FC2ブログ

 図書館戦争アニメ

『図書館戦争』公式サイト

「Love & Love」 通販中

「Love & Love」(2017/10/8 発行)通販いたしております。ご希望の方はメールフォームか メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp にてご連絡くださいませvvv

堂郁 《童話》 アンソロジー

堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books」
堂郁 《童話》 アンソロジー 「Children's Story Books (仮)」

カテゴリー

プロフィール

りか

Author:りか
好きな作家(敬称略)
有川浩、小野不由美、荻原規子、茅田砂胡、雪乃紗衣、他。
好きなマンガ
持ってるマンガの半分くらいは白泉社コミックスです。
小説もマンガもアニメも映画もドラマも。
ハマッたら最後、何でも語ります!(笑)

最近の記事

Twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレス rikapengin2010@yahoo.co.jp

リンク

ペンギンウォークバナー

ペンギンウォークバナー
よろしかったらお使い下さいなvvv

リンク

当ブログは二次創作サイト様に限り、 リンク・アンリンクフリーです。
有川サーチ

太陽

文庫部屋

cachette

love.love.library

ブックバトンvvv

「まっかな~パンダ」 のみどでんさんからブックバトンを
頂きました!!! しかも「本」に関するお題vvv

ぢつわ私、しばらくの間バトンパスに気が付かなくて...
遅くなってしまいました。(涙)
私の友人が携帯メールで教えてくれたのです。
Kさん、ありがとーvvv


ブックバトンvvv


1.持ってる本の冊数

電卓片手にざっと数えてみたら、小説のみで 「334冊」 でした。
でもこれ、3分の1くらいは未読です...(汗)
買って手元に置くと安心してしまうという、しょーもない性分なのです。

マンガは 「871冊」 です。断言!(笑)
ナゼ断言するかと言えば、Excelでリストを作っていますの。ほほほ。

ホントは小説もリストを作るつもりだったんですが、マンガを作り
終えた時点で力尽きました。(笑)

割と増えたり減ったりが頻繁な方ですが、大体常時このくらいを維持
しています。
(これ以上増えたら置く場所が...)



2.今読みかけの本 or 読もうと思っている本

山のような積読本から、まずは「塩の街」を読みます。
(有川ファンを自認しているのに、まだ未読...)

ぢつわ 「空の中」 もまだゲットしていなかったので、今度
文庫になると聞いて、ラッキーでした。

私はとてつもなく読むのが遅いので、ハマって読み始めたら多分
プログの更新は滞っちゃうでしょう...ね。



3.最後に買った本 (既読・未読問わず)

野生時代6月号ですね。

小説なら 「彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく」 です。
マンガなら 「花とゆめ」 と 「MAJAR」 67巻です。

明日は 「LaLa」 を買います!!!



4.特別な思いいれのある本、心に残っている本5冊(まで)

まずはモチロン
「図書館戦争」 シリーズ

こんなにハマって大丈夫?と、自問自答するほど大好きです。
すでに赤いハートの御本は私のバイブル!(笑)


完結編を読むまでは死ねないと思っている
「十二国記」

ああ、楽俊ラブvvv
小説も全部購読していますし、アニメも全部見ました。

「十二国記 夢三章」 というCDドラマが有るのですが、この中の
「第三章 地に獣」 が、スゴイ良いんですよーーー
なんと 「楽俊と桓魋の出会い編」!!!
そして、これがこのまま 「乗月」 につながるのです。


私にとって 「富山敬」 と言ったら 「古代進」 でも
「まるちゃんのおじいちゃん」でもなく...
「銀河英雄伝説」

ヤン・ウェンリーがお亡くなりになった巻を読んだときには
ティッシュでゴミ箱が一杯になるほど号泣しました。

実は図書館戦争にハマるまで 「私って今まで同人に縁が無かった
なぁ」 とか、思っていたのですが...

それが!銀河英雄伝説の同人誌ベストセレクション 「全艦出撃!!」 を
3冊持っていたのです。(笑)
これ、殆どマンガなんですが小説も載っていて、これがもう、原作者
ご本人が書かれたのではないかと思うほどスゴイんです!


メジャーどころばかりなので...
「ネットワーク・フォックス・ハンティング」

これ、随分前の作品なのでご存知の方は少ないかも。
一条理希・著で、初版1996年です。

この本を読んでまず思ったのは 「これ、ドラマにしたらスゴイ!」
でした。
今、この時(1996年時)にこそ、ドラマにすべきだと思いました。
ネットワークの可能性を予感させてくれた作品です。
近いうち、ブックレビューを書こうと思います。


そしてラストを飾るのは
「空飛ぶ馬」

こんなに 「綺麗」 な小説、初めて読みました。
決して善人ばかりが登場するわけではないのに...それでもそう
思いました。

表題作「空飛ぶ馬」の、最後の1行。
とても優しく心に残ります。



5.次にまわす人


今、ものスゴイお忙しいと思うので、無理かな~とは思うのですが...

 遠村笑さん。

こちらも毎日更新されているので、きっとお忙しいとは思うのですが...

 たねさん。


もしこれをご覧になって、もしお手すきな時間が有りましたら、
よろしくお願い致しますvvv


スポンサーサイト



<< 図書館戦争LOVE&WAR(LaLa7月号)感想 | ホーム | 拍手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP