョーコが優しく
蓮の髪をなでた。

蓮の中に居座っていた黒い塊が溶けて消えていく。

開きかけていた蓋が閉まるのを感じた。

キョーコの柔らな膝に頭を預けながら、蓮は深い眠りに落ちて行った。

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

やややっっ

とスキビでました!

蓮さまのヌードには鼻血ものですWW


でもでもっ!

次の展開がめちゃ気になるのに次号休載って!!最近多いデスヨネ…


SSS楽しんで読みました♪膝枕……萌えます!


来月も楽しみデス♪



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP