図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

りかの本棚

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

「ストーリー・セラー」ネタバレ感想

有川先生の新作 「ストーリー・セラー」 のネタバレ感想です。

はっきりゆって、がっぽりネタバレしてます!
そんで (私にしては) 辛口感想になってます!

(えへへ~ hiromama さん、お待たせしましたvvv)


「ストーリー・セラー」 ネタバレ感想


先週刊行されたばかりの有川先生の新刊 「ストーリー・セラー」。

これには以前 「Story Seller」 に掲載された Side:A と、今回
単行本化の為に新たに書き下ろされた Side:B が収録されています。

私はすでに Side:A は読んでおりまして(てか、掲載誌をまだ持って
るしー)これが単行本なり文庫なりになっても購入するつもりはあり
ませんでした。

なぜなら、二度は読み返さないだろうと思ったからです。

けれど "書き下ろしの Side:B"

最近、有川作品の新作に飢えて?(笑)いたコトも有り、"Side:B"
この為だけに買ったと言っても過言ではございません。

で。読了しましたが...

まず、Side:B は Side:A より、かなり読みやすく感じました。

この二作の共通の設定は "女性作家" と "彼女の小説のファンで
最大の理解者である夫" が登場するということです。

Side:A は、女性作家自身が亡くなるお話。
Side:B は、女性作家の夫が亡くなるお話。

Side:A では、女性作家を精神的に追い詰めたのは肉親と、昔の
文芸部の仲間達で、その悪意は読んでいて苦痛になるほどでした。

けれど Side:B では悪意にまみれている人は登場しません。

それともうひとつ。

Side:A での直接の死因は "世界でたった一人の奇病" でしたが、
Side:Bでは "すい臓に腫瘍" というコトでした。

やっぱ、この "奇病" が突飛過ぎていたので、違和感が有ったのだと
思います。

私にとって病名は大した問題ではないのです。

私は "奇病" のことが読みたいのではなくて、病気に直面したときの
"彼女と夫" が読みたいのですから。

そして、私が "読みやすい" と感じた最大の理由は、ラストで女性
作家が力強く前を向いていたからです。

しかーし。

Side:B は、別の意味ではとても読み難くい作品でも有りました。

Side:Aの 「ストーリー・セラー」 は、Side:B では、この女性作家が
書いた...ということになっています。

そして入れ子のような構造になっていて、夫が亡くなったような描写が
2度出てきます。

どこまでが作中作の 「ストーリー・セラーの対になる話」 なのか、
Side:B なのか、悩みます。

しかもラスト。

女性作家との会話で担当は 「このお話は――どこまで本当なんです
か?」 と訊いています。

担当はこの女性作家の夫が交通事故に遭ったということまでは知って
いました。(夫は交通事故に遭ったおかげで腫瘍が見つかった)

もしこのとき夫がすでに死んでいたら、こんな訊き方はしないと
思うのです。

「あたしは、この物語を売って逆夢を起こしに行く」...のならば、
今現在夫は闘病中で、あえて夫が死ぬ話を書いて巻き返す、という
ことなのでしょうか?

それなら、2度出て来た "夫が亡くなったような描写" は?

モチロン意図してこのような書き方をしているのでしょうけども、
何ともはや、落ち着かなくて。

どなたか読み解いた方がいらしたら、是非教えてくださいませvvv

Side:A は女性作家と有川先生が重なってしまい、私はあまりの痛さに
泣きながら読んだものです。

そんな、すぐに感情を移入する私が Side:B で少しも泣けなかったのは
この複雑な構造のせいではないかと思います。

こんな切ないお話なのにね...


あ、それからそれから!

密林で見た通り、すっごいステキな装丁でしたvvv
こんな綺麗で品の良い装丁はそうそう見たことナイです。

白に濃い目の青いリボン。
そして、渋めのゴールドのシール。

帯にも青いリボンが印刷されているのですが、表紙と帯のリボンの
位置が全くズレていないのです。

そして、帯にはリボンに挟めてあるようにカードが印刷されていて
「 a story for you 」 vvv

この装丁だけでも買った甲斐が有ったとゆーもんです!(笑)

スポンサーサイト

<< 拍手 | ホーム | 拍手 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

私も読みました!確かに Side:A に比べて、Side:B はとても読みやすかったです。その分、涙はなかったですが…。

一度目の死の描写は、夫に病気を宣告するため書いた書き下ろし、敢えて最悪の結末を書くことで「逆夢」になれって祈ったんでしょうね。そして、その続きを書きつつ5年よりも早い段階で(快方に向かっている前提です。)、夫が死ぬという形で話を終わる必要があったから2度目の死の描写があるんだと思います。

そうしないと、夫は死ぬ前に自分が死ぬまでの話を読めないですし、「逆夢」も実現できないですから。

後2年、闘病生活を頑張って、「逆夢」を起こしてほしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2つのストーリーが

小説「ストーリー・セラー」を読みました。 著者は 有川 浩 久々の有川作品 やはり読みやすく、 内容も人を選ばないというか 良いですね 今回は構成がなかなか凝っていて 好みでしたね side Aとside Bの関係性というか 巧いなぁと ストーリーもダレることなく サク...


 BLOG TOP