FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ネタバレ感想&SSS

先日観に行った 「踊る大捜査線 3」 のネタバレ感想です。

レビューにしようかと思ったのですが...こんだけの人気作、
今更紹介する必要もナイかと思いましてvvv

あと、ラストにこの映画の "その後SSS" を付けてみました。

もうね 「小説」 だろうが 「マンガ」 だろうが 「実写映画」 だろうが
"萌え" さえ有れば何でも書いちゃってますねー 私。(笑)

(我ながら節操がナイと思います...)(笑)

それでは 「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」 の
ネタバレ感想です。


えーと。私がまず思ったのは...

この 「踊る大捜査線 3」 は、続きを待ち望んでいたファンの為だけに
作られたんだなーってコトでした。

とゆーのも、TVシリーズやスペシャルドラマ、映画版など、それらを
網羅していなければ分からないネタが多すぎると思ったからなんです。

分かる人には分かってニヤリと笑えるけれど、分からない人はサラリと
スルーしちゃう...そんなカンジですね。

例えばキャスト。

篠原夏美(内田有紀)にしろ、日向真奈美(小泉今日子)にしろ、
スペシャルドラマや映画を見ていなければ、彼女達がどんな性格で
どんなコトをした人なのか分かりませんよね。

けれどこの 「3」 はもう、観ている人は "知っているもの" として
制作されているなーって思いました。

今回の犯人グループのリーダー 「圭一」 に至っては、ドラマの第一話で
万引きをした小学生だったなんて、パンフレットを読まなきゃ到底
気付きませんって!(笑)

(それにしても森廉くん、大きくなったなーvvv)

いやもう何とゆーか...細部の至るところまでちゃんと設定が有り、
どこもかしこも内輪ネタの宝庫です。

ストーリーについては、ナゼか出てくるスカンク(笑)や、青島くんの
命に関わる重大事なのにレントゲンの間違いを伏せたスリアミを
置いといても突っ込みたいトコロはたくさん有りましたねー。

でも "観客を楽しませよう" という製作者サイドの意気込みは凄い
ビンビンに感じましたよ。

ただそれが意図的なので、返って笑えないときが有ったりして...

一緒に観に行った幼なじみのコは 「ここで笑わせようとしているのは
分かるんだけど...」 と言っていました。

あと登場人物ですが、レギュラーメンバーに加えて新キャラに旧キャラ
が入り混じってて目まぐるしかったです。

ちょこっとだけ出すよりも、もちっと人数を絞って登場する人物を
掘り下げた方が気持ちの移入が出来たんじゃないかと思います。

観に行ったという職場の人は 「これで最後(の映画化)だから全員
出したんじゃないの?」 と言っていましたが、パンフを読んだ限り
では 「最後」 のつもりじゃ無さそうです。

それから俳優陣!

私はスクリーンでアップになったとき 「織田くん老けたっ!」 と
思いました。

職場の人も 「青島も室井もトシ食ってたなー」 と言っていました。

けれど一緒に行った幼なじみのコは 「織田くん、やつれてたね」
だってー!(笑)

そーか! あれはやつれていたのか!(笑)

でも、同じ年月(13年)を経ていても、すみれさんは相変わらず
お美しゅうございました。

てか、美しさに磨きが掛かったようでしたねvvv


私 「踊る大捜査線」 は、最初のTVドラマシリーズ(全11話)が
イチバン好きです。

青島くんやすみれさんと一緒に泣いたり笑ったりして楽しみました。

けれど、映画になったら(それも後になればなるほど)細部の設定に
凝る方向に力が注がれているように思えます。

それよりも、私は人間ドラマを見たいと思います。

たくさんの人物が登場するよりも、いろんな事件が同時進行するよりも
もっとどしっと腰を据えたドラマを、この 「踊る大捜査線」 で見たいと
思うのです。


それでは、おまけSSSですvvv



それは湾岸署引越しと同時に起きた一連の事件が落着し、署内外が
落ち着きを取り戻した頃のこと。

その日大した事件も無かった刑事課では、夜勤と残業以外の者は
ポツポツと退け始めていた。

そんな中、帰宅の準備をしていた青島のデスクの前にすみれが
やって来た。

 「青島くーん、そろそろ約束を果たして貰うわよ?」

 「えっ? 俺、すみれさんと何か約束してたっけ?」

驚いて手を止めた青島にすみれが身を乗り出した。

 「忘れたとは言わせないわ。あたしが青島くんの為に流した涙の代価、
  きっちり支払って頂きますからねっ!」

先日、健康診断の際に撮ったレントゲンで青島の身体に異常が
見つかった。

が、それは間違いであった。

しかし話に尾ひれが付いて 「青島の命は長くない」 と伝わり、すみれは
事件の最中、みんなを落ち着かせるために泣きながら署内放送をしたの
だった。

 「えー。それって俺が悪いの? 俺だって本気でもうすぐ死ぬんだって
  思い込んでたんだからね!」

青島が不満げに反論したが、

 「何、言ってんの! あたしの涙が "青島くんの為" だってことに
  間違いは無いんだから!」

すみれから目を逸らした青島がポツリと呟いた。

 「このヒト、今自分の言ったコトの意味、分かってんのかな?」

両手を腰に当てたすみれが仁王立ちになって青島を見上げた。

 「何? 今、何か言った?」

 「いーえ。なんにも言ってませんって!」

半ばヤケ気味の青島が椅子の背もたれに掛けていたアーミーコートを
掴んだ。

 「はいはい。俺がすみれさんに何かおごれば良いんでしょ?」

そんな青島にすみれが厳かに宣言する。

 「おごれば何でも良いってワケじゃ無いのよ? "美味しいもの"
  でないと意味は無いんだから!」

 「...承知しました...」

 「分かればよろしい!」

ガックリと肩を落とした青島の背中をご機嫌のすみれがバシバシと
叩く。

そして、すみれに急き立てられるようにして青島は刑事課を後に
したのだった。

そんな二人の背中を見送りながら強行犯係の新人・和久が、階級は
同じだが先輩の篠原夏美に話し掛けた。

 「つかぬことを伺いますが、青島係長と恩田さんってお付き合いを
  されているのでしょうか?」

 「さあ?」

夏美は肩をすくめた。

 「でも、あたしも結婚前、ダンナとはあんな感じだったから」
 
 「あの、それはどういう...」

尚も食い下がろうとする和久を夏美は軽くいなした。

 「あんたもあの和久さんの甥っ子なら、人の心の機微を知りなさい
  ってことよ」

和久は懐からすでに刑事課のバイブルになりつつある "和久ノート"
を取り出すと急いでめくり始めた。

 「男女の恋愛に関する記述は載って無い...」

がっくりうなだれる和久を見て、夏美が思わず吹き出した。


 ***


青島がすみれを連れて行ったのは、大きくも無く綺麗でも無い店構えの
ラーメン屋だった。

 「すみれさん、ラーメン好きでしょ?」

青島は満面の笑顔で、目の前で湯気を出しているラーメンをすみれに
勧めた。

 「...あたしの涙の価値はコレか...」

ぼそりと呟いたすみれだったが、気を取り直したようにパキンと割り箸を
割った。

ひと口ラーメンをすすったすみれが思わず声を上げた。

 「!!! 美味しい!」

 「でっしょー!」

青島がまるで自分の手柄のように自慢げに胸を張る。

 「近いうち、すみれさんを連れて来ようって思ってたんだ」

 「あたしを?」

首を傾げるすみれに、青島が 「しっ」 っと人差し指を自分の口の前に
立てた。

 「ここは "知る人ぞ知る" 店だからね。他のヤツには内緒にしてて。
  二人だけの秘密だよ?」

 「二人だけ...」

すみれが口の中で呟いたが青島がそれに気付いた様子は無かった。

いやいや、この男の言葉に深い意味は無いって!

無邪気な笑顔の青島を横目に見ながら、勢い良くラーメンをかきこむ
すみれだった。


 ☆ 今までも、ずーっとこんな感じだった青島&すみれ。
   二人ともいいトシしてんだし(笑)そろそろどーにかなんないかなー
   と、思うのであります。(笑)

スポンサーサイト



<< 拍手 | ホーム | サンデー・マガジンのDNA >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP